有気音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

有気音(ゆうきおん)は、破裂音破擦音において、調音器官の開放より少し遅れて母音声帯振動が始まる子音。帯気音(たいきおん)とも称される。対義語無気音と異なり、閉鎖の開放後に息の流れる音(破擦音の場合は摩擦音)が聞こえる。

表記[編集]

国際音声字母では[ʰ]X-SAMPAでは[_h]であらわされる。

  • 古くは [ʻ] を用いることもあった。

ラテン文字表記ではhや'(アポストロフィ)を加えることで表されることがある。

  • 例:タイ→Thai、平壌→P'yŏngyang

中国語(普通話)のように有声音を音素として持たない言語では、有声音の文字を無気音に、無声音の文字を有気音を表すのに使うことがある。中国語の漢語拼音、朝鮮語の文化観光部2000年式などを参照。

各言語の例[編集]

中国語朝鮮語などでは、有気音と無気音とが弁別的な対立をなしている。

  • 中国語の例
    有気音: 踏 [tʰa]
    無気音: 大 [ta]

タイ語では無声有気音、無声無気音、有声音の3種が弁別的に用いられている。

ヒンディー語ウルドゥー語など、インド系の多くの言語には、有気音と無気音の対立に加え、有声音と無声音の対立を組み合わせて、同一調音部位で4つの子音を弁別的に用いているが、このうちいわゆる「有声帯気音」は音声学的にはつぶやき声をともなう有声子音であり、無声の帯気音とは機構が異なる。

例:ヒンディー語の軟口蓋音 [ka], [kʰa], [ga], [gʱa]

古典ギリシア語には破裂音に無声無気音・無声帯気音・有声音の三項対立が存在した。現在では無声帯気音は摩擦音に変化している。

アルメニア語の東部方言には無声無気音・無声帯気音・有声音の三項対立が存在する。西部方言では有声音が無声帯気音に合流し、無声無気音が有声音に変化したため、二項対立になっている。

フランス語には有気音は存在しない。リエゾンエリジオンを起こさないh aspiréを、「有気(音)の h」と訳す場合がある(「有音のh」と呼ぶのが普通)が、音声学でいう有気音とは関係ない。

英語では強勢のある音節頭位の無声破裂音(s に続く場合を除く)が、ドイツ語では無声破裂音すべてが、帯気している。しかし無気音と音韻的に異なる音素ではない。

現代アイスランド語の破裂音には有声音がなく、無声無気音と帯気音の対立がある。母音のあとの位置では前気音(ぜんきおん)[ʰp ʰt ʰk]を有する。