伊舎那天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊舎那天(『図像抄』)

伊舎那天(いざなてん、いしゃなてん、Skt:Issaana)は仏教天部における天神の名である。欲界第六天他化自在天)の主。

概要[編集]

伊舎那天をあらわす梵字(種子)

種子(種字)はイ。十二天の一。『十二天供儀軌』、『大智度論』16などでは大自在天の異名ともされるが、これは混同されたもので実際はまったく異なる天神である。

密教胎蔵界曼荼羅では、外金剛院の上首に位する。

『壒嚢抄12』に「ある説には、第六の魔王(第六天は他化自在天といい、そこに天魔である波旬がいるとされる)とは伊舎那天の事なり、即ち伊佐那岐尊、これなり」とあり、北畠親房の『神皇正統記』によると「ある説にイザナギイザナミ梵語なり、伊舎那天伊舎那后なりともいう」とある。

なお、伊舎那后(いざなごう、Skt:Iissaana)は、伊舎那天の后妃である。『秘蔵記下』に「伊舎那天后。肉白色。持鉾。」、『胎蔵界曼陀羅鈔6』に委釈される。

形象[編集]

一面三目二臂の忿怒相、持物は右手に三叉戟、左手に杯で、牛に乗る姿につくられる。

関連項目[編集]