静岡県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Shizuoka Prefecture.svg 静岡県の行政官庁
静岡県警察
Asahikage.svg
Shizuoka Prefectural Government Office 20090401.jpg
静岡県警察本部が設置されている静岡県庁舎別館(右)
役職
本部長 島根悟(警視監
警務部長 岡本安志(警視正
組織
上部組織 静岡県公安委員会
内部組織 総務部警務部
生活安全部地域部
刑事部組織犯罪対策局交通部警備部
概要
所在地 静岡県静岡市葵区追手町9番6号 静岡県庁別館
北緯34度58分37秒
東経138度23分01秒
定員 6,888人[1]
年間予算 76,666百万円(公安委員会)[2](2011年度)
設置 1954年7月1日
前身 国家地方警察静岡県本部
ウェブサイト
静岡県警察
テンプレートを表示

静岡県警察(しずおかけんけいさつ、英語: Shizuoka Prefectural Police)は、静岡県が設置した警察組織であり、静岡県内を管轄区域とし、静岡県警と略称する。静岡県公安委員会の管理を受けるが、給与支払者は静岡県知事である。警察庁関東管区警察局の監督を受ける。本部所在地は静岡市葵区追手町9-6(静岡県庁別館)。

沿革[編集]

昭和[編集]

平成[編集]

  • 1990年(平成2年)4月1日 - 浜北警察署を設置。(28署→29署)
  • 1992年(平成4年)8月1日 - 静岡運転免許センターは土曜日の免許更新業務を中止、日曜日のみ免許更新を実施。
  • 1993年(平成5年)
  • 1994年(平成6年)
  • 1996年(平成8年)3月25日 - 県本部庁舎(県庁別館)竣工、5月21日業務開始式、5月30日竣工式。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 榛原警察署を牧之原警察署へ改称。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 水窪警察署を廃止、管轄区域を天竜警察署へ統合。(29署→28署)
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 蒲原警察署を廃止、管轄区域を富士警察署と清水警察署に分割。(28署→27署)
  • 2010年(平成22年) 3月23日- 新居警察署を湖西警察署へ改称。
  • 2011年(平成23年)
    • 4月1日 - 袋井警察署を設置。森警察署を廃止、管轄区域を袋井警察署へ統合。
    • 8月1日 - 静岡県暴力団排除条例を施行。
  • 2012年(平成24年)4月14日 - 新東名高速道路県内一部区間開通に伴い、高速道路交通警察隊新静岡長泉浜北の各分駐隊を設置。
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 松崎警察署を廃止、管轄区域を下田警察署へ統合。(27署→26署)
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 裾野警察署を設置。(26署→27署)

               

人員・装備[編集]

県警ヘリ「ふじ2号」(ユーロコプターAS365N1ドーファン2)

静岡県警察の公表値(2012年4月1日現在)[3]

組織[編集]

本部[編集]

大規模警察本部であり、本部長は警視監

  • 総務部
    • 総務課
    • 広報課
    • 会計課
    • 情報管理課
    • 留置管理課
  • 警務部
    • 警務課
    • 厚生課
    • 教養課
    • 監察課
    • 警察相談課
  • 生活安全部
    • 生活安全企画課
    • 少年課
    • 生活経済課
    • 保安課
  • 地域部
    • 地域課
    • 通信指令課
    • 自動車警ら隊
      • 隊本部・直轄隊(静岡市清水区)
      • 西部支隊(磐田市)
      • 東部支隊(沼津市)
    • 鉄道警察隊
      • 隊本部・直轄隊(静岡市葵区)
      • 浜松分駐隊(浜松市中区)
      • 沼津分駐隊(沼津市)-三島駅連絡所(三島市)
  • 刑事部
    • 刑事企画課
      • 街頭犯罪捜査隊・特捜イーグル
    • 捜査第一課
    • 捜査第二課
    • 捜査第三課
    • 鑑識課
    • 科学捜査研究所
    • 機動捜査隊
      • 隊本部・直轄隊(静岡市清水区)
      • 西部支隊(磐田市)
      • 東部支隊(沼津市)
  • 組織犯罪対策局
    • 組織犯罪対策課
    • 捜査第四課
    • 薬物銃器対策課
    • 国際捜査課
  • 交通部
    • 交通企画課
    • 交通指導課
    • 交通規制課
    • 運転免許課
      • 中部運転免許センター(静岡市葵区)
      • 西部運転免許センター(浜松市浜北区)
      • 東部運転免許センター(沼津市)
    • 運転者教育課
    • 交通機動隊
      • 隊本部・直轄隊(静岡市清水区)
      • 西部支隊(磐田市)
      • 東部支隊(沼津市)
    • 高速道路交通警察隊
      • 隊本部・直轄隊(静岡市駿河区)
      • 新静岡分駐隊(静岡市葵区)
      • 浜松分駐隊(浜松市東区)
      • 浜北分駐隊(浜松市浜北区)
      • 沼津分駐隊(沼津市)
      • 長泉分駐隊(長泉町)
  • 警備部

