出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十干
十二支

(うし、ちゅう)は十二支のひとつ。通常十二支の中で第2番目に数えられる。前は、次はである。

  • 丑年は、西暦を12で割って5が余る年となる。
  • 丑の月は旧暦12月(概ね新暦1月
  • 丑の刻は午前2時を中心とする約2時間。「丑三」(うしみつ)は、丑の刻を4分し、その第3に相当する時、すなわち、午前2時頃から午前2時30分頃までであり、俗に、草木も眠るとか、家の軒が3寸下るとかいい、魔物が跳梁するのにふさわしい時であると考えられた。
  • 丑の方は北北東よりやや南寄り(北東微北:北基準右廻り30°)の方角である。
  • 五行は水気
  • 陰陽は陰である。

漢書』律暦志によると「丑」は「紐」(ちゅう:「ひも」「からむ」の意味)で、種子の中に生じてまだ伸びることができない状態を表しているとされる。また、指をかぎ型に曲げて糸を撚ったり編んだりする象形ともされる。後に、覚え易くするために動物のが割り当てられた。

丑を含む干支[編集]

関連項目[編集]