冬至

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二十四節気
冬至の日の太陽光の当たり方。冬至では太陽は南回帰線上にあるため、北半球では昼が最も短く、夜が最も長い

冬至(とうじ)は、二十四節気の第22。一年で最も昼が短い。十一月中(旧暦11月内)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が270のときで12月22日ごろ。恒気法は節気を冬至からの経過日数で定義するが、基点となる冬至は定気と同じ定義である。定気と恒気で一致する唯一の節気である。ではそれが起こる日を冬至とするが、天文学においては、太陽黄経が270となる瞬間を「冬至」と定義している。この場合、冬至の瞬間を含む日を冬至日(とうじび)と呼ぶ。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小寒前日までである。

西洋占星術では、冬至を磨羯宮やぎ座)の始まりとする。

特徴[編集]

北半球では太陽南中高度が最も低く、一年の間でが最も短くが最も長くなる日。

『暦便覧』では「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也」と説明している。

日付[編集]

日時 (UT) 日本 中国
2001年 12月21日19:21 12月22日 12月22日
2002年 12月22日01:14 12月22日 12月22日
2003年 12月22日07:03 12月22日 12月22日
2004年 12月21日12:41 12月21日 12月21日
2005年 12月21日18:34 12月22日 12月22日
2006年 12月22日00:22 12月22日 12月22日
2007年 12月22日06:07 12月22日 12月22日
2008年 12月21日12:03 12月21日 12月21日
2009年 12月21日17:46 12月22日 12月22日
2010年 12月21日23:38 12月22日 12月22日
2011年 12月22日05:31 12月22日 12月22日
2012年 12月21日11:11 12月21日 12月21日
2013年 12月21日17:11 12月22日 12月22日
2014年 12月21日23:03 12月22日 12月22日

冬至の瞬間の日時分 (世界時)と、日本中国での冬至日の日付は表のとおりである。日本における日時分はこの表による日時分の9時間後である。

年を4で割った余り
0 1 2 3
1800年 - 1819年 22日 22日 22日 23日
1820年 - 1855年 22日 22日 22日 22日
1856年 - 1887年 21日 22日 22日 22日
1888年 - 1899年 21日 21日 22日 22日
1900年 - 1919年 22日 22日 23日 23日
1920年 - 1955年 22日 22日 22日 23日
1956年 - 1991年 22日 22日 22日 22日
1992年 - 2027年 21日 22日 22日 22日
2028年 - 2059年 21日 21日 22日 22日
2060年 - 2095年 21日 21日 21日 22日
2096年 - 2099年 21日 21日 21日 21日
2100年 - 2131年 22日 22日 22日 22日
2132年 - 2163年 21日 22日 22日 22日
2164年 - 2195年 21日 21日 22日 22日
2196年 - 2199年 21日 21日 21日 22日

グレゴリオ暦による19世紀から22世紀までの日本の冬至は表のとおり [1] [2] [3]。 今年2014年の冬至は12月22日

365日からの超過分が毎年蓄積し、 4年に一度閏年でリセットされる様子が分かる(冬至は閏日の挿入される2月末日より後のため、 4で割り切れる年が先頭)。

1956年から2202年までは12月21日12月22日だが、1955年までは12月23日もあった。

天文[編集]

秋分から春分までの間、北半球では太陽は真東からやや南寄りの方角から上り、真西からやや南寄りの方角に沈む。冬至の日にはこの日の出(日出)・日の入り(日没)の方角が最も南寄りになる。また南回帰線上の観測者から見ると、冬至の日の太陽は正午に天頂を通過する。冬至の日には北緯66.6度以北の北極圏全域で極夜となり、南緯66.6度以南の南極圏全域で白夜となる。

なお、1年で日の出の時刻が最も遅い日・日の入りの時刻が最も早い日と、冬至の日とは一致しない。日本では、日の出が最も遅い日は冬至の半月後頃であり、日の入りが最も早い日は冬至の半月前頃である。

また、天文学的な冬至とは別に、日本では慣習的に「一年中で最もが短くが長い日」のことを冬至と呼ぶことがある。南半球では昼と夜の長さの関係が北半球と逆転するため、南半球が日本の慣習的な意味での冬至を迎える日は、本来の夏至である。

習俗[編集]

冬至にはカボチャの煮物を食べる風習がある。

日本には次のような風習がある。

星祭
天台宗真言宗の寺院で行われる「星供養」は、妙見系の神社等で行われる星祭(ほしまつり)とともに俗に「星祭」ともいわれる。各自の生まれ年の十二支に該当する当年星(北斗七星の7つの星が十二支のそれぞれに配当されている)を祀って、無病息災を祈る。
冬至風呂
この日は冬至風呂と称して柚子湯に入る。1838年(天保9年)の『東都歳時記』によれば流行し始めたのは江戸の銭湯からであるという[4]

またこの日には以下のものを飲食する風習がある。

冬至粥
冬至の日の朝に小豆粥を食す。これを冬至粥という。小豆粥には疫病にかからないという伝承があり[5]、あるいは体を暖めるためともいう。
冷酒
コンニャク
コンニャクを「体の砂払い」と称し、体内の悪いものを掃除するという。
「と」の付く食べ物[6]
冬至の「と」に因んで、とうなす(カボチャ)・唐辛子・ドジョウ・豚汁(または鶏肉か鶏卵)[7]。特にカボチャを食べる風習は全国に残っており、これを食べると中風にならず、あるいは長生きする[8][5]とも、栄養とるためともいう。

