李克強

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李克強
李克强
Li Keqiang
Li Keqiang by Sebastian Derungs.jpg
李克強
生年月日 1955年7月1日(58歳)
出生地 中華人民共和国の旗安徽省定遠県
出身校 北京大学
所属政党 Flag of the Chinese Communist Party.svg 中国共産党

内閣 李克強内閣
任期 2013年3月15日 -
国家主席 習近平

中華人民共和国の旗 国務院常務副総理
内閣 第2次温家宝内閣
任期 2008年3月17日 - 2013年3月15日
国家主席 胡錦濤
テンプレートを表示
李克強
各種表記
繁体字 李克強
簡体字 李克强
拼音 Lǐ Kèqíang
和名表記: り こくきょう
発音転記: リー・クーチアン
英語名 Li Keqiang
テンプレートを表示

李 克強(り こくきょう、リー・クーチアン、1955年7月1日 - )は、中華人民共和国の政治家。第7代国務院総理首相)、第17期・第18期中国共産党中央政治局常務委員胡錦濤と同じく中国共産主義青年団(共青団)出身。習近平とともに、中国共産党第5世代の指導者の一人と目されている[1]

略歴[編集]

安徽省定遠県生まれ。胡錦濤とは、戸籍上は同郷人である[2]1974年3月から1978年3月にかけて安徽省鳳陽県大廟公社で労働に従事。この間の1976年5月、中国共産党に入党。同年11月より、大廟公社大廟生産大隊党支部書記を務める。文化大革命が終息した1970年代末に全国普通高等学校招生入学考試が復活すると、1978年3月、北京大学法律系(法学部)に入学する。在学中は全校学生会責任者を務めた。

1982年2月に大学を卒業し、法学学士号を修得。同月から翌年12月にかけて、北京大学共青団委員会書記・共青団中央常務委員・共青団中央学校部部長兼全国学校連合会秘書長を務めた。1983年12月、共青団中央書記処候補書記となり、1985年11月に共青団中央書記処書記に就任。李が共青団中央書記処入りしたこの時期、胡錦濤もまた先任の書記として在籍しており、1984年から1985年にかけて共青団中央書記処第一書記の地位にあった。李は1986年6月、全国青年連合会副主席を兼任。1988年9月から1994年12月にかけて、在職のまま北京大学経済学院経済学専攻大学院に学び、経済学修士号・博士号を修得する[3]。この間、1991年9月から11月にかけて中国共産党中央党校でも学ぶ。

1993年3月、共青団中央書記処第一書記に昇格し、中国青年政治学院院長を兼ねた。同月、安徽省代表として第8期全国人民代表大会常務委員会委員・全人代常務委員会代表資格審査委員会委員に選出される。その後、第9期(1998年 - 2003年)・第10期(2003年 - 2008年)・第11期(2008年 - )の全人代代表(議員)に選出される。

1997年9月の第15回党大会党中央委員に選出された李は、1998年6月、共青団中央書記処第一書記兼中国青年政治学院院長を退き、党務に転じて河南省に赴任し、河南省党委員会副書記に就任した。翌月には河南省副省長を兼任。その後、省長代理を経て、1999年2月には正式に河南省省長兼省党委副書記・省政府党組書記に就任した。2002年11月、第16回党大会で中央委員に再選。翌月、河南省党委書記に就任。2003年1月、兼任していた河南省省長を退任し、河南省人民代表大会常務委員会主任を新たに兼務する。次いで2004年12月、遼寧省党委書記に転じた。これに伴い、翌年1月に河南省人代常務委員会主任を辞任した。2005年2月27日、遼寧省人民代表大会常務委員会主任を兼務。

2007年10月の第17回党大会で中央委員に再選。10月22日の第17期党中央委員会第1回全体会議(第17期1中全会)で二段飛びの政治局常務委員に選出された。同様に政治局常務委員となった習近平とともに第18期以降を支える第5世代の核心と目されているが、胡錦濤が江沢民時代に就いていた中央書記処常務書記には習近平が任命され、李は国務院党組副書記・中央財経領導小組副組長として温家宝総理の補佐となったため、胡錦濤の後継者に一番近いのは習近平で、李は温家宝の後継と目された。2008年3月17日、第11期全国人民代表大会第1回会議において国務院常務副総理に任命された。

2012年11月15日、第18期1中全会で政治局常務委員に再選され、党内序列第2位となる[4]。同月21日、李は北京中南海で開催された改革開放に関する座談会を主宰し、「人民がさらに良い生活を送れるようにするためには、改革開放が必要だ」と述べ、多くの改革を進めれば既得権益層の打破などにつながると主張して、習李体制の10年間で改革を進める姿勢を示した[5]

2013年3月15日、李克強は第12期全人代第1回会議において国務院総理に選出された[6]。翌日には閣僚の任命が行われて、正式に李克強内閣が発足した[7]

人物像[編集]

部下を決して怒鳴りつけることはせず、公私で他人の悪口を言わず、周囲に常に笑顔を見せているという。共産主義青年団にいた頃は胡錦濤と行動をともにすることが多かった。胡錦濤は李克強の人柄を見込んで青年団書記候補に抜擢した。青年団時代の幹部によると、李克強は敵を作らない、という。学校部長であった頃にある部長との意見の相違で対立したことがあり、李克強が中央第一書記になると、その部長は報復を恐れていたが、ある日、李克強は彼を呼び寄せ、人事異動の際に彼の昇格を伝え、新しい官舎の鍵を渡したという[8]

脚注[編集]

  1. ^ 張丹紅 (2007年10月22日). “十七大閉幕:陳規俗矩下的依稀曙光(中国語)” (中国語). 德国之声. オリジナル2011年2月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110203145943/http://www.dw-world.de/dw/article/0,2144,2834764,00.html 2007年10月22日閲覧。 
  2. ^ 中国共産党の公式発表では、胡錦濤の出身地は「安徽省績渓県」であるが、本当は上海市の生まれである。
  3. ^ 高橋・21世紀中国総研(2009年)、730ページ。
  4. ^ 中国共産党第18期中央委員会第1回全体会議コミュニケ」人民網日本語版、2012年11月15日付配信記事(2012年11月29日閲覧)。
  5. ^ 中国新首相予定の李氏、『改革開放』決意を強調」『読売新聞』2012年11月23日付記事(2012年12月7日閲覧)。
  6. ^ 川越一「李克強氏を首相に選出 習・李体制本格始動」『産経新聞』2013年3月15日付記事(2013年3月17日閲覧)。
  7. ^ 川越一「中国新内閣が発足 新外相に元駐日大使の王毅氏」『産経新聞』2013年3月16日付記事(2013年3月17日閲覧)。
  8. ^ 『胡錦涛と現代中国』、247ページ。

参考文献[編集]

  • 高橋博・21世紀中国総研編『中国重要人物事典』(蒼蒼社、2009年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

中華人民共和国の旗中華人民共和国
先代:
温家宝
国務院総理
2013年 -
次代:
現職
先代:
呉儀
国務院常務副総理
2008年 - 2013年
次代:
張高麗
先代:
馬忠臣
河南省省長
1998年 - 2003年
次代:
李成玉
 Flag of the Chinese Communist Party.svg中国共産党
先代:
設置
中央国家安全委員会副主席
2014年 -
次代:
現職
先代:
聞世震
遼寧省党委書記
2004年 - 2007年
次代:
張文岳
先代:
陳奎元
河南省党委書記
2002年 - 2004年
次代:
徐光春
先代:
宋德福
中国共産主義青年団
第一書記
1993年 - 1998年
次代:
周強