マンディンカ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンディンカ
マンディンカの女性
マンディンカの女性
総人口

1,300,000人

居住地域
ガンビア, セネガル, ギニアビサウ
言語
マンディンカ語, マリンケ語, ソニンケ語
宗教
95%イスラム教

マンディンカ(Mandinka、マリンケ(Malinke)若しくはマンディンゴ(Mandingo) -「人」)は、西アフリカマンデ系英語版 (Mandéに属し、生物学的、文化的にサハラをまたいで中東から西アフリカにかけて行われた貿易を支配したマリ帝国 の子孫である。

概要[編集]

現在マンディンカは100万人を超え、ブルキナファソコートジボワールガンビアギニアギニアビサウリベリア、マリ、セネガルシエラレオネなどの西アフリカの国々に定住している。彼らはまた西アフリカのほとんどの国に少数暮らしている。

歴史[編集]

13世紀初め、1235年スンジャータ・ケイタ (Sundiata Keitaの率いるマンディンカ族は、キリーナの戦い英語版スースー族英語版スースー王国英語版(現マリ共和国)から離れ、独立して大帝国、マリ帝国を切り開いた。

言語[編集]

主要言語はガンビアおよびセネガルのマンディンカ、ギニアおよびマリのマリンケ語 (Malinké、西アフリカ南部のソニンケ語で、他の西アフリカ諸語と同様「ケ」もしくは「カ」で終わる(「語」もしくは「人」を意味する)。宗教は、大多数はイスラム教徒である。

テレビ・映画[編集]

マンディンカの有名人にアレックス・ヘイリーの本でのちにテレビドラマ化されたルーツの主人公クンタ・キンテ (Kunta Kinteがいる。ヘイリーによると彼はキンテの子孫だが、この家系図は多くの歴史家や、少なくとも一人の系図学者から信じがたいと批判を受けてきた。(D・ライト著「The World And A Very Small Place」参照)。19世紀アメリカ合衆国の革新派マーティン・R・ディレイニー (Martin Delanyはマンディンカの子孫であった。

リチャード・フライシャー監督作品のアメリカ映画『マンディンゴ』(1975年)では、ニューオリンズ奴隷市場で売られているマンディンカ族の男ミード役を現役のヘビー級プロボクサーのケン・ノートンが演じた。(原作:カイル・オンストット英語版の長篇小説『マンディンゴ英語版』)

アメリカのテレビスターミスターTはかつて雑誌ナショナル・ジオグラフィックで見たマンディンカの戦士の髪型を真似たのではと言われた。

外部リンク[編集]