山口揚平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山口 揚平やまぐち ようへい1975年6月3日 -)は、コンサルタント思想家ファンダメンタル投資家作家企業家

人物[編集]

ブルー・マーリン・パートナーズ株式会社代表取締役。個人投資家応援サイト「シェアーズ」代表。 早稲田大学政治経済学部卒。東京大学大学院。トーマツコンサルティング、アーサーアンダーセンデロイトトーマツコンサルティングアビームM&Aコンサルティング シニア・ヴァイス・プレジデントを経て現職。 1999年より大手コンサルティング会社でM&Aに従事し、カネボウやダイエーなどの企業再生に携わった後、独立・起業した。企業の実態を可視化するサイト「シェアーズ」を運営し、証券会社や個人投資家に情報を提供、2010年に同事業を売却。コンサルティング会社をはじめ、複数の事業・会社を経営する傍ら、執筆・講演を行う。 慶應義塾高校講師。専門は貨幣論・情報化社会論。

著書[編集]

  • 『なぜか日本人が知らなかった新しい株の本』ランダムハウス講談社 2005年 (ISBN 9784270000816)
  • 『デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座』日本実業出版社 (2008/10/9) (ISBN 9784534044495)
  • 『世界を変える会社の創り方』ブルーマーリンパートナーズ (2008/6/9)[1]
  • 『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』アスキー・メディアワークス (2013/1/30) (ISBN 4048869507)
  • 『なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?』ダイヤモンド社 (2013/3/8) (ISBN 447801759X)

外部リンク[編集]