イボ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イボ語
asụsụ Ndi Igbo
話される国 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
赤道ギニアの旗 赤道ギニア
カメルーンの旗 カメルーン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
母語話者数 3000万人
言語系統
表記体系 ラテン文字ンシビディ文字英語版
公的地位
公用語 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
統制機関 Society for Promoting Igbo Language and Culture
言語コード
ISO 639-1 ig
ISO 639-2 ibo
ISO 639-3 ibo
ナイジェリアとカメルーンの言語分布図(Igbo 中央下部)
テンプレートを表示

イボ語(或はイグボ語asụsụ Ndi Igbo)はニジェール・コンゴ語族言語ナイジェリア連邦共和国南東部のイボ人を中心に約1800万人が使っている。

イボ語は声調言語であり、ラテン文字表記を用いる。イボ語はジョン・ゴールドスミスによる当時の音韻論の研究対象として扱われた。

方言[編集]

イボ語には多くの方言があり、必ずしも相互に通じない。イデミリ方言(チヌア・アチェベが『崩れゆく絆』で使った)他、オウェリ、ングワ、ウムアヒア、ンネウィ、オニチャ、アウカ、アブリバ、アロチュク、ンスッカ、ムバイセ、オハフィア、ワワ、オキグワなどの30の方言がある。

オウェリとウムアヒアを含んだ当時の中央イボ県の方言を纏めたものが1939年アイダ・C・ウォードにより中央イボ語として提案され、その地で学校、作家、出版社などに広く受け入れられた。1972年には中央イボ語を帝国主義者の道具とみた民族主義者により構成されたイボ言語文化促進協会 (SPILC) が、中央イボ語をより他の方言と統合され借用語も含んだ標準イボ語とするための標準化委員会を立ち上げた。

方言の多様さから正書法を決める合意はとても困難だった。1962年に定められた現行のオヌゥ正書法はレプシウスによる書記法と国際アフリカ学会による正書法の折衷である。

1999年にチヌア・アチェベは標準イボ語やその原型となったものはイボ語の豊かさへの植民地主義的あるいは保守的抑圧であると糾弾した。それを例証するために彼は聴衆の半数以上が聴き取れないオニチャ方言でそれを演説した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]