太鼓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

太鼓(たいこ)は、動物の皮などで作った薄い膜を枠(胴)に張り、それをたたいて音を出す楽器である。楽器分類学では「膜鳴楽器」と呼ぶが、実用上の楽器分類では「体鳴楽器」とともに打楽器に分類される。

胴と膜の枚数によって、分類される。

  • 円形の枠に1枚の膜を張るもの。うちわ太鼓など。
  • 筒状の胴の片側に膜を張るもの。片面太鼓という。
  • 筒状の胴の両側に膜を張るもの。両面太鼓という。
  • 鍋状の胴に膜を張るもの。ティンパニなど。

関連項目[編集]