猿岩石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
猿岩石
メンバー 有吉弘行
森脇和成
別名 手裏剣トリオ
結成年 1994年
解散年 2004年
事務所 太田プロダクション
活動時期 1994年4月 - 2004年3月
過去の代表番組 進め!電波少年
受賞歴
1997年 第34回ゴールデン・アロー賞話題賞
1997年 第39回日本レコード大賞新人賞
1997年 全日本有線放送大賞新人賞
1997年 日本有線放送大賞新人賞 [1]
テンプレートを表示
猿岩石
基本情報
出身地 日本の旗 日本 広島県
ジャンル J-POP
活動期間 1996年12月 - 2004年3月
レーベル 日本コロムビア
事務所 太田プロダクション
メンバー
有吉弘行
森脇和成

猿岩石(さるがんせき)はかつて太田プロダクションに所属していたお笑いコンビ

グループ名の由来は、中学校時代の有吉と森脇それぞれの片思いの女の子のあだ名、「猿女房」「ほくろ岩石」の「猿」と「岩石」をくっつけて出来た。「猿女房」は「猿に似た男の子とつきあっていた」から、「ほくろ岩石」は「岩石みたいなほくろが顔にあった」からついたあだ名とされる[2]

メンバー[編集]

  • 有吉弘行(ありよし ひろいき)本名:同じ、1974年5月31日(40歳) - 、広島県出身。ボケ担当。
  • 森脇和成(もりわき かずなり)本名:同じ、1974年8月1日(40歳) - 、広島県出身。ツッコミ担当。

歴史[編集]

オール巨人に半年間弟子入りしていた有吉が巨人から謹慎を命じられ、広島の自宅に戻ったあと、1994年4月に結成。1994年6月、2人で揃って広島県からバスで上京。上京後は、しばらく文京区後楽園周辺で野宿をしていた。なお、この頃の生活の様子は、著書『猿岩石裏日記』で詳しく書かれている。実力はそれなりにあり、先輩からは面白かった(特に有吉) という声も聞かれた。

『進め!電波少年』ヒッチハイク時代[編集]

1996年4月、テレビ番組『進め!電波少年』の企画で「だまされて」香港に連れてこられた。それに先立ち、内容を明かされないまま行われたオーディションには、バナナマン劇団ひとり[3]らを含む多くの芸人が参加しており、最終選考にはTIMも残っていた[4]。香港で告げられたのは「イギリスまでヒッチハイクで行け」だった。そこから、旅が始まった。猿岩石は「最初は、『いつでもリタイアできる、所詮はTV企画』という甘えがあった」と語っている。この企画で『電波少年』の人気は持ち直し、2003年まで続く事になった。2人は1996年10月に無事ロンドンにゴールした。また、爆風スランプのボーカル、サンプラザ中野が歌った応援歌「旅人よ 〜The Longest Journey」も発売され、これが評判になった。さらに、ヒッチハイクの内実を記した書籍『猿岩石日記』もシリーズ累計で250万部のベストセラーになった。

その後、番組内のインタビューで「ロンドンに着いた後、スタッフから企画続行の選択をせまられ断った所、ものすごい形相で睨まれ、恐ろしかった。あの頃のスタッフは無理やりにでも企画を続行させようとしていた。」と語っている[5][注 1]

当時のギャラは給料制であった。しかし、印税などの収入があったため、月収が最高2,000万円だった[6]

帰国直後の人気絶頂時代[編集]

帰国後、人気者になっていた猿岩石はテレビその他に引っ張りだこになった。しかし、11月にバンコク(タイ)〜ヤンゴン(ミャンマー)間、ヤンゴンコルカタ(インド)間、テヘラン(イラン)〜アンカラ(トルコ)間の3ヶ所で飛行機に乗っていた事が発覚。日本テレビ側は「危険地帯であった」と釈明した。しかし、それまで飛行機に乗っていた件は全く公表されていなかったため、やらせではないかとの批判もあった。

12月、秋元康のプロデュースにより、藤井フミヤ藤井尚之兄弟提供の「白い雲のように」を発売する。ヒッチハイクを連想させる様な曲でミリオンセラーになり、1997年第39回日本レコード大賞の新人賞を受賞し、その後もヒット曲を連発。しかし、日本テレビの番組内でしかほとんど活動経験がない、という理由で紅白歌合戦には出場できなかった。

また、当時放送されており、事務所の先輩である松村邦洋がパーソナリティを担当していたラジオ番組、『松村邦洋のオールナイトニッポン』にもしばしば出演していた。

この頃、営業で学園祭を一緒に回ったバナナマンは、学園祭が終わり車で帰る際に猿岩石のファンが車の周囲に押し寄せて混乱することが予想されたため、ダミー車を出すことになったが、そのダミー車に乗ったのが当時知名度が低かった自分たちであったと語っている。後輩の影武者(明確には日村のみ先輩で、設楽は、猿岩石とは同期にあたる)をやらされるという大変屈辱的な出来事だったと告白している。また、先輩であり当時無名であったTKOが帰国後に祝杯のため猿岩石の楽屋に訪ねようとしたところ、有吉が「金を借りに来た」と勝手に勘違いし警備員に拒否するように頼んだとTKOと有吉が告白した。ただ、それが原因で不仲になるようなことはなく、当時も現在も仲が良いと双方が語っている[4]

テレビ出演ではネタを披露する機会がほとんどなかったので、ヒロミに「お前ら、ネタを1回もやらずにここまで登りつめた芸人も珍しいな。」、森脇健児には「こんなスターはもう出てこないよ。」と言われてしまったことがあった[7]

その後の猿岩石、そして解散へ[編集]

