チューヤン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チューヤン
プロフィール
出生: 1972年8月4日(42歳)
出身地: 香港の旗 香港
職業: タレント、グラフィックデザイナーラジオパーソナリティ
各種表記
繁体字 謝昭仁
簡体字 谢昭仁
拼音 Xiè zhāorén
テンプレートを表示

チューヤン(本名: 謝昭仁 Zhe6 Zhiu3yan4(チェ・チーウヤン)、1972年8月4日 - )は、香港グラフィックデザイナーラジオパーソナリティ1998年平成10年)から2005年(平成17年)2月までの間、日本タレント活動をしていた。当時の所属事務所はRING

来歴[編集]

香港での活動[編集]

1994年(平成6年)には新城ラジオ1996年(平成8年)には商業ラジオに入局。商業ラジオでは毎日「無字頭七八九」という番組を担当し、街頭インタビューや視聴者参加型のゲームを取り仕切っていた。

日本メディアでの活動[編集]

1998年(平成10年)、バラエティ番組進ぬ!電波少年』(日本テレビ)の企画で、伊藤高史と共にアフリカヨーロッパ大陸縦断のヒッチハイクに挑戦するパートナーのオーディションに参加。「自分の人生を変えたいんです」との言葉が決め手となり、100人以上の志願者の中から選ばれた。2人のチーム名は広東語で『友達』を意味する朋友(パンヤオ)と名づけられた。母語である広東語と第2言語である英語(第2言語だが、香港人であるため流暢である)を話し、ヒッチハイクでは彼の英語が多くの場面で役に立っていた。南アフリカ共和国喜望峰からノルウェースレットネス灯台まで、22,170km、290日に及ぶ大陸縦断ヒッチハイクに成功した。この企画でブレイクし、知名度も急速に上がっていった。

当初は日本語は全く理解しなかったが、旅の期間中に伊藤高史から少しずつ教わり、旅の終盤ではカタコトの日本語を話せるようになっていた。その広東語訛りの口調が魅力となり、日本での芸能活動の中で定着した。日本の漫画を日本語教材代わりにしており、特にあだち充のファンだった。

1999年(平成11年)1月、『進ぬ!電波少年』の司会者となり、番組の企画へも頻繁に参加させられた。また、『雷波少年』の企画「チューヤン・ジャパンツアー」も同時に行っていたため、日本全国を旅しながら司会の仕事のために東京までスタッフの手助けなしで戻る、という日々が続いた。

1999年(平成11年)4月にジャパンツアーが終了すると、それまで司会者のいなかった雷波少年の司会者に就任。その後ボツ企画となったが、ミッチー・サッチー騒動野村沙知代側の記者も経験する。同年10月からは「電波少年的80日間世界一周の旅」に真中瞳と共に挑戦し成功させた。

2000年(平成12年)、「プロ野球東京ドーム 巨人×中日」で、応援していた巨人の敗北を受け、「進ぬ!電波少年」の「アンコールワットへの道の舗装」企画への1か月の応援参加を任命される。これは本人の希望で2ヶ月に延長された。

また、「雷波少年系 後ろ楽しいガーデン」という後楽園ゆうえんちでの企画のプロデュースを任された。Something ELseにテーマ曲を依頼し、完成した「あいのうた」は後楽園ホールで披露された。

2005年(平成17年)2月、「父親の体調が良くないので、そばにいてあげたいと思った」として日本の芸能界引退した。引退して帰国する際、梨元勝成田空港で質問され、「勉強になったし、楽しかった」と語った。

芸能界引退後[編集]

2009年(平成21年)1月にプライベートで来日。松本明子土屋敏男(『電波少年』シリーズのプロデューサー)らと再会、第2日本テレビの番組『デジタルの根性』でのインタビューで芸能関係の仕事を一切辞め、香港の広告代理店でクリエイティブディレクターとして働いていることを告白した。

2009年(平成21年)11月、専門学校時代からの同級生と結婚。

2010年(平成22年)10月5日に放送された『超豪華!!スタア同窓会 ゲゲゲッ!の再会』に有吉弘行坂本ちゃん唐木恵子らとともに出演した。それ以後は日本のテレビ番組に稀に登場するようにもなる。

2014年(平成26年)1月27日放送『有吉ゼミ 2時間SP』の「あの人は今…食えているのか」のコーナーにVTRで出演。現在は広告ディレクターとして活躍し、年収60万香港ドル(約950万円)を稼いでおり、「ちょっと良い感じに食えている」と語った[1]

テレビドラマ他[編集]

映画[編集]

書籍[編集]

  • 『朋友―伊藤高史 謝昭仁』宮沢正明著 ルー出版 1998.12
  • 『チューヤン日本旅日記―朋友チューヤンJAPAN TOUR』謝昭仁著 日本テレビ放送網 1999.7

出典[編集]