趙紫陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
趙紫陽
赵紫阳
Zhao Ziyang
Zhao Ziyang 1984.jpg
趙紫陽(1984年)
生年月日 1919年10月17日
出生地 河南省滑県桑村郷趙庄
没年月日 2005年1月17日(満85歳没)
死没地 中華人民共和国の旗 北京市
所属政党 Flag of the Chinese Communist Party.svg 中国共産党
配偶者 梁伯琪
サイン Zhao Ziyang Sign.png

内閣 趙紫陽内閣
任期 1980年9月10日 - 1987年11月24日

中華人民共和国の旗 国務院副総理
内閣 華国鋒内閣
任期 1980年4月16日 - 1980年9月10日

任期 1988年4月 - 1989年6月30日

任期 1987年1月16日 - 1989年6月23日
1987年1月16日 - 1987年11月2日までは総書記代行

任期 1987年11月 - 1989年6月23日
テンプレートを表示
趙紫陽
各種表記
繁体字 趙紫陽
簡体字 赵紫阳
拼音 Zhào Zĭyáng
和名表記: ちょう しよう
発音転記: ヂャオ・ズーヤン
テンプレートを表示

趙 紫陽(ちょう しよう、ヂャオ・ズーヤン、1919年10月17日 - 2005年1月17日)は中華人民共和国の政治家。「第2世代」の政治指導者として国務院総理(首相)、中国共産党中央委員会総書記などを歴任。1989年天安門事件で失脚し、2005年に亡くなるまで軟禁生活を余儀なくされた。

生涯[編集]

共産党入党から最初の失脚まで[編集]

現在の河南省滑県桑村郷趙庄に生まれ育った。中国国民党率いる中華民国政府が中国大陸を統治していた1932年に、中国国民党と対立していた中国共産主義青年団に加入。日中戦争最中の1938年2月、中国共産党に入党した。

国共内戦終結後の1949年の中華人民共和国成立後、広東省党委員会第三書記などを歴任。大躍進などの失敗で、香港に逃げ込んだ人民に対し「自分たちが彼らを食べさせられないのだから仕方ない」と発言し、英国政府に送還された彼らを厳しく責めることはしなかった。農家を視察し、政策の失敗を目の当たりにしていたからである。農村における調整政策として三自一包などを実行し、広東経済は若干好転した。

1966年4月の第8期11中全会陶鋳が政治局常務委員に昇格し中央入りしたため、46歳と当時最年少で広東省党委第一書記に就任する。ところが陶鋳は間もなく鄧小平の代理として打倒され、趙紫陽も広東における陶鋳の代理人として批判を受け、失脚した。

中央への栄転[編集]

1971年に復権し、広東省省長、四川省省長・党委第一書記などを務めた。特に1975年から5年間、四川省党委第一書記時代に「四川経験」と呼ばれる経済改革を実施し、農家経営請負制を導入し、四川省では農業生産が飛躍的に向上した。万里が党委書記を務めていた安徽省と共に農村改革が進んでいたため、「米が食べたければ万里を探せ。メシが欲しければ、趙紫陽を探せ」という言葉までできて流行した。 これらの経済運営の実績を鄧小平に注目され、抜擢されることになる。

第10期中央委員、1977年8月の第11回党大会で中央政治局候補委員、1979年9月の第11期4中全会で政治局委員、1980年2月の第11期5中全会で政治局常務委員、4月には国務院副総理と着実に昇進を重ねる。

1980年9月の第5期全国人民代表大会第3回会議で、華国鋒に代わって国務院総理に就任。党総書記の胡耀邦とともに鄧小平を支える「車の両輪」と称せられた。鄧小平は天が落ちてきても2人が支えてくれると称し、当時の2人に対する信頼は大きなものがあった。1981年6月の第11期6中全会で党中央委員会副主席に選出される。

総書記就任[編集]

