ジョゼフ・ブローニュ・シュヴァリエ・ド・サン=ジョルジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョゼフ・サン=ジョルジュ
Joseph Boulogne Chevalier de Saint-Georges
肖像画}
肖像画
基本情報
出生名 Joseph Boulogne Chevalier de Saint-Georges
別名 黒いモーツァルト
出生 1745年12月25日
Flag of France.svgフランス王国グアドループ島
死没 1799年6月10日(54歳)
Flag of France.svgフランス共和国パリ
ジャンル 古典派音楽
活動期間 1771年 - 1792年
フェンシングをするサン・ジョルジュ

ジョゼフ・ブローニュ・シュヴァリエ・ド・サン=ジョルジュ(Joseph Boulogne Chevalier de Saint-Georges, 1745年12月25日 - 1799年6月10日)は、フランス出身のヴァイオリン奏者作曲家である。

来歴[編集]

グアドループ島で、プランテーションを営む地主とウォロフ族出身の奴隷の女性の間に生まれた。"・サン=ジョルジュ"という姓は、父が貴族の家柄ではないにもかかわらす勝手に名乗ったものである。

8歳のときに父によりフランスで育てられ、ジャン=マリー・ルクレールヴァイオリンを、フランソワ=ジョセフ・ゴセックに作曲を教わって頭角を現し、コンサートマスターや指揮者として活躍。その他にもダンスやフェンシング、乗馬でも名を馳せた。1787年にはロンドンシュヴァリエ・デオンとフェンシングの試合をし、激闘の末敗れている。

音楽家として[編集]

1764年からフランソワ=ジョセフ・ゴセックに作曲を学び、1769年にはゴセックのオーケストラのメンバーになり、主任奏者になった。芝居好きのモンテッソン侯爵夫人ルイ・フィリップ1世 (オルレアン公)の劇場のためにも作曲や指揮をした。その後、当時100人近い団員を抱える大オーケストラ、コンセール・ド・ラ・ロージュ・オランピックのコンサートマスターにも選任された。フランツ・ヨーゼフ・ハイドンパリ交響曲は、同楽団時代のサン=ジョルジュの依頼により作曲されたものである。ルイ16世のヴェルサイユ王室楽団のディレクターにも指名されたが、ムラート(黒人との混血)と一緒に舞台に立ちたくないという歌手たちの反対にあい、断念させられた。

晩年[編集]

フランス革命勃発時には1000人の黒人部隊を結成して戦闘に参加しているが、王室との繋がりが原因で軍を追われ、投獄される。革命後、失意と貧困のうちにパリで没した。

サン=ジョルジュの作風は古典派の影響が大きく、その出自から「黒いモーツァルト」とも呼ばれている。オペラ交響曲弦楽四重奏曲などの作品を残した。

彼の作品は、近年になってヴァイオリン協奏曲や弦楽四重奏曲などが録音などで取り上げられるようになっている。

外部リンク[編集]