Q

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

Qは、ラテン文字アルファベット)の 17 番目の文字。小文字は q 。古いギリシャ文字コッパϘ、小文字 ϙ)に由来する。

Qと名の付く様々な事柄については、#Qの使用例を参照されたい。


字形[編集]

様々な字形が知られるが、いずれも円の下に短い縦棒(ヒゲ)が付属した形すなわちコッパ (Ϙ) の、変形である。 ヒゲの関係で、大文字ではふつう円の部分は下から時計回りに書かれ、そのあとでヒゲを書く。また、ヒゲは、ベースラインを越えて下に突き出すことも多い。

  1. ヒゲを右に曲げる。
  2. ヒゲを円の真下でなく右に寄せる。フラクトゥールでは、\mathfrak{Q}である。
    1. さらにヒゲを円の中から円弧を突き抜ける形にする。
    2. 円に続けてヒゲを書くために、円の下部から時計回りに小さい円を描き、そのまま右下に突き出す。
  3. ヒゲを水平に書く。このとき、円と少し離して書くことがある。また、水平線は波打たせることがある。
    1. 円と水平線を続けて書くために、円から斜め下に接続線を書く。縦線が復活する形になる。
    2. 筆記体では、円を真下から書き始めずに途中から書くことがある。この結果、数字の2のような形となる。
  4. 小文字は、縦棒が右に寄り、長くなって円の右に接する形となり、ベースラインを越えて下に突き出す。数字の9と似た形となる。フラクトゥールでは、\mathfrak{q}である
    1. 数字の9と区別するため、縦棒の下部や、縦棒のベースライン付近(円よりは下)にセリフを付けたり、縦棒の下部を右に曲げることがある。筆記体では、右に曲げて折り返し、左に曲がって棒に当たってから右上に跳ね返って次の文字に続ける。

呼称[編集]

音価[編集]

古いギリシャ文字のコッパ (Ϙ) は、[k] に似て、もっと喉の奥で発音する音だったようである。このため、[ku] における [k] の発音がコッパに近いとされ、[ku] の発音を表すために Q の字が残った。このため、現在でも qu の綴りで現れることが多い。英単語で qu にならないのは、カタールの綴り "Qatar" や、オーストラリアカンタス航空の "Qantas" など、固有名詞にごく少数見られるだけである(カンタス航空の場合は、当初の正式名称であったQueensland And Northern Territory Aerial Servicesの略称であるため。実際の英語の発音は "qu" の2字の場合のように「クォンタス」)。現在Qが表す音価は、[k] ないしその類似音である。

ラテン語と同様の [k](qu の形でしか現れないものを含む)
  • イタリア語、英語、オランダ語ではquの2字でkwの綴りと同じ [kw] の発音を表す。
  • ドイツ語では qu の2字で kw の綴りと同じ [kv] の発音を表す。
  • フランス語、スペイン語では qu の2字で [k] を表す。また、フランス語では cinq(5), coq(雄鶏)といった q の語尾の単語があり、これも同様に発音する。 
  • ポルトガル語では qu の綴りで a, o, u の前では [kw]、e, i の前で [k] または語によって [kw]。ただしブラジルでは e, i の前で [kw] と発音するには qü と綴る。
  • エスペラントでは外来語のみに使う。読み方がわからない場合、単独の q は [k]、qu は [kv] と発音することが推奨されている。qu を含む西欧語の単語がエスペラントに取り入れられた時は kv になる。(quality → kvalito)
古ギリシア語 Ϙ に連なるアラビア語 やそれに由来する音
その他の軟口蓋音
硬口蓋音
その他の音声

Qの使用例[編集]

主に大文字[編集]

主に小文字[編集]

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Q U+0051 1-3-49 Q
Q
q U+0071 1-3-81 q
q
U+FF31 1-3-49 Q
Q
U+FF51 1-3-81 q
q
全角

関連項目[編集]