25

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
24 25 26
素因数分解 52
二進法 11001
八進法 31
十二進法 21
十六進法 19
二十進法 15
ローマ数字 XXV
漢数字 二十五
大字 弐拾五
算木 Counting rod h2.pngCounting rod v5.png

25二十五廿五、にじゅうご、ねんご、はたちあまりいつつ)は自然数、また整数において、24 の次で 26 の前の数である。

性質[編集]

  • 2合成数であり、正の約数1, 5, 25 である。一般に素数を2乗した数(この場合は 25 = 52)は、正の約数の個数が3である合成数である。
  • 1/25 = 0.04
  • 5番目の平方数であり、52。1つ前は 16、次は 36
  • 9番目の半素数である。1つ前は 22、次は 26
  • 2つの平方数の和であり、ピタゴラス数ともなる。25 = 52 = 32 + 42
  • 二十五角数の第2の要素。1つ前は 1、次は 72
  • 十進数では、25 の累乗数は、常に下 2 桁が 25 となる。このような性質の2桁の数は、他に 76 がある。
  • 25 の倍数は下 2 桁が 00, 25, 50, 75 のいずれかである。
  • 最初のフリードマン数である。つまり 52 = 25。 次は 121 (= 112)。
  • 九九では 5 の段で 5 × 5 = 25(ごごにじゅうご)と 1 通りの表し方しかない。九九で 1 通りの表し方しかない数は他に 1, 49, 64, 81 のみである。
  • 25! = 15511210043330985984000000 である(26桁)。桁数と元の数が逆転する値(log10 x! > x となる x の値)。
  • 25 は 2 を足すと立方数になる唯一の平方数である。
  • 平方数の和で2通りに表せる最小の数は 52 + 52 = 12 + 72 = 50 だが、02 である 0 を平方数だと見なせば、02 + 52 = 32 + 42 = 25 となり、最小である。
  • 4! + 1 = 25 であるが、これは n! + 1 で表せる最小の平方数である。次に小さい値は 121

その他 25 に関連すること[編集]

関連項目[編集]

2桁までの自然数
(0) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99
  • 斜体で表した数は素数である。