12

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
11 12 13
素因数分解 22×3
二進法 1100
八進法 14
十二進法 10
十六進法 C
二十進法 C
ローマ数字 XII
漢数字 十二
大字 拾弐
算木 Counting rod h1.pngCounting rod v2.png
位取り記数法 十二進法

12十二、じゅうに、とおあまりふたつ)とは、自然数、また整数において、11 の次で 13 の前のである。英語の序数詞では、12thtwelfth となる。ラテン語では duodecim(ドゥオデキム)。

性質[編集]

  • 合成数であり、正の約数1, 2, 3, 4, 6 と 12 である。自身を除く正の約数のは 16 で過剰数。最小の過剰数である。
  • 1/12 = 0.083333…(下線部は循環節)
  • 12の倍数は全て過剰数である。一般に過剰数の倍数もまた過剰数となる。
  • 4番目の高度合成数である。1つ前は 6、次は 24。12 以上の高度合成数は全て過剰数になる。
  • 5番目の高度トーティエント数。1つ前は 8、次は 24。
  • 3番目の五角数であり、3 × (3 × 3 − 1)/ 2 = 12。1つ前は 5、次は 22
  • 3番目の矩形数であり、3 × (3 + 1) = 12。1つ前は 6、次は 20
  • 4番目のペル数である。1つ前は 5、次は 29
  • 最小のサブライム数である。次は6086555670238378989670371734243169622657830773351885970528324860512791691264。
  • 2桁の数では2番目のハーシャッド数である。1つ前は 10、次は 18
  • 3 と 4 の積であり、12 = 3 × 4 と最初の自然数4つの連続となる。このような計算は次に 56 = 7 × 8 がある。
  • 12個の面を持つ立体図形は十二面体と呼ばれる。正十二面体正八面体の次に面の数が少ない正多面体である。次に面の数が少ない正多面体は、面が20個の正二十面体である。因みに、正六面体および正八面体の辺の数は12である。正二十面体頂点の数は12であり、正十二面体とは双対多面体(双対)の関係である。
  • の周りには最大12個の同じ大きさの球を重ならずに接するように並べることができる(→接吻数問題)。
  • 12本のを持つ平面図形は十二角形である。正十二角形と正三角形平面を敷き詰めることができる。
  • 三十角形中心角は 12° である。
  • ペントミノは、全部で12種類ある。また、ヘキサモンドも全部で12種類ある。
  • 連続した階乗数の積である。12 = 1! × 2! × 3!
  • 12! − 1 = 479001599 であり、n! − 1 の形で素数を生む。
  • 九九では 2 の段で 2 × 6 = 12(にろくじゅうに)、3の段で 3 × 4 = 12(さんしじゅうに)、4 の段で 4 × 3 = 12(しさんじゅうに)、6 の段で 6 × 2 = 12(ろくにじゅうに) と4通りの表し方がある。九九で 4 通りの表し方のある数は他に 6, 8, 18, 24 のみである。
  • 12! = 479001600 である。

その他 12 に関連すること[編集]

十二番目のもの[編集]

十二個一組のもの[編集]

12に関連する団体・作品[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。