土屋敏男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
つちや としお
土屋 敏男
生誕 1956年9月30日(58歳)
静岡県
出身校 静岡県立静岡高等学校一橋大学社会学部
職業 日本テレビプロデューサー
LIFE VIDEO社長
配偶者 あり
子供 1男1女
公式サイト
LIFE VIDEO
土屋敏男 (@TSUTIYA_ON_LINE) - Twitter

土屋 敏男(つちや としお、1956年(昭和31年)9月30日 - )は、日本のテレビプロデューサーである。日本テレビ放送網編成局専門局長、LIFE VIDEO株式会社代表取締役社長

バラエティ番組電波少年シリーズ』の「Tプロデューサー」、「T部長」などとして知られる。

人物[編集]

ハンドルネームドラゴン、愛称は苗字のツッチー、苗字のイニシャルを取ってT萩本欽一テリー伊藤を演出の師匠と呼んでいる。民放の場合「テレビで視聴率を稼ぐには馬鹿にどう見せるかを考える」必要があると語っている[1]

経歴[編集]

生い立ち
警察官の二男として生まれる。小学校時代にプロ野球選手、中学校時代に古典落語家、高校時代に新聞記者志すが全て挫折し、大学時代からテレビマン志望となった[2]
日本テレビ
1979年、日本テレビに入社。ワイドショーの現場を経て、バラエティ番組制作に携わるようになった。編成部長(2001年7月 - 2003年7月)、メディアコンテンツ部局次長(2003年8月 - 2006年、途中より第2日本テレビ編集長を兼務)、編成局デジタルコンテンツセンターエグゼクティブディレクター(2006年-2010年5月)、編成局エグゼクティブディレクター・プロデューサー(2010年6月-2012年5月)を経て、現職。
社外では、日本テレビと日テレアックスオンが設立した新会社のLIFE VIDEO代表取締役社長(2012年7月2日-)[3]

私生活[編集]

既婚であり、長男・達彦(1983年4月9日 - )と長女・美沙生(1987年12月16日 - )がいる。長男の達彦はカナダサイモンフレーザー大学卒業後吉本興業に入社し、現在は同社子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー社員(東京本部勤務)である。

担当番組[編集]

ディレクター[編集]

編成担当[編集]

演出・プロデューサー[編集]

第2日本テレビ[編集]

エグゼクティブディレクター[編集]

LIFE VIDEO[編集]

  • 社長になりたい!あなたの社長力テスト(BS日テレ 2013年8月25日)
  • 100時間うらどりプレス(Youtube、2013年9月18日 - 2013年9月23日)

その他の活動[編集]

公式ホームページの総合演出を担当(第2日本テレビ担当のため)。企画進行中に編成局EDに復帰したため、ゴール生放送特番の総合演出を担当した。
  • 水道橋博士のメルマ旬報「ライフテレビ」[4] 寄稿(2014年8月25日 - )

エピソード[編集]