市警察部組織[編集]

県内の各政令指定都市に、市警察部を設置している。

警察学校[編集]

警察署[編集]

以下の27警察署がある。市町村合併等に絡み、警察署の再編が進行中である。 ※警察車両ナンバー地名は伊豆地域が「伊豆」、沼津市周辺地域が「沼津」、富士山南麓地域が「富士山」(山梨県富士山北麓地域と共通)、中部地域が「静岡」、西部地域が「浜松」となる。

地域 警察署名称 所在地 管轄区域
伊豆 伊豆 下田 下田警察署 下田市東中 下田市賀茂郡河津町東伊豆町南伊豆町松崎町西伊豆町
熱海 伊東警察署 伊東市竹の台 伊東市
熱海警察署 熱海市福道町 熱海市
東部 大仁警察署 伊豆の国市大仁 伊豆の国市伊豆市
三島警察署 三島市谷田 三島市田方郡函南町
沼津 東部 沼津警察署 沼津市平町 沼津市駿東郡清水町
裾野警察署 裾野市平松 駿東郡長泉町
富士山 裾野市
御殿場警察署 御殿場市北久原 御殿場市駿東郡小山町
富士 富士警察署 富士市八代町 富士市
富士宮警察署 富士宮市城北町 富士宮市
静岡 中部 静岡 清水警察署 静岡市清水区天王南 静岡市清水区
静岡中央警察署 静岡市葵区追手町 静岡市葵区
静岡南警察署 静岡市駿河区富士見台 静岡市駿河区
藤枝 藤枝警察署 藤枝市緑町 藤枝市
焼津警察署 焼津市道原 焼津市
島田警察署 島田市向谷元町 島田市静岡空港を除く)、榛原郡川根本町
牧之原警察署 牧之原市細江 牧之原市島田市静岡空港)、榛原郡吉田町
浜松 西部 東遠 菊川警察署 菊川市加茂 菊川市御前崎市
掛川警察署 掛川市宮脇 掛川市
袋井警察署 袋井市新屋二丁目 袋井市周智郡森町
磐田警察署 磐田市一言 磐田市
北遠 天竜警察署 浜松市天竜区二俣町阿蔵 浜松市天竜区
浜松 浜松中央警察署 浜松市中区住吉五丁目 浜松市中区(江東地区を除く)・西区
浜松東警察署 浜松市中区相生町 浜松市中区(江東地区)・東区南区
浜北警察署 浜松市浜北区小松 浜松市浜北区
細江警察署 浜松市北区細江町気賀 浜松市北区
湖西警察署 湖西市新居町新居 湖西市

警察署の再編[編集]

市町村合併により警察署の管轄が市町村の境界と合致しなくなっていることや、サービスの向上を目的として、警察署の再編が推進されている。以下は静岡県警察本部が「警察署再編整備計画[4]」として2005年(平成17年)11月30日に発表した内容であり、公表後に合併により地名が変わっているところがある。警察署の再編計画が発表された2005年(平成17年)時点で29あった警察署は、蒲原・森・水窪・松崎署の分庁舎化と袋井・裾野署の新設によって、2013年(平成25年)現在で27署となっている。今後、浜松西署が新設され28署体制となる予定である。

警察署の新設[編集]

以下の3警察署を早期新設すること。2013年(平成25年)現在、袋井・裾野警察署が新設されている。

警察署の統廃合・分庁舎化[編集]

以下の4警察署を分庁舎とすること。

管轄区域の変更[編集]

以下のように警察署の管轄区域を変更すること。すべて変更済。

名称の変更[編集]