1987年1月の政治局拡大会議で、胡耀邦の解任を受け、総書記代行に就任。同年11月第13期1中全会で党総書記、党中央軍事委員会第一副主席に選出された。

「経済政策に専念していたかったが、他の誰かがやるよりは自分がやったほうがましだと思った」と後に回顧している。後任の総理には「自身より若い者」を指名すると記者団に明かした。当時趙紫陽より若い副総理は李鵬田紀雲の2人で、李鵬を指名することになった。本来は姚依林に任せたかったが、年齢を考え見送られた。

1988年夏、鄧小平が行った価格改革を契機にハイパーインフレが発生。趙紫陽はその責任を取り、総書記就任からわずか1年で経済政策を保守派の李鵬、姚依林に譲ることとなった。

民主化政策と天安門事件[編集]

1989年4月、北朝鮮を公式訪問中に留守を預かった李鵬や保守派の誇張された報告を信じた鄧小平が、『人民日報』に掲載させた「旗幟鮮明に動乱に反対せよ」(四・二六社説)で学生運動を動乱と表現したことに対して論調を和らげるよう主張し、帰国後から鄧小平や李鵬らと撤回、軌道修正を巡って論戦になった。

5月3日の五・四運動70周年記念式典では学生たちの愛国心を評価し、翌5月4日にはアジア開発銀行理事会総会で「学生たちの理にかなった要求を民主と法律を通じて満たさなければならない」「わが国の法制度の欠陥と民主的監察精度の不備が腐敗をはびこらせてしまった」などと演説した。後者は秘書でありブレーンの鮑彤が起草したもので、政治局常務委員会や党中央書記処に見せることなく発表した。北京市長(当時)の陳希同は5月8日の政治局常務委員会会議で四・二六社説の精神と一致しないと指摘したが、趙は「間違っていたら責任を取る」と反論した。

アジア開発銀行理事会総会における演説は政治局常務委員や長老の反応もまずまずであり、デモ沈静化に一定の効果もあった。15日にミハイル・ゴルバチョフの訪中を控えていたこともあり、鄧小平は趙紫陽の要求する四・二六社説の論調を和らげることを考え始めたが、5月12日には翌日から学生が絶食を始めることがわかり、趙の穏健戦略は事実上破綻した。10日の政治局会議で対話路線をスタートした矢先の出来事で、ゴルバチョフ訪中までに天安門広場の占拠をやめさせることはできなかった。

ゴルバチョフと会見に臨んだ趙紫陽は当日、人民大会堂での会見で記者を前に

“鄧小平同志從1978年十一届三中全会以来,是国内外公認的我們党的領袖。儘管在十三大根据他的請求,他退出了中央委員会,退出了政治和常委会,但是我們全黨都知道,我們離不開他,離不開他的智慧和經驗。因此,十三届一中全会郑重作出决定,在最重要的问题上,仍然需要邓小平同志掌舵。”

鄧小平同志は1978年の第11期3中全会より国内外が認める我々の党の指導者だ。第13回党大会における彼の要求に基づき、中央委員会、政治局と政治局常務委員会からは退いたが、我々全党は彼から、彼の知識と経験からは離れられないことを知っている。第13期一中全会では正式な決定を行っている。これは公布していないが重要な決定だ。つまり、我々は最も重要な問題において彼の操舵を必要とするというものだ。

と「最終決定権が鄧小平にある」ことを明かした。鄧小平に局面悪化の責任を負わせる意図があるとみられ、また周囲もそのように感じた。この発言で鄧小平と趙紫陽の関係は破綻した。16日夜の政治局常務委員会でも、趙紫陽は依然として四・二六社説の修正を主張したが、喬石、胡啓立ら趙紫陽に近い常務委員や楊尚昆、薄一波も難色を示した。

17日、朝から鄧小平の私邸で政治局常務委員会が開かれ、前日同様に常務委員5人と楊尚昆、薄一波の2人が出席したが、柔軟路線に賛成するものはおらず、鄧小平が北京に戒厳令を発令するよう提案した。常務委員会の採決では李鵬と姚依林が賛成、趙紫陽と胡啓立が反対し、喬石が棄権したため、鄧小平に委ねられた。趙は党中央を代表して学生たちに絶食を中止するよう求める文章を人民日報に掲載させたが効果はなかった。

