イモ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イモ州
州の愛称: 希望の土地
イモ州の位置
ナイジェリアの国旗 ナイジェリア
州都 オウェリ
設置日 1976年2月3日
公用語 英語
面積 5,530 km² (34位)
人口
 -1991年 国勢調査
 -2005年 推計
13位
2,485,499 人
4,485,063 人
州知事
一覧
イケディ・ゴッドソン・オハキム (PPA)
ISO 3166-2:NG NG-IM
公式サイト IMO STATE, NIGERIA

イモ州 (Imo) はナイジェリアの南部(伝統的な区分では南東部)の。州都及び最大都市はオウェリ。その他の大きな都市はオキグウェオグタオルルムバイセムグビディなど。石油天然ガスが豊富で肥沃な耕地が多い。

イモ州はニジェール・デルタの中心部に位置し、ナイジェリア独立以降東部州に属する地域であったが、1967年東部中央州に分けられビアフラ戦争後のムルタラ・モハメド軍事政権時代の1976年に東部中央州を北のアナンブラ州と分割する形で設置された。1991年にイモ州から東部がアビア州に、1996年にはアビア州とエヌグ州からエボニ州が分割された。南西にはリバーズ州と接する

イモではイボ語が主に話され、イボランドの中心地である。1999年以降の知事はアチケ・ウデヌワである。1991年以降のイモ州には27の地方行政区域 (LGA) が置かれている。

イモはアフリカの近代以降の王で最古の部類である、オルル(とかつてはオウェリ、オキグウェの三都市を数世紀にわたり治めた)のイグウェ10世、エゼ・パトリック・アチョロヌ(在位1937年3月 - 2003年)の根拠地でもあった。