ウォロフ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォロフ語
Wölöf
話される国 セネガルの旗 セネガル
ガンビアの旗 ガンビア
モーリタニアの旗 モーリタニア
地域 西アフリカ
母語話者数

320万(母語話者)

350万(第二言語話者)
言語系統
公的地位
統制機関 CLAD (Centre de linguistique appliquée de Dakar)
言語コード
ISO 639-1 wo
ISO 639-2 wol
ISO 639-3 各種:
wol — Wolof
wof — Gambian Wolof
テンプレートを表示

ウォロフ語(Wölöf)はセネガルガンビアモーリタニアにかけて住むウォロフ族言語である。話者が最も多いのはセネガル人口の40%のウォロフ族以外にも話者がいる。都市部では「ダカール・ウォロフ語」(ダカールはセネガルの首都)という、文法が簡略化され、フランス語英語アラビア語の混ざった言葉が話されている。フランス語の書籍では「Ouolof」と表記されるが、英語では英語風の綴りの「Wollof」を用いる。

分布[編集]

  • セネガル:母語話者が人口の40%の320万人、他40%が第二言語話者。ダカールサンルイカオラック西部にかけて広がる。東部やカザマンスでは少ない。
  • ガンビア:人口の15%の20万人が第一言語話者であるが首都のバンジュールで50%に達するため人口は少ないが社会的に影響力が強い。
  • モーリタニア:人口の7%の18万5000人が話者で南岸部に限られる。

文字と発音[編集]

植民地支配以前から植民地期にかけては、イスラームの知識人層を中心にアラビア文字で表記されたが、現在ではラテン文字による表記法も存在している。ラテン文字による表記法には正式に規定した正書法が存在しないが「Centre de linguistique appliquée de Dakar」の告示した方法が通用している。

文法[編集]

印欧語のような時制ではなく動作のアスペクトを基準に文法が組み立てられる。動詞の前にアスペクトを表す語をつける。dem(いく)に「naa」をつけると「もういった」のような完了、「dinaa」をつけると「まだいっていない」「今からいく」のような未完了、「damay」をつけると「いっている」「いつもいく」のような進行を表す。

人称とアスペクトを表す機能語の変化[編集]

Situative (Presentative) Terminative Objektive Processive (Explicative) Subjektive Neutral
完了 未完了 完了 未完了 完了 未完了 完了 未完了 完了 未完了 完了 未完了

第一人称 maa ngi maa ngiy naa dinaa laa laay dama damay maa maay ma may
第二人称 yaa ngi yaa ngiy nga dinga nga ngay danga dangay yaa yaay nga ngay
第三人称 mu ngi mu ngiy na dina la lay dafa dafay moo mooy mu muy

第一人称 nu ngi nu ngiy nanu dinanu lanu lanuy danu danuy noo nooy nu nuy
第二人称 yéena ngi yéena ngiy ngeen dingeen ngeen ngeen di dangeen dangeeny yéena yéenay ngeen ngeen
第三人称 ñu ngi ñu ngiy nañu dinañu lañu lañuy dañu dañuy ñoo ñooy ñu ñuy

[編集]

五進法を基準にしている。

0 tus / neen / zéro [フランス語] / sero / dara ["無い"の意]Wo-dara.ogg 発音[ヘルプ/ファイル]
1 bennWo-benn.ogg 発音[ヘルプ/ファイル]
2 ñaar / yaar
3 ñett / ñatt / yett / yatt
4 ñeent / ñenent
5 juróom
6 juróom-benn
7 juróom-ñaar
8 juróom-ñett
9 juróom-ñeent
10 fukk
11 fukk ak benn
12 fukk ak ñaar
13 fukk ak ñett
14 fukk ak ñeent
15 fukk ak juróom
16 fukk ak juróom-benn
17 fukk ak juróom-ñaar
18 fukk ak juróom-ñett
19 fukk ak juróom-ñeent
20 ñaar-fukk
26 ñaar-fukk ak juróom-benn
30 ñett-fukk / fanweer
40 ñeent-fukk
50 juróom-fukk
60 juróom-benn-fukk
66 juróom-benn-fukk ak juróom-benn
70 juróom-ñaar-fukk
80 juróom-ñett-fukk
90 juróom-ñeent-fukk
100 téeméer
101 téeméer ak benn
106 téeméer ak juróom-benn
110 téeméer ak fukk
200 ñaar téeméer
300 ñett téeméer
400 ñeent téeméer
500 juróom téeméer
600 juróom-benn téeméer
700 juróom-ñaar téeméer
800 juróom-ñett téeméer
900 juróom-ñeent téeméer
1000 junni / junne
1100 junni ak téeméer
1600 junni ak juróom-benn téeméer
1945 junni ak juróom-ñeent téeméer ak ñeent-fukk ak juróom
1969 junni ak juróom-ñeent téeméer ak juróom-benn-fukk ak juróom-ñeent
2000 ñaar junni
3000 ñett junni
4000 ñeent junni
5000 juróom junni
6000 juróom-benn junni
7000 juróom-ñaar junni
8000 juróom-ñett junni
9000 juróom-ñeent junni
10000 fukk junni
100000 téeméer junni
1000000 tamndareet / million

外部リンク[編集]