中国北方では餃子を、南方では湯圓(餡の入った団子をゆでたもの)を食べる習慣がある。 また、この日は家族団欒で過ごすという風習もある。

冬至(あるいは、冬至から翌日にかけて、冬至の直後、など)には、太陽の力が最も弱まった日を無事過ぎ去ったことを祝って、世界各地で冬至祭が祝われる。クリスマスも、イラン発祥のミトラ教の冬至祭儀やドイツ北欧のユール(キリスト教以前のゲルマン人の冬至祭)がキリスト教と混淆してできたものである。

朔旦冬至[編集]

古代には、冬至を1年の始まりとしていた。近世語で「唐の正月」というと冬至を意味するが、中国で冬至を元旦としたからである。その名残で、現在でも冬至は暦の基準となっている。中国や日本で採用されていた太陰太陽暦では、冬至を含む月を11月と定義しているが、19年に1度、冬至の日が11月1日となることがあり、これを朔旦冬至(さくたんとうじ)という[9]。太陰太陽暦では、19年間に7回の閏月を入れる(19年7閏)周期を「」と称し、古い章から新しい章への切り替えとなる年を新しい章の最初の年という意味で「章首」と呼んだ。章首の年にはまず前の章の締めくくりに当たる7番目の閏月を迎え、その後に到来するその年の冬至をもって新しい章の開始とされた。そして、その章首における冬至の日は必ず朔旦冬至となるように暦法が作られるのが原則とされていた。

朔旦冬至が正確に19年周期で訪れることは、19年7閏原則に基づくが正確に運用されているということである。暦の正確さは、政治が正しく行われていることの証(あかし)であるとして、朔旦冬至は盛大に祝われた。中国では古くから行われ、659年に偶々遣唐使の都・洛陽に滞在中で儀式への参加が許されている。日本では唐風儀式の取り入れに積極的であった桓武天皇784年に初めて儀式が行われた。なお、11月1日は元々翌年の暦を天皇に奏進する御暦奏も行われていたことから、非常に盛大な行事となった。

ただし、破章法を採用している暦では19年7閏が守られない場合があり、その場合新しい章の最初に朔旦冬至が到来するとは限らず、逆に章の途中で偶々朔旦冬至が到来してしまう事態(臨時朔旦冬至)も生じた。日本ではこのような状況を放置することは不祥として、暦を人為的に操作して朔旦冬至を到来させたり、回避させたりすること(「改暦」)が行われた。なお、後には章の最初以外の朔旦冬至も祝われるようになった。なお、1768年光格天皇の時に朔旦冬至の儀式が行われたのが最後であり、次の1870年の朔旦冬至の際に明治政府は古い因習として、以後こうした儀式は行わないこととした。

前回の朔旦冬至は1995年、直近の朔旦冬至は19年後の2014年、その次は38年後の2052年である。

旧暦2033年問題も参照。ただし2014年の19年後である2033年が朔旦冬至にならないのは旧暦2033年問題(暦月が決められない)のせいではなく、冬至を含む日と朔を含む日が一致しない(5時間差ながら日を跨いでしまう)ことが原因である)

七十二候[編集]

冬至の期間の七十二候は以下のとおり。

初候
乃東生(なつかれくさ しょうず) : 夏枯草が芽を出す(日本)
蚯蚓結(きゅういん むすぶ) : 蚯蚓が地中で塊となる(中国)
次候
麋角解(びかく げす) : 大鹿が角を落とす(日本)
麋角解(さわしかの つの おる) : 大鹿が角を落とす(中国)
末候
雪下出麦(ゆきわりて むぎ のびる) : 雪の下でが芽を出す(日本)
水泉動(すいせん うごく) : 地中で凍った泉が動き始める(中国)

前後の節気[編集]

大雪冬至小寒

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現代の天体力学による位置推算のため、過去の暦の記述とは必ずしも一致しない。また将来の見積もりも(主に閏秒の不確かさから)日付が前後する恐れがある。
  2. ^ JPL HORIZONS Web-Interface
  3. ^ NASA による ΔT の解説計算式
  4. ^ 新谷尚紀著『日本の「行事」と「食」のしきたり』青春出版社 p.75 2004年
  5. ^ a b 武光誠編著『日本のしきたり-開運の手引き』講談社 p.195 1994年
  6. ^ 異説として「ん」のつく食べ物だとして、なんきん(カボチャ)・れんこん・うどん等をあげる説もあるが、江戸時代の記録になく明治時代以降の風習とされる(新谷尚紀著『日本の「行事」と「食」のしきたり』青春出版社 p.74 2004年)。
  7. ^ これに上記の粥・酒・コンニャクを合わせて7品ともされる。
  8. ^ 落合敏監修 『食べ物と健康おもしろ雑学』 p.88 梧桐書院 1991年
  9. ^ 「年中行事事典」p519 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版

関連項目[編集]