18日、鄧小平が八大元老と辞意を示し、体調を崩した趙紫陽を除いた常務委員、洪学智劉華清秦基偉ら中央軍事委員会委員との会談で戒厳令発令を決定し、席上の趙紫陽に対する批判が相次いだ。19日午前4時、趙紫陽は天安門広場で絶食を続ける学生たちの前に向かい、「我々は来るのが遅すぎた。申し訳ない」と声を詰まらせながら約8分間、拡声器を手に学生たちに絶食をやめるよう呼びかけた。趙紫陽が公の場に姿を見せたのは、これが最後となった。午後10時から開かれた戒厳令を布告する大会には「体調不良のため」欠席した。

その後、6月3日から翌4日にかけて、デモ隊は武力弾圧された(第二次天安門事件)。

失脚と軟禁生活[編集]

6月23日、24日の両日に開催された第13期4中全会で、“動乱を支持し、党を分裂させた”趙紫陽は、党総書記就任直後から四つの基本原則から逸脱し、ブルジョア自由化に寛容だったとされて党の全職務を解任された。党籍のみ、そのままとされた。

自宅軟禁下に置かれたものの外出は比較的自由にでき、趣味のゴルフなどを楽しんでいたが、1997年9月、第15回党大会の主席団には天安門事件の再評価を求める書簡を送った後には、来客が追い返されたり外出を制限された。失脚直後から長年の友人である宗鳳鳴が度々気孔師として訪れ、談話をまとめた物が2007年に香港で出版されている。

一説には、鄧小平は「六四天安門事件で武力弾圧に反対した罪を認めるなら復帰を許す」という手紙を趙紫陽に3度送ったものの、趙紫陽は「反対は信念に基づいたもの」としていずれも拒否したと言われている。陳雲、李先念らが推薦した後継者の江沢民が右顧左眄する様子を見て失望したという。

死去[編集]

その後、呼吸器系統などの病気を患い、北京市内の病院に入院していたが、2005年1月17日午前7時1分(北京時間)病院で死去した。何度か香港紙で死亡説が流れたがその度に中央がデマであるとわざわざ取り消すほど気を使う人物でもあった。死の直前にも死亡説が香港紙から流れ、それを当局が打ち消している。

失脚の理由から、葬儀や埋葬の問題で遺族、党、長老との綱引きが見られたが、葬儀は党中央が主催し、八宝山に埋葬される事になった。新華社の死亡記事では直接経歴を触れておらず、ぼかした表現になっているが、外交部の孔泉報道官の言葉を借りれば「党内で結論が出ている」となり、現時点における再評価は考えられない。

※1989年5月19日に趙紫陽が学生に話した内容については、ウィキクォート参照のこと(中国語)

参考文献[編集]

  • 『趙紫陽 極秘回想録』趙紫陽、バオ・プー、ルネー・チアン、アディ・イグナシアス(著)、河野純治 (訳)、光文社、2010年1月、ISBN 4334962106
  • 『趙紫陽の夢みた中国』趙蔚(著)、玉華(訳)、徳間書店、1989年9月、ISBN 4195540283
  • 『北京迷走―鄧小平・胡耀邦・趙紫陽の軌跡』田所竹彦、亜紀書房、1989年10月、ISBN 475058911X
  • 『趙紫陽―中国共産党への遺言と「軟禁」15年余』宗鳳鳴(著)、高岡正展(訳)、2008年7月、ISBN 978-4828414416

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

中華人民共和国の旗中華人民共和国
先代:
華国鋒
国務院総理
1980年 - 1987年
次代:
李鵬
先代:
劉興元
四川省長
1975年10月 - 1980年3月
次代:
魯大東
先代:
丁盛
広東省長
1974年4月 - 1975年10月
次代:
韋国清
 Flag of the Chinese Communist Party.svg中国共産党
先代:
胡耀邦
中央委員会総書記
1987年 - 1989年
次代:
江沢民
先代:
劉興元
四川省党委第一書記
1975年10月 - 1980年3月
次代:
譚啓龍
先代:
陶鋳
広東省党委第一書記
1965年 - 1967年
次代:
劉興元