フランキ・スパス12

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランキ・スパス12
Spas12.svg
フランキ・スパス12
フランキ・スパス12
種類 散弾銃
製造国 イタリアの旗 イタリア
設計・製造 フランキ
仕様
種別 ポンプアクション/ガス圧作動方式
口径 12ゲージ
使用弾薬 12ゲージ(2.75のみ)
装弾数 6発+1or7発+1
チューブ型弾倉の長さによって異なる
作動方式 セミオートマチック/ポンプアクション
全長 800/1,070mm
重量 3.95kg or 4.1kg
仕様によって異なる
歴史
製造期間 1979年-2000年
テンプレートを表示
折り畳み式銃床を装備したモデル(上)
固定式銃床を装備したモデル(下)

フランキ・スパス12: Franchi SPAS-12)は、イタリアフランキ社が設計した散弾銃。 "Special Purpose Automatic Shotgun"(特殊用途向け自動式散弾銃)の頭文字をとってスパスと呼ばれている。

概要[編集]

スパス12は、フランキ社のディフェンス・システムズ部門が、イタリア軍で行われた軍用散弾銃開発計画に沿って同社のPA80をベースに設計した軍・警察用散弾銃である[1]。「特殊用途向け」の名の通り、完全な戦闘用散弾銃であり、ピストルグリップの採用や大型の照準器など、従来の狩猟や競技用として発達してきた散弾銃とは根本的に異なる。スチール板をプレス加工して製作された銃床を伸ばせば全長は1メートルを超え、12番ゲージのシェルを最大で8発装填でき、プラスチックを多用して軽量化を図り、人間工学に基づいて設計されている。ただし、内部構造が複雑で部品点数が多いため、総じて重量は重くなった[1]。銃身周辺には発射後に生じる熱から手を守るために、多数の通気孔が開いたハンドガードを装備している。銃身上部にはヒートシールドが取り付けられている。

最大の特徴として、先端部のボタンを押しながらフォアグリップを切り替え位置にずらすことで、自動式(セミオート)から手動式(ポンプアクション)に切り替えることが可能なコンバーチブル・ショットガンである点が挙げられる。ジャム(弾詰まり)が許されない現場では手動式に、制圧力が必要な場合には自動式にとワンタッチで切り替えられる利点が注目されたが、複雑な構造は故障も多く発生した[2]。折畳み式金属銃床の床尾板にはU字型のフックが装備されていて、待機姿勢や片手撃ちの際にサポートとして腕に掛けたり、銃床を畳んで携行する時のキャリングハンドルとして利用できる。折畳み式金属銃床の床尾板が肩に触れる面には樹脂やゴムのパッドは付いておらず、スチール素材のままとなっている。

ポンプアクションのみのSAS12とセミオートのみのLAW12も存在するが、現在はSPAS12と共に生産を中止している。セミオートゆえ弾薬の消費が早いにもかかわらず銃本体に固定されたチューブ型弾倉を装備しており、1発ずつ弾薬を込めなければならずリロードに時間を要する。また、本銃に限らずチューブ型弾倉共通の欠点として、異なる弾種を素早く交換することができない。この欠点を解消する目的で、弾倉をチューブ型から脱着可能な箱型へ変更したスパス15が開発されている。

その他の欠点としては、弾を込める際にフレームのボタンを押しながら込めなければならない(操作に両手が必要=構えながら弾を込めることができない)ことや、2.75インチ弾しか使用できないために通常のショットガンにはある「口径が同じならばより強力な3インチ弾も使用できる」という利点がないことが挙げられる。さらに悪いことに3インチ弾でも装填・発射は出来てしまう、これはショットガンの薬莢がプラスチック部分の先端を折り込んで塞ぐことで内容物のこぼれを防いでいるため、発射前の寸法なら3インチ弾でも薬室に収まってしまうことが原因である。無理に発射すれば塞いでいた部分が開いて薬室からはみ出し、銃身に張り付いてしまう。そのためセミオートでは作動不良を起こし、ポンプアクションでも動かせなくなる場合がある。

PAシリーズがベースになっているためPAシリーズのショットガンと共通のパーツが多い。

「小型の大砲」の異名を持ち、装弾数の多さと速射性能から、アメリカの一部の州では一般販売禁止となっている。

エアガン[編集]

SPAS12のエアガンは、日本では東京マルイ、KTWが製造・販売している。

東京マルイの物は標準的な6mmBB弾を使用し、ショットシェル形のマガジンに最大30発を装填可能。

本体はポンプアクション式のコッキング銃で、圧縮ガスやバッテリーは不要。ショットガンらしく、1回の発射で同時に3発のBB弾を射出する(フル装填のマガジン1個で10回発射可能)。東京マルイ独自のホップアップ機能(弾に上向きの回転を与えて飛距離を伸ばす)を持ち、有効射程は30メートル。

また、ラピッドファイア機構があり、引き金を引いたまま繰り返しコッキングをすることで、連射することができる(ただしこの場合、狙いはほとんどつけられず「掃射」に近い撃ち方になる)。連射速度はガスガンや電動ガンには劣る。

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 床井雅美 『軍用銃事典 改訂版』 並木書房、2007年、318頁。ISBN 9784890632138
  2. ^ 軍での運用を前提としていたため、本来は耐久性を重視した設計がなされている

関連項目[編集]