フラニ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フラニ語
フラ語
Fulani, Fula, Fulah, Fulfulde, Pulaar, Pular
話される国 モーリタニア, セネガル, マリ共和国, ギニア, ブルキナファソ, ニジェール, ナイジェリア, カメルーン, ガンビア, チャド, シエラレオネ, ベナン, ギニアビサオ, スーダン, 中央アフリカ共和国, コートジボワール, ガーナ, トーゴ
地域 サブサハラ
母語話者数 1,000 - 1,600 万人
言語系統
表記体系 ラテン文字アラビア文字
言語コード
ISO 639-1 ff
ISO 639-2 ful
ISO 639-3 fulマクロランゲージ
個別コード:
fub — アダマワ・フルフルディ語
fui — バギルミ・フルフルディ語
fue — ボルグ・フルフルディ語
fuq — 中東部ニジェール・フルフルディ語
ffm — Maasina Fulfulde
fuv — ナイジェリアン・フルフルディ語
fuc — プラール語
fuf — Pular
fuh — 西部ニジェール・フルフルディ語
テンプレートを表示

フラニ語(フラニご、Fulani)、またはフラ語(フラご、Fula, Fulah)は、西アフリカセネガンビアギニアからカメルーンスーダンにかけて分布するフラニ人(フラ人、Fula people)の言語である。またセネガル川流域の トゥクロール族(Toucouleurs)の第一言語であり、他の地方の諸族の第二言語である。

この言語には複数の名称が充てられる。分布域の中部から東部地方の方言ではフルフルディ語(フルフルディご、Fulfulde)、西部地方の方言ではプラー語(プラーご、Pulaar, Pular)と呼ぶ。英語の呼称 FulaniFula はそれぞれマンディング諸語ハウサ語に由来し、フランス語の呼称 PeulFulɓe の単数形である Pullo に由来する。

分類[編集]

フラニ語はニジェール・コンゴ語族大西洋コンゴ語派英語版大西洋語群英語版セネガンビア諸語英語版に属する。

フラニ語では基本語彙である名詞=動詞語根から各種の動詞名詞・修飾詞が派生する。また挿入辞を使いて意味を修飾した語彙が派生する。約26の名詞クラスがあり、方言によりこの数は変動する。単数形と複数形の間で起こる語頭音変化はこの言語のもう一つの特徴である。この言語はまた包括と除外の一人称複数代名詞がある。フラニ語は複雑という評判があるが、不規則変化が多少あるほかはたいへん規則的である

方言[編集]

フラニ語には多数の方言があるが、すべてを包括して単一言語と看做されている。ウィルソン(1989)は「長距離を旅してもコミュニケーションには全く不自由しない」としているが、聖書翻訳者は Fulfulde 語社会に少なくとも7通りの翻訳が必要であると推定する。エスノローグではこれを複数の言語に分類している。

中東部[編集]

Fulfulde ニジェール西部(ニジェール)[編集]

Fulfulde ニジェール中東部(ニジェール)[編集]

Fulfulde (ナイジェリア)[編集]

  • 1,700,000人(ナイジェリア)(2000年)

東部[編集]

Fulfulde, Adamawa, fub[編集]

  • 700,000人(カメルーン)(1993年)
  • 128,000人(チャド)(1993年)
  • 90,000人(スーダン)(1982年)

Fulfulde, Bagirmi, fui[編集]

  • 24,000人(チャド)
  • 156,000人(中央アフリカ)(1996年)

中西部[編集]

Fulfulde, Maasina, ffm[編集]

詳細は Maasina Fulfulde を参照

  • 900,000人(マリ)(1991年)
  • 7,000人(ガーナ)(1991年)

Fulfulde, Borgu, fub[編集]

  • 280,000人(ベニン)(2002年)
  • 48,000人(トーゴ)(1993年)
  • ナイジェリアにも話者あり

Pular[編集]

詳細は Pular language を参照

この言語は Fuuta Jalon (この言語が話される地域の名称)という名称で呼ばれることもある。

  • 2,550,000人(ギニア)(1991年)
  • 50,000人(マリ)(1991年)
  • 136,000人(セネガル)(2002年)
  • 178,000人(シェラレオネ)(1991年)

Pular 語はギニアの地域公用語であり、この一言語しか話さないものは多い。アラビア語・フランス語からの借用語が多く、その他英語・ポルトガル語・マリンケ語スス語ウォロフ語などがこれに続く。

西部[編集]

Pulaar[編集]

  • モーリタニア、セネガル、ガンビア

文字体系[編集]

ラテン・アルファベット[編集]

ラテン・アルファベットで記述するにあたり、フラニ語では発音の違いを明確にするために次のような『鉤つき』文字を追加した。 Ɓ/ɓ, Ɗ/ɗ, Ŋ/ŋ, Ɲ/ɲ, Ƴ/ƴ (内破音の B、内破音の D、軟口蓋音の N [ "king' の "ng" のような音]、硬口蓋音の N、放出音の Y ) アポストロフィー(ʼ)は声門閉鎖音に使う。ナイジェリアでは ʼyƴ に置き換え、セネガルでは ñ が ɲ の代わりに使われる。

アラビア文字[編集]

フラニ語はこの地域が植民地化されるまでアラビア文字またはアジャミ文字で記述された。これは現在でもギニアの一部地域をはじめ一部社会で続いている。

フラニ語アルファベット[編集]

a, aa, b, mb, ɓ, c, d, nd, ɗ, e, ee, f, g, ng, h, i, ii, j, nj, k, l, m, n, ŋ, ny, o, oo, p, q, r, s, t, u, uu, w, x, y, yy, z

参考文献[編集]

  • Arnott, David W. (1970). The nominal and verbal systems of Fula. Oxford: Clarendon Press.
  • Wilson, W. A. A. (1989). Atlantic. In John Bendor-Samuel (Ed.), The Niger-Congo Languages, pp. 81-104.

外部リンク[編集]