地元広島でのローカルタレント化[編集]

地元、広島の放送局中国放送1997年より放送が始まった『KEN-JIN』レギュラーとして出演。当初は全国レギュラーも多かったが、次第にレギュラーが少なくなり、結果として広島のローカルタレント化していった。この頃、それまで給料制だった給料が、歩合制に切り替えられたと解散後、有吉が語っている[4]

2000年頃には進研ゼミ中学講座の読者コーナーに連載も行っていた。

2001年3月に横山雄二アナと猿岩石で「KEN-JIN BAND」を結成。デビュー曲「Hungryman/dear」を発売した。その後もシングルを何枚か発売。猿岩石解散後は有吉と劇団ひとり、そして横山アナでバンドを続けた。

手裏剣トリオへの改名[編集]

2001年4月、フジテレビの「プレゼンタイガー」の企画で「手裏剣トリオ」に改名した。もう一つの案として「なうまんぞう」もあったが、自ら「手裏剣トリオ」を選んだ。その頃、「さまぁ〜ず」等、芸人の改名が多く、成功例も多かったが、猿岩石の場合は人気が出ずに同年の9月28日に「プレゼンタイガー」で「猿岩石への再改名」を宣言、「猿岩石」に戻った。

解散へ[編集]

2004年3月に有吉のお笑い芸人志向、森脇の役者音楽家実業家志向と方向性の違いにより解散した。

解散後のメンバーの動向[編集]

現在は解散しているが、その後も、数回共演している。

有吉弘行
解散後もピン芸人として活動。「一発屋芸人」であることを押し出した自虐ネタが多い。竜兵会のメンバーとしても活動している。2004年4月に「KEN-JIN BAND」の新曲「ロケット/働クオトコノウタ」をリリースした。2008年には辛口のあだ名をきっかけに、芸人として再ブレイクを果たし、現在はコンビ時代以上に多忙な芸人となっている。
森脇和成
2006年10月26日放送分『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』「元コンビ芸人」に出演し、実業家(株式会社スクラッチ専務)になっていたことを明かす。「白い雲のように」を歌ったが、それを観ていた有吉は「昔よりうまくなってる!」と語った(2012年3月発売のDVDではスタジオ裏における有吉との会話も収録されている)。2007年2月、家事手伝いの女性と結婚。しかし有吉をはじめ芸能関係者は結婚式や披露宴にはほとんど出席しなかったとされる。2008年11月にESPバイオテック・ラボ(株式会社スクラッチから社名変更)を退職。2011年10月1日現在、時計業界に在籍していることが同社社長のブログで明らかになっている[8]

賞など[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ
テレビドラマ
ラジオ

他多数

CD[編集]

猿岩石名義[編集]

シングル
  1. 白い雲のように(1996年12月21日)
  2. ツキ(1997年3月19日)
  3. コンビニ(1997年5月8日)
  4. 君の青空/声が聴こえる(1997年6月18日)- 猿岩石 with VERSUS名義。
  5. オエオエオ!(1997年9月3日)
  6. Christmas/少年の羽根(1997年11月5日)
  7. 君に会いに行こう(1998年2月4日)
  8. 昨日までの君を抱きしめて(1998年3月18日)
  9. 初恋(1998年6月24日)
  10. My Revolution(1999年1月1日)- 渡辺美里のカバー。
アルバム
  1. まぐれ(1997年9月3日)
  2. 通信簿〜SARUGANSEKI SINGLES〜(1998年4月1日)
  3. 1986(1999年2月20日)
  4. GOLDEN☆BEST 白い雲のように 猿岩石(2008年8月20日)

KEN-JIN BAND名義[編集]

シングル
  • Hungryman / dear
  • 虹 / 君の左手(2002年5月25日)
  • ロケット / 働クオトコノウタ(2004年6月16日)有吉のみ

出版物[編集]

  • 猿岩石日記Part1極限のアジア編―ユーラシア大陸横断ヒッチハイク
  • 猿岩石Part2怒濤のヨーロッパ編―ユーラシア大陸横断ヒッチハイク
  • 猿岩石裏日記―ユーラシア大陸横断ヒッチハイク 日本テレビ放送網 1996
  • 猿岩石サバイバルツアー 太田出版 1997
  • シェ猿岩石―猿岩石のおうち 小学館 1997
  • ル猿岩石―ラッキーモンキー 小学館 1997
  • 猿岩石写真日記“一生、遊んで暮らしたい” 角川書店 1997
  • 写真集「猿岩石」

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ もっとも、当時のプロデューサー土屋敏男によると、猿岩石のゴール時点で、次の旅を行うドロンズがスタンバイ済で、絶対日本行きを選ぶ前提で企画し、南北アメリカ大陸の旅を選んだ場合に少し困る状態であったと、2001年に出版した土屋自身の著『電波少年 最終回』155ページから158ページに、ネタ晴らしの形で記されている

出典[編集]

  1. ^ 有吉弘行”. 大田プロダクション. 2014年6月7日閲覧。
  2. ^ 「シェ猿岩石 猿岩石のおうち」1997年
  3. ^ 週刊文春』、文藝春秋、2010年2月、 pp.68。
  4. ^ a b c バナナマンのバナナムーン』2007年9月17日放送回
  5. ^ 「電波少年恥ずかしながら帰って参りました…終わったから言ってまえ 涙のゴールシーン&裏話&秘話」2003年3月1日放送
  6. ^ しゃべくり007」2009年3月30日放送
  7. ^ 神様!!BOMB!」1996年11月28日放送
  8. ^ ESPバイオテックラボ 八木聡 ブログです。2011年10月1日 元猿岩石 森脇和成 という男

参考書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]