ウォロフ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォロフ族の青年(ガンビア

ウォロフ族セネガルガンビアモーリタニアに居住する西スーダン系の民族

ウォロフ族は元来定住農耕民族である。

セネガルでは、総全人口の約40%の多数を占め、また、北部サンルイ、中部カオラック、西部ダカールにおいても多数派である。しかし、カザマンス地方ではジョラ族が支配的でウォロフ族は少ない。 主としてヒエアワ落花生などの栽培に従事している。なお、ウォロフ語はセネガルの共通語として広がっている。

ガンビアでは、総人口の約15%を占め少数派である。ガンビアはマンディンカ族が多数派で総人口の約40%を占める。しかし、首都バンジュールでは人口の約50%を占めるため、ウォロフ語とウォロフ文化の影響力は小さくない。

モーリタニアでは、総人口の約7%を占め、主に南部沿岸地域に居住する。

文化[編集]

言語[編集]

ウォロフ族の言語はウォロフ語である。セネガルの総人口の80%がウォロフ語を話し、ウォロフ文化とウォロフ語は大きな影響力がある。

宗教[編集]

ほぼイスラム教である。

ウォロフ族の著名人物[編集]

参考図書[編集]

  • Michel Malherbe, Cheikh Sall: Parlons Wolof - Langue et culture. L'Harmattan, Paris, France 1989, ISBN 2-7384-0383-2.
  • Gabriele Aïscha Bichler: Bejo, Curay und Bin-bim? Die Sprache und Kultur der Wolof im Senegal (mit angeschlossenem Lehrbuch Wolof). Europäische Hochschulschriften Band 90. Peter Lang Verlagsgruppe, Frankfurt am Main, Germany 2003, ISBN 3-631-39815-8.
  • Arame Fal, Rosine Santos, Jean Léonce Doneux: Dictionnaire wolof-français (suivi d'un index français-wolof). Karthala, Paris, France 1990, ISBN 2-86537-233-2.
  • Rolf Goetz: Senegal - Gambia: Praktischer Reiseführer an die Westküste Afrikas. Verlag Peter Meyer Reiseführer, Frankfurt am Main, Germany 1996, ISBN 3-922057-09-8.

外部リンク[編集]