ふかわりょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふかわ りょう
本名 府川 亮(ふかわ りょう)
ニックネーム かまくら一番!、りょうパン、ロケ兄
生年月日 1974年8月19日(40歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市港北区
血液型 O型
身長 177cm
最終学歴 慶應義塾大学経済学部
出身 現事務所直入
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 1994年 -
現在の代表番組 5時に夢中!
ROCKETMAN SHOW
など
過去の代表番組 内村プロデュース
爆笑問題のバク天!
いきなり!黄金伝説。
音楽ば〜か
など
他の活動 クラブDJ
ミュージシャン
プロデューサー
以上「ROCKETMAN」「Ryo Fukawa」名義での活動
親族 原哲夫(従兄)
公式サイト 公式プロフィール

ふかわ りょう(本名:府川 亮(読み同じ)、1974年8月19日 - )は、日本お笑いタレント俳優エッセイストROCKETMAN(ロケットマン)名義でクラブDJミュージシャンプロデューサーとしても活動している。

神奈川県横浜市港北区出身。ワタナベエンターテインメント所属。従兄漫画家原哲夫がいる。

経歴[編集]

  • 國學院高校時代から芸人を志望しており、1994年にデビュー。当初は、長髪に白いヘアーバンドをトレードマークにした高学歴芸人として「小心者克服講座」「アルトリコーダーの組み立て方」「ピーターパンの血豆占い」等に見られるシュールな一言ネタ、自虐的な笑いで「シュールの貴公子」と称された。「小心者克服講座」ではBGM (DONNA McGHEE『MR.BLINDMAN』) にのせて、腰に手を当てて横揺れしながら「お前ん家の階段、急だな」「お前ん家、天井低くない?」「消しゴムの角使ったぐらいで怒るなよ」「お前何年耳鼻科通ってんだよ?」等、相手にちょっとしたダメージを与えるあるあるネタを発するというスタイルで人気を博した。
  • しかし、バラエティー番組出演の機会が増えるに連れ、当初のイメージとは裏腹に、いわゆる「リアクション系」「いじられ系」のキャラクターが次第に色濃くなっていき、持ちネタも共演者から「すべり芸」扱いされたり、「貴公子」というキャッチフレーズもいつの間にか「ポスト出川哲朗」という異名へと変貌してしまった。
  • すべり芸用の持ちギャグに「ティン!!」「コラー!」「カチーン」「シュワシュワ」「ニー」「ター!」などがある。
  • 5時に夢中!』では、余計な発言をして女性出演陣に突っ込まれる。

髪型[編集]

  • デビュー当初は上記の通り、長髪にヘアーバンドをしていたが、後に額と耳を覆い隠すマッシュルームカットになる。当時は、共演者からしばしば「ヘルメットを取れ」と弄られ、『内村プロデュース』(テレビ朝日系、以下『内P』)収録後の打ち上げの飲み会で「かまくら一番!」と命名されてからは、「かまくらカット」として定着していった(たまに「りょうパン」という愛称でも呼ばれていた)。また、『爆笑問題のバク天!』では、「茸」と弄られ、『クロノス』に出演した時は、ペアを組んだ岩佐真悠子から「ふかメット」と呼ばれていた。
  • 世界の果てまでイッテQ!』(2009年10月4日放送)の企画『世界の床屋さんでおまかせで頼むとどうなるの!?』でトルコの理髪店にてお任せで散髪し、短髪になった。その後、『イッテQ』(2010年10月10日放送)の企画『世界の床屋さんでおまかせパーマ』で、ベトナムにてパーマをかけてもらった。
  • 2012年4月に『5時に夢中!』の新MCとなってからは、スーツに合わせて、ストレートの長髪で真ん中か横分けのヘアスタイルになっている。

音楽活動[編集]

ROCKETMAN名義でのライヴ(2010年)

音楽活動を行う際は「ROCKETMAN」(ロケットマン)を名乗っている[1]

