菅田将暉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
すだ まさき
菅田 将暉
生年月日 1993年2月21日(21歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府池田市
身長 176 cm[1]
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2009年 -
家族 父 母 弟2人
事務所 トップコート
公式サイト トップコートによる紹介ページ

菅田 将暉(すだ まさき、1993年2月21日 - )は、日本俳優大阪府池田市出身。トップコート所属。

来歴[編集]

2007年アミューズが行った「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが落選。

2008年、第21回ジュノンスーパーボーイコンテストでファイナリスト12人に選出される。このコンテストがきっかけで、トップコートに所属が決定した。

2009年、芸名が「菅田 将暉(すだ まさき)」と決まる。同年9月より、平成仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』にて仮面ライダーシリーズ最年少でフィリップ / 仮面ライダーW(声)役で連続テレビドラマ初出演・初主演を飾り、桐山漣とW主演を務め、放送開始前の8月に公開された『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で特別出演・声の出演のみながら映画初出演、12月に公開された『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』で映画初主演を務めた。

エピソード[編集]

  • 父は経営コンサルタント・放送ジャーナリストの菅生新[2]
  • 高校の春休みにさまざまなテレビ局や雑誌の編集部へマネージャーと共にあいさつ回りをするために東映本社を訪れた際、仮面ライダーのプロデューサーと偶然に出会い翌日にある仮面ライダーWのオーディションの誘いを受け、見事、桐山漣とともに平成11代目の主演ライダーの座を手に入れる。
  • ちなみに本人はこの作品で学んだことは、人生は面白いという事と年齢に関係なく人や友情の素晴らしさを知ったことだそうであり、菅田自身が俳優として得た最初のオーディションである。
  • Wでフィリップが単独変身することになった場合、劇中のファングメモリに愛着があるため「仮面ライダーファングをやりたい」と「仮面ライダーWリターンズ公式読本」などで度々語っている。
  • 学生時代には教師になろうと思っていたこともある。よくスカウトされており、大阪の梅田で2回同じスカウトマンに声をかけられることもあった。[3]
  • 2013年に主演した『共喰い』では第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した[4]
  • 部活動ではアメリカンフットボール部に所属していた。

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ネットムービー[編集]

Webドラマ[編集]

舞台[編集]

MV[編集]

ゲーム[編集]

雑誌[編集]

書籍[編集]

  • 1st写真集『スダマサキッス』(2010年7月23日)
  • 菅田将暉セカンド写真集 『DA-SU』(2011年7月1日)(主婦と生活社)
  • アーティストブック『20+1』(2014年2月21日)(ワニブックス)

脚注[編集]

  1. ^ 菅田将暉 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑
  2. ^ 男の履歴書 菅田将暉編|インライフ
  3. ^ INLIFE 有名人が語る男前の条件「菅田将暉」
  4. ^ a b 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月17日閲覧。
  5. ^ 「発表! 第81回ドラマアカデミー賞」、『週刊ザテレビジョン関西版』第20巻33号(2014年8月22日号)、KADOKAWA2014年8月22日、 22-26頁。
  6. ^ テレビドカッチ (2011年8月16日). “南沢奈央&菅田将暉が共演!『初恋の味』は1話1分で3夜連続放送の青春ラブコメディ”. 2014年5月25日閲覧。
  7. ^ モデルプレス (2014年4月13日). “菅田将暉、銀髪の“悪魔”に変身 嵐・大野智と意気投合”. 2014年5月25日閲覧。
  8. ^ 映画.com (2011年12月20日). “人気漫画「王様とボク」映画化 菅田将暉が主演デビュー”. 2014年5月25日閲覧。
  9. ^ コミックナタリー (2013年4月17日). “「男子高校生の日常」が実写映画化、3バカに菅田将暉ら”. 2014年5月25日閲覧。
  10. ^ 毎日新聞デジタル (2013年4月17日). “菅田将暉:「年々、欲深くなっている」 映画「そこのみにて光輝く」ほか出演作が目白押し”. 2014年5月25日閲覧。
  11. ^ 映画.com (2014年2月3日). “「闇金ウシジマくん Part2」に菅田将暉、窪田正孝、柳楽優弥ら旬の若手が参戦”. 2014年5月25日閲覧。
  12. ^ 映画.com (2013年10月10日). “森川葵&菅田将暉がペアルック 「チョコリエッタ」撮影風景を入手!”. 2014年5月25日閲覧。
  13. ^ コミックナタリー (2014年4月17日). “「海月姫」実写映画化!能年玲奈、菅田将暉、長谷川博己ら”. 2014年5月25日閲覧。
  14. ^ オリコンスタイル (2010年12月22日). “舞台版『タンブリング』続編決定! 菅田将暉が舞台初主演”. 2014年5月25日閲覧。
  15. ^ チケットぴあ (2014年5月22日). “表現者・菅田将暉が蜷川幸雄の舞台で新境地に挑む”. 2014年5月25日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ a b c 桐山漣とのW主演。
  2. ^ 吉本興業創立100周年特別企画 笑福亭仁鶴50周年記念ドラマ作品。
  3. ^ a b c d e f g h フィリップの声で出演。
  4. ^ 特別出演。
  5. ^ 桐山漣、井上正大とのトリプル主演。
  6. ^ 桐山漣とのW主演。一人二役。
  7. ^ a b 友情出演。
  8. ^ 森川葵とのW主演。
  9. ^ ライブラリ出演。ノンクレジット。

外部リンク[編集]