オスン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オシュン州
州の愛称: 命の泉の州
オシュン州の位置
ナイジェリアの国旗 ナイジェリア
州都 オショッボ
設置日 1991年8月27日
公用語 英語
面積 9,251 km² (28位)
人口
 -1991年 国勢調査
 -2005年 推計
17位
2,203,016 人
4,137,627 人
州知事
一覧
オラグンソイェ・オインロラ (PDP)
ISO 3166-2:NG NG-OS
公式サイト Osun State Government

オシュン州 (Osun State) はナイジェリア南西部の。州都はオショッボ(オショグボ)。1991年に旧オヨ州の東部が分割され設置された。2003年以降2008年現在の知事はオラグンソイェ・オインロラ、副知事はエレル・オルソワ・オバダ。

オスン州にはヨルバ族の古代の都市国家由来の都市イレ=イフェ、オケ=イラ、イラ、エデ、イレサなどがあり、オシュン=オショグボの聖なる木立などのヨルバ族の文化遺産が存在する。

歴史[編集]

オシュン州一帯はヨルバ族が古代から文化を築いた地域であり、オルバやオラングンと呼ばれる王の治める都市国家が繁栄した。ヨーロッパ勢の到来と共に奴隷狩りの対象となったが、やがてベニン王国などより優勢となった。イギリスにより南部ナイジェリア保護領に組み入れられ、西部州となり、西部州が三分されオヨ州の一部となり、更に東部が分割された。州の名前はオシュン川に因み、オシュン川はヨルバ族の女神オシュンに由来する。

教育[編集]

州内の名門校イレ=イフェ大学はオバフェミ・アウォロウォに因みオバフェミ・アウォロウォ大学に改名された。オインロラはオスン州立大学の設置を決定し、州内全域に渡るオショグボ、オクク、イキレ、エジグボ、イフェテド、イペトゥ=イジェシャに6つのキャンパスを開くことを決めた。

文化[編集]

毎年オシュン信者やそうでない者も含め、多くの観光客等が8月に聖なる木立で開かれる祭りに集まる。中にはブラジルキューバトリニダード島グレナダ等ヨルバ系の文化を持つ国々から来る者もいる。オシュンの祭りはオシュン川沿岸一帯で行われる。聖なる木立は2005年にユネスコ世界遺産に登録された。

地方行政区[編集]

オシュン州には3つの連邦上院選挙区と、それぞれに2つの行政圏がある。30の地方行政区 (LGA) が置かれている。

地方行政区一覧(庁舎)

  • 東アタクンモサ(イペリンド)
  • 西アタクンモサ(オス)
  • アイェダアデ(グボンガン)
  • アイェディレ(イレ・オグボ)
  • ボルワドゥロ(オタン=アイェグバジュ)
  • ボリペ(イラグビジ)
  • 北エデ(オジャティミ)
  • 南エデ(エデ)
  • エグベドレ(アウォ)
  • エジグボ(エジグボ)
  • 中央イフェ(イレ=イフェ
  • 東イフェ(オケ=オグボ)
  • 北イフェ(イペトゥモドゥ)
  • 南イフェ(イフェテド)
  • イフェダヨ(オケ=イラ)
  • イフェロドゥン(イキルン)
  • イラ(イラ)
  • 東イレサ(イェモグン)
  • 西イレサ(エレジャ地区)
  • イレポドゥン(イロブ)
  • イレウォレ(イキレ)
  • イソカン(アポム)
  • イウォ(イウォ)
  • オボクン(イボクン)
  • オド・オティン(オクク)
  • オラ・オルワ(ボデ・オシ)
  • オロルンダ(イグボンナ)
  • オリアデ(イジェブ=ジェサ)
  • オロル(イフォン=オスン)
  • オショグボ(オショグボ)

外部リンク[編集]

座標: 北緯7度30分 東経4度30分 / 北緯7.500度 東経4.500度 / 7.500; 4.500