鼓笛隊の中太鼓を経て、慶應義塾大学ラテンアメリカ研究会(南米音楽サークル)に所属。

1998年に小西康陽(元ピチカート・ファイヴ)とユニットROCKETMANを結成。2000年よりROCKETMANはふかわのソロユニットに移行した。

2008年にはプロデュース業にも進出。アイドルユニット・COSMETICSにプロデューサーとして携った[2]

2010年4月、配信限定シングル「dancemusic」がiTunes Storeのダンスチャートにて1位を獲得し[3]、程なくiTunes Store全体の総合チャート1位を獲得した[4]。同曲は1週間にわたって総合チャート1位を記録した[5]

2010年8月にはソロユニット移行10周年を記念したベスト盤「thank you for the music!」を発表。従兄である原が裏ジャケットのイラストを担当した[6]

2013年7月、「Ryo Fukawa」名義でアルバム『Life Is Music』をリリースした[7]

人物[編集]

  • 『内村プロデュース DVD』特典映像のインタビューで内村は「(内Pは)ふかわが重要なポイント、皆の「当てどこ・クッション」になることで番組が成立している」と語り、対談相手だった高須光聖からは「ダウンタウン山崎邦正みたいな関係だね」と評している。また、次長課長河本準一は内Pに初出演した際の本番中ふかわに「内P見ていて、ふかわはつまんねぇと思ってたけど、あなた天才です」と語ったという[8]
  • ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系、2007年11月8日放送)において、「自分は『mixi』には参加しておらず、偽物が自分になりすましてコミュニティを形成している。」と発言した。自身のブログでも注意を呼びかけている[9]
  • 『オールスター感謝祭'99 超豪華!クイズ決定版 この春お待たせ特大号』では第6ピリオドでバスの中で25万円獲得した。
  • 趣味はアイスランド旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞、温泉。特技は、ピアノ。

出演[編集]

テレビ・ラジオ[編集]

DJ[編集]

  • 三宿・WEB「ROCKETMAN DELUXE」(第3金曜日)※ROCKETMAN名義

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

バラエティー番組[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

ミュージックビデオ[編集]

ディスコグラフィ[編集]

CD[編集]

「ふかわりょう」「Ryo Fukawa」名義
「ROCKETMAN」・「ロケットマン」名義
  • フライング・ロケットマン(日本コロムビア1998年11月21日)
  • ロケットマン・デラックス(日本コロムビア、2000年5月20日)
  • ピーナッツ』オリジナル・サウンドトラック(レントラックエンタテイメント2006年1月25日 ※梅堀淳とのダブルクレジット)
  • 愛と海と音楽と(コロムビアミュージックエンタテインメント、2006年8月2日)
  • THE SOUND OF MUSIQUE(コロムビアミュージックエンタテインメント、2007年5月9日)
  • LifegoesON 2.0(ビクターエンタテインメント、2009年11月4日(配信限定シングル))
  • dancemusic(ビクターエンタテインメント、2010年4月7日(配信限定シングル))
  • LOVE IS ALL II〜これからはじまるstory〜(ビクターエンタテインメント、2010年7月7日(配信限定アルバム)※「ROCKETMAN feat. COSMETICS」名義)
  • thank you for the music!(ビクターエンタテインメント、2010年8月4日)
  • HAPPY END OF THE WORLD(ビクターエンタテインメント、2010年10月27日(配信限定シングル))
  • LOVE DISCO(ビクターエンタテインメント、2011年7月21日(配信限定シングル)※「ROCKETMAN feat. トリンドル玲奈」名義)
  • それでも僕たちは生きてゆく(ビクターエンタテインメント、2011年10月12日(配信限定シングル)※「ROCKETMAN feat. 川嶋あい」名義)
  • とんだハッタリボーイ(ビクターエンタテインメント、2011年11月9日(配信限定シングル)※「ROCKETMAN feat. 初音ミク」名義)
『初音ミク DANCE REMIX Vol.1』にボーナストラックとして収録。

DVD[編集]

  • アーガイルの憂鬱 (アスミック) 2009年11月

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]