  • 1985年にスタートした「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」では、当時まだ若手といえる立場にありながら、演出に抜擢される。この番組でテリー伊藤(総合演出)と出会い、バラエティ番組にドキュメンタリー風の味付けをする演出手法を習得。
  • 土屋は東京本格進出前のダウンタウンの東京での世話人で、他局の仕事の送り迎えもしていた。「笑っていいとも!」や「夢で逢えたら」の収録現場に日本テレビの社員にも関わらず潜入。フジテレビ側にはマネージャーと勘違いされていた。
  • とんねるずの日テレ新番組交渉をする際、「ねるとん紅鯨団」のロケ現場をテリー伊藤から聞き出し2年間に渡り同行、収録終了後にゲリラ的に交渉した。その後「生ダラ」のサブプロデューサー・演出に就任、編成担当から番組制作に復帰。
  • メインプロデューサー兼演出を担当した「進め!電波少年」や、「雷波少年」では、「Tプロデューサー」や「T部長」として、『インペリアル・マーチ』をBGMに、「Tプロデューサー」時代は革ジャンを着て、「T部長」時代はブロンド美人秘書を従えスーツを着て、いずれも後ろ姿で番組に登場。なるべく顔は映らないようにしていたが、顔にモザイクをかけるなどの処理は一切なし。また「朋友」として「アフリカ・ヨーロッパ縦断ヒッチハイク」に参加した伊藤高史は出演終了後、同曲に怯えるようになり、しばらくトラウマになったと証言している。電波少年では同僚でCPの吉川圭三と共にアイマスク、ヘッドフォンを無名芸能人に付けさせてその挑戦させる場所へ連れて行く手法(脱走しない様にスタッフが手錠を付けた説もある)や好評だった懸賞生活やスワンボートの旅がせっかくゴールしたのに企画をエスカレートしてさらに続行させた事で、「無名芸能人の挑戦」路線を続けさせるなど、冷酷な一面を見せていた。ただし、スワンボートの場合は第1弾で東京での到着が遅れてしまったペナルティで仙台に行かせた。
  • 2000年末の年またぎ番組で、21世紀を迎えるカウントダウンを2分間フライングする「演出」をして、視聴者から顰蹙を買う。
  • ほぼ日刊イトイ新聞」で糸井重里と対談。「おもしろ魂。」という対談集連載もした。
  • 「進め!電波少年」でフジテレビ在籍時の横澤彪にアポなしロケを行い、横澤の吉本興業への移籍を祝った。後に横澤とは講演会やフォーラム等で共演を果たしており、2011年の横澤の逝去時にはツイッタ―で故人を偲んだ。
  • 編成部長時代の2001年に『おはよう日本』の視聴率上昇の影響を受けて、朝時間帯の大改革として、『ズームイン!!SUPER』をスタートされた。
  • 横澤の部下であり、フジテレビエグゼクティブディレクター三宅恵介とは、萩本欽一と師弟関係であるという共通点があり、古くから親交がある。三宅とはフジテレビの特番「悪いのはみんな萩本欽一である」(2010年3月17日放送)でテレビ初共演を果たした。なお、「ほぼ日刊イトイ新聞」など、テレビ以外のメディアで対談を行った事は過去にもある。
  • 業界内の正直な意見として「実は、ぼくら地上波のテレビをやっている人たちは、視聴者を信じていないんですよ。見ている人のことを、かなりモノがわからない人だと想定して、その人たちにどう見せるかと工夫しているんです。ものすごく悪い言い方をすると、もう『馬鹿にどう見せるか』と、みんな絶対にクチには出さないけれども、どこかの所ではみんながそう思っているようなフシがありますね」と述べている[5]
  • 2009年(平成21年)1月21日放映のデジタルの根性千原ジュニアによるドッキリ企画として有吉弘行と再会。打ち合わせの際、「言ってみれば、有吉と僕は電波少年を作り上げた同士の様なもの。10年ぶりとはいえ、会ったら『土屋さん!お久しぶりです!』ってハグぐらいはしてくるはず」と語った。しかし実際は有吉は「えっ、えっ、今度はどこへ連れて行かれるんですか!?」と怯え通しで、有吉曰く「滅茶苦茶トラウマになっている」。有吉が帰った後、ジュニアに「ハグ?同士?どこがやねん!!」とツッコまれた。番組内で有吉から「出たがりブタ野郎」というあだ名をつけられる。
  • 元フジテレビアナウンサーで女優山村美智は大学時代からの友人であり、この縁で山村は当時フジテレビの局アナという立場ながら、日本テレビ社員である土屋の結婚式の司会を土屋の日本テレビの同期である白岩裕之アナウンサー(現フォアキャスト・コミュニケーションズ代表取締役社長)と共に務めている。
  • 日本テレビアナウンサー小熊美香の高校時代の恩師と従兄弟関係にある[6]
  • 24時間テレビ 「愛は地球を救う」
  • 2014年3月31日の有吉反省会2時間スペシャルに反省人として出演し前述のデジタルの根性や後述のゼロテレビの様に有吉を巻き込もうとするが、有吉より言い渡された土屋自身の禊として日本縦断ヒッチハイクを決行。有吉弘行いわく『20年越しの仕返し』との事。
  • 2014年7月28日、『SKE48 エビショー!』番組終盤に臨時講師として登場し、松村香織と谷真理佳にアイマスクとヘッドフォンを装着させ、宗谷岬へ連れ去った。前述の有吉反省会での日本縦断ヒッチハイクの土屋自身の禊を実行させる為、谷や松村をヒッチハイクの旅に同行させた[7]

他局出演[編集]

著書[編集]

  • 電波少年最終回(日本テレビ放送網,2001年)
  • 一歩60cmで地球を廻れ 間寛平だけが無謀な夢を実現できる理由(共著:比企啓之,ワニプラス,2009年)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]