磨羯宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

磨羯宮(まかつきゅう)は、黄道十二宮の10番目である。

トロピカル方式では、獣帯の黄経270度から300度までの領域を占める。つまり冬至から大寒の間、太陽はここに留まる。

磨羯宮は四大元素に関係していて、金牛宮処女宮と一緒に地のサインに分類される。磨羯宮と対極のサイン巨蟹宮である。

磨羯宮の概要[編集]

名称について[編集]

ガンガーを乗せているマカラの図

磨羯とはインド神話に登場する怪魚マカラのことであり、この磨羯宮という名称は既に平安時代の日本で宿曜道用語として用いられていた。

インドでは、ギリシアから西洋占星術が伝えられた際、その象徴である「上半身が山羊で下半身が魚」というイメージを二つに分けて、この宮をヤギで表す流派とマカラで表す流派の二つが生じた。

やがてインド占星術が成立するとこれが密教経典に取り入れられたが、この際にこの宮をマカラで表す説のみが採用され、「磨羯宮」と漢訳された。これが中国や日本などに伝えられ、後に伝わった西洋占星術でもこの名称が用いられるようになった。

関連項目[編集]