新浪微博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新浪微博
URL weibo.com
スローガン 随时随地分享身边的新鲜事儿
営利性 あり
タイプ ミニブログ
登録 必要
使用言語 中国語
運営者 新浪公司
設立日 2009年08月14日(5年前) (2009-08-14
新浪微博
中国語 新浪微博
英語
英語: Sina Microblog

新浪微博(シナウェイボー、NASDAQ: WB)とは、中華人民共和国新浪公司の運営するミニブログサイト。TwitterFacebookの要素を併せ持ち、中国全体のミニブログユーザーのうちの57%、投稿数にして87%を占める。現在、中国で最も人気のあるウェブサイトの一つ[1][2][3]。SINA Corporationは2009年8月に発足し、2012年12月時点で5億アカウントを超えるユーザーがいる。

日本ではFind Japan株式会社が2011年7月正式に新浪公司と契約締結をし新浪微博の日本国内での認証サービスを提供するオフィシャルパートナーとしてさまざまなサービスの促進を行っている。

サービス名の由来[編集]

微博とは、中国語でマイクロブログの意味である。よって、微博とは一般的なサービスの名称であり、他にも複数の微博と称するマイクロブログサービスが提供されている。しかしながら、中国内において、微博と言えば一般的に新浪微博を指す。[要出典]

歴史[編集]

2009年7月のウイグル騒乱後、中国共産党によって、当時運営されていた中国内のマイクロブログサービスの閉鎖が行われた。それに加え、ほとんどのTwitterFacebookに代表されるマイクロブログサービスへのアクセスが遮断された。この際に、新浪のCEOである曹国輝氏はこれらのアクセス遮断を好機と考え、独自にマイクロブログサービスを開発し、最初の新浪微博のテストバージョンを2009年8月14日に公開した。同年9月には、基本的な機能(メッセージ機能、プライベートメッセージ機能、コメント機能、返信機能)が実装されたバージョンが公開された。その後はユーザー数を順調に増やし、2010年12月には、アクセスの急増による障害が発生した。2011年3月には、登録ユーザー数が1億人を突破した。2012年12月末現在、新浪は登録ユーザー数が5億人を超えたと発表した。 2014年4月17日、米国のナスダック市場に上場。最大3億8000万ドルを調達する方針である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]