パリ交響曲 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パリ交響曲は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1785年から1786年にかけて作曲された6曲からなる交響曲の総称である。番号では第82番から第87番までがこの交響曲の曲集に含まれる。

概要[編集]

ハイドンは長年務めたエステルハージ家楽長を辞した後、1785年から1786年にかけて6曲の交響曲を作曲する。これらはパリで新たに創設されたオーケストラ団体、コンセール・ド・ラ・オランピックのために作曲されたものである。

第82番から第87番の作曲時期は以下の通りである。

これら6曲の交響曲は、既にハイドンの作風は円熟に達しており、構成的・内容的にも充実し、聴衆と批評家から絶大な支持を得ている。たちまち人気となったため、パリで出版された他にウィーンロンドンでも出版されている。また当時コンセール・ド・ラ・オランピックに参加していた作曲家のルイジ・ケルビーニもこのパリ交響曲を高く評価している。