ベヌエ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベヌエ州
州の愛称: 国の食料籠
ベヌエ州の位置
ナイジェリアの国旗 ナイジェリア
州都 マクルディ
設置日 1976年2月3日
公用語 英語
面積 34,059 km² (11位)
人口
 -1991年 国勢調査
 -2005年 推計
7位
2,780,398 人
5,181,642 人
州知事
一覧
ガブリエル・ススワム (PDP)
ISO 3166-2:NG NG-BE

ベヌエ州 (Benue) は、ナイジェリア中東部の州である。農業が豊富に行われ、川も多いため、「ナイジェリアの穀倉地帯」と呼ばれることもある。ジャガイモキャッサバ大豆ギニアコーン亜麻ヤムイモなどが栽培される。

ベヌエ州の名はベヌエ川に因んでおり、1976年に当時のベヌエ=高原州の南部とイガラ族の住む旧クワラ州のニジェール川左岸から設置された。イガラ系の民族は旧ベヌエ州の西部と旧クワラ州の東部に分割されていたが1991年に合わせてコギ州とされた。北にプラトー州から分割されたナサラワ州、北東にタラバ州、南東にカメルーン、南にクロスリバー州エボニ州、南東にエヌグ州と接する。

主な民族はティヴイドマイゲデである。ベヌエ州はナイジェリアでエイズ感染率の最も高い地域となっている。