チャーリー・パーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャーリー・パーカー
}
基本情報
出生名 チャーリー・パーカー・Jr.
別名 ヤードバード
バード
出生 1920年8月29日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カンザス州カンザスシティ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミズーリ州カンザスシティ
死没 1955年3月12日(満34歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
血液型 不明
ジャンル ジャズ
ビバップ
職業 サクソフォーン奏者
作曲家
担当楽器 サクソフォーン
活動期間 1937年 - 1955年
レーベル Savoy Records
Dial Records
ヴァーヴ・レコード
公式サイト オフィシャルサイト

チャーリー・パーカーCharles Parker Jr,1920年8月29日 - 1955年3月12日)は、ジャズアルトサックス奏者。

人物概要[編集]

1940年代初頭から、モダン・ジャズの原型となるいわゆるビバップスタイルの創成に、ディジー・ガレスピーと共に携わった。

これにより「モダン・ジャズ(ビ・バップ)の父」とも言われる。初期の頃よりヤードバード(Yardbird)(起源は諸説あり)と呼ばれており、後に単にヤード、或いは、バードとも呼ばれ、特に後者が親しまれた。パーカー自身も"Yardbird Suite"や"Bird Feathers"といったタイトルを発表している。イギリスのロックバンド、ヤードバーズは、それに由来。

ニューヨークにあるバードランドはこの名称に由来し、ジョージ・シアリングの"Lullaby of Birdland"(バードランドの子守唄)やウェザー・リポートの"Birdland"といった曲もある。

生涯[編集]

アメリカ合衆国カンザス州カンザスシティに生まれ、ミズーリ州カンザスシティで育つ。子供の頃より、並外れた音楽の才能があった形跡はなく、彼に大きな影響を与えたのはインプロヴィゼーションの基本を教えた、若きトロンボーン奏者だった。父親はT.O.B.A.(アフリカ系アメリカ人によるヴォードヴィル)のピアニストやダンサー歌手といった音楽への影響があるかもしれないと語っている。彼はプルマン社(鉄道会社)のウェイターやコックになった。彼の母親は地方のウエスタンユニオンに夜勤めていた。

1945年から1948年に掛けてが活動の最盛期であり、天才的なひらめきを伴ったそのアドリブは伝説化している。

1945年、若き日のマイルス・デイヴィスを自分のバンドに起用した。1947年にはマイルスの初リーダー・セッションもサポートする。

若い頃から麻薬アルコールに耽溺して心身の健康を損ない、幾度も精神病院に入院するなど破滅的な生涯を送った。1940年代末期以降は演奏に衰えが見られるようになった。衰弱により心不全で早世した。

亡くなった折、ニューヨークの至る所の壁には彼の早過ぎる死を惜しんだファンたちが『バードは生きている』と落書きをした。

作曲でも『オーニソロジー』『コンファメーション』『ナウズ・ザ・タイム』など、現在まで演奏されるユニークな作品を多く残した。ジャコ・パストリアスはデビュー作で、チャーリー作の『ドナ・リー』(実際はマイルス・デイヴィスの作品)を、ベースとパーカッションのデュオでカヴァーした。

死の数ヶ月前にニューヨークのチャールズ・コーリン社と生涯唯一の教則本 『YARDBIRD ORIGINALS』 の契約を行う(1955年出版)。出版の理由は、麻薬治療のための入院費用を捻出するためだった。この本について色々な憶測が流れていたが、契約書と同時に死後2ヶ月前にパーカーにより書かれた出版社へのクリスマスカードで、本人が行った契約だと再確認されている。2005年、『YARDBIRD ORIGINALS』 は、改訂され再出版される。校正、改訂を行ったのは、ニューヨーク滞在の日本人である山口雅也(音楽家、教育家)の編集によるものとされている。

その教則本とは別に、2012年には、アメリカのハル・レオナード社から「The Bird Book:The Charlie Parker Real Book」という未発表曲を含めたジャズ演奏家のための公式シートミュージック集(テーマ部の楽譜集)が山口雅也(音楽家、教育家)の編纂により発刊されている。

彼の生涯は1988年製作の映画『バード』(クリント・イーストウッド監督)で描かれている。

ディスコグラフィ(選定)[編集]

パーカーはサヴォイ・レコード(1944-1949)、ダイアル・レコード(1945-1947)、ヴァーヴ・レコード(1946-1954)の3レーベルに多く録音している。サヴォイやダイアルには彼の初期の作品があり、ダイアル期においては『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル』が代表作に挙げられる。ヴァーヴには晩年の名作が収められている。それらの中から英語版よりの選定を抜粋する。

  • Live at Townhall w. Dizzy(1945, first released in 2005)
  • Bird and Diz at Carnegie Hall (1947)
  • Bird on 52nd Street (1948)
  • Jazz at the Philharmonic (1949)
  • Charlie Parker All Stars Live at the Royal Roost (1949)
  • One Night in Birdland (1950)
  • Bird at the High Hat (1953)
  • Charlie Parker at Storyville (1953)
  • Jazz At Massey Hall (1953)

2000 - 「Ken Burns Jazz」

関連書籍[編集]