マカラ (神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァルナを乗せているマカラの図。

マカラMakara)は、インド神話に登場する怪魚。愛神カーマの旗標であり、ヴァルナ神の乗り物(ヴァーハナ)とされる。カーマのシンボルであるマカラは門や装身具の装飾に用いられた。のような鼻、とぐろ巻く尾を持つが、イルカサメワニの類ともされる。水を操る力を持つため、マカラの棲むとされる川や湖、海といった場所(マカラーヴァーサー)が崇拝の対象となった。また、大乗仏教の説話においては、これに遭遇した際には観世音菩薩の名を唱えれば難を逃れる等とされている。

摩伽羅魚摩竭魚などと漢訳された。

関連項目[編集]