ドラム・ビート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドラム・ビート(drum beat, drum pattern)は、音楽におけるリズム、リズム感のことである。ビート(beat)とも呼ばれる。

概要[編集]

西洋音楽において音楽の三要素とは旋律(メロディ)、和声(ハーモニー)、律動(リズム)だが、現代ポピュラー音楽では、このうちの拍子(リズム)・リズム感を強調して奏で、ビートと称してその躍動感・味わいを楽しむ。音楽でビート感を楽しむ流れは、黒人の音楽から来ているとされている。

ビートには様々な種類があり、各々の楽曲も様々なスタイルを取り込んでいて一様ではないが、主に以下のように分けられる。

2ビート[編集]

  • 2ビート(ツービート)とは、ドラム・ビートの態様の1つで、2分音符、または2拍子を基本単位としたビート。行進曲、ラグタイム(四分の二拍子)、カントリー、ブルースなど幅広く使われている。

4ビート[編集]

  • 4ビート(フォービート)とは、ドラム・ビートの態様の1つで、4分の4拍子で4分音符を基本単位としたビート。2拍目と4拍目にアクセントをおくバックビートのスタイルを持つ。4ビートジャズ、カントリーなど。

4分音符を分けた3連符がリズムとノリの基本に流れている。ベースとなる音の数は少なく、4分音符を上下させるウォーキング・ベースが基本となる。

楽譜の記述上、トップシンバルまたはクローズドハイハットの演奏の2拍目と4拍目に8分の付点音符と16分音符を記述することが多いが、実際の音は3連符の真ん中を抜いたもの、という把握もある。

  • 4ビートのパターン例
4beat example 01.jpg


近年、若者の中で、ロックにおける「ドンタン ドドタン」というハイスピードなリズムパターンを4ビートという人が増えてきたが、 こちらはあくまでも「速い8ビート」であり、4ビートとは理論的にまったく違うので間違いである。 さらに速い「ドタドタドタドタ」も、2ビートとは言わない。

8ビート[編集]

  • 8ビート(エイトビート)とは、ドラム・ビートの態様の1つで、4分の4拍子で8分音符を基本単位としたビート。2拍目と4拍目にアクセントをおくバックビートのスタイルを持ち、ロックをはじめ、多くの現代ポピュラー音楽で使われているスタイル。
  • 8ビートのパターン例
(1)
8beat example 01.jpg
(2)
8beat example 02.jpg

16ビート[編集]

  • 16ビート(シックスティーンビート、じゅうろくびーと)とは、ドラム・ビートの態様の1つで、4分の4拍子で16分音符を基本単位としたビート。2拍目と4拍目にアクセントをおくバックビートのスタイルを持つ。ジャズロックが融合して、1960年代後半に生まれたとされる。フュージョンのスタイル。ベースとなる音の数が多いので、ドラムスの演奏では難易度は高い。
  • 16ビートのパターン例
16beat example 01.jpg

32ビート[編集]

  • 32ビート(サーティツービート、さんじゅうにびーと)とは、ドラム・ビートの態様の1つで、一部のR&Bジャングルドラムンベースなどに、スロー・テンポの楽曲の中に、アクセントとして入れられるパターンがある。

英語表記について[編集]

  • 4ビートや8ビートという表現は和製英語であり、英語圏では通用しない。英語では4ビートを「4th note rhythm(4th note feel)」、8ビートを「8th note rhythm(8th note feel)」と呼ぶ。

参照著作[編集]

  • YAMAHAドラムス教則本『TRY-V』猪俣猛 1979年(昭和54年)
  • 中央アート出版社『リズムに強くなるための全ノウハウ』市川宇一郎 ISBN978-4-8136-0405-1 2007年(平成19年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]