以下のように警察署名称を変更すること。2012年(平成24年)現在、榛原・新居署のみ変更済。

  • 榛原町相良町が合併して牧之原市となったため、榛原警察署を「牧之原警察署」に名称変更。管轄区域は牧之原市吉田町。2006年(平成18年)4月変更。
  • 浜北警察署・細江警察署・天竜警察署は、浜松市が政令指定都市に移行に伴う行政区の名称決定に合わせ、変更を検討する。
  • 新居町が湖西市に編入し、管轄区域が湖西市のみとなったため、新居警察署を「湖西警察署」に名称変更。2010年(平成22年)3月に変更。

歴代本部長[編集]

氏名 在任期間 前職 後職
宮脇磊介 1983年(昭和58年)
- 1985年(昭和60年)
警察大学副校長 皇宮警察本部長
古山剛 1985年(昭和60年)
- 1987年(昭和62年)
警察庁刑事局保安部防犯課長 東北管区警察局長
福永英男 1987年(昭和62年)
- 1989年(平成1年)
大阪府警察本部警務部長 神奈川県警察本部長
桑田錬造 1989年(平成1年)
- 1991年平成3年)
大阪府警察本部総務部長 北海道警察本部長
清島博生 1991年(平成3年)
- 1992年(平成4年)
警察庁長官官房審議官(刑事局担当) 東北管区警察局長
大山克己 1992年(平成4年)
- 1993年(平成5年)
警察大学校警務教養部長 公安調査庁調査第一部長
泉幸伸 1993年(平成5年)
- 1995年(平成7年)
警察庁長官官房審議官(刑事局保安部担当) 警察大学副校長
金重凱之 1995年(平成7年)
- 1997年(平成9年)
内閣総理大臣秘書官(細川、羽田、村山首相) 警察庁長官官房総務審議官
吉原丈司 1997年(平成9年)
- 1998年(平成10年)
九州管区警察局総務部長 中国管区警察局長
小林武仁 1998年(平成10年)
- 2000年(平成12年)
警察庁警備局警備企画課長 警察庁長官官房審議官(警備局担当)
知念良博 2000年(平成12年)
- 2002年(平成14年)
警察庁生活安全局生活安全企画課長 警察庁長官官房審議官(刑事局担当兼金融・不良債権関連事犯担当)
水田竜二 2002年(平成14年)
- 2004年(平成16年)
公安調査庁調査第一部長 退職
高石和夫 2004年(平成16年)
- 2006年(平成18年)
警察庁警備局警備企画課長 警視庁公安部長
五十嵐邦雄 2006年(平成18年)
- 2007年(平成19年)
警察庁警備局警備企画課長 警察庁長官官房審議官(警備局担当)
原田宗宏 2007年(平成19年)
- 2010年(平成22年)
皇宮警察本部警務部長 警察大学校国際警察センター所長
安村隆司 2010年(平成22年)
- 2011年(平成23年)
警察大学校警務教養部長兼教授 公安調査庁調査第一部長
繁田誠 2011年(平成23年)
- 2013年(平成25年)
内閣官房内閣審議官=内閣情報調査室 内閣官房内閣審議官=内閣情報調査室
島根悟 2013年(平成25年)
-
警察庁刑事局刑事企画課長

マスコットキャラクター[編集]

マスコットキャラクターは、サッカーボールをモチーフにした「エスピーくん」。名前は「Shizuoka Police」の頭文字SPから。誕生日はキャラクターの制定された1996年(平成8年)5月21日

機動隊部隊マーク[編集]

  • 関東管区機動隊(赤ダイヤ)
    • 三つ葉葵に静

信号機の傾向[編集]

メーカーとしては小糸工業製が最も多く次いで日本信号製となっており、京三製作所信号電材松下通信工業(現パナソニック モバイルコミュニケーションズ)製の信号機は比較的少ない(一部の地域では日本信号製の信号機が多い所もあるが、静岡県内は小糸工業の工場が設置されている影響で小糸工業製の信号機は県内どこの市町村でもほぼ必ず見かける)。ちなみに、同県では星和電機や三協高分子製の信号機の設置は全く無い。歩行者用信号機の庇はほぼ全てがノーマル庇で、愛知県や東京都で見られる様な庇が下向きの歩行者用信号機は設置されていない。[要出典]LED式信号機への更新は近隣の東京神奈川愛知などと比較しても、又、全国の中でもかなり遅れを取っていて[5]、これ迄は静岡市浜松市等主要な都市の中心部や、国道1号(特に浜松バイパス静清バイパス)や国道246号等交通量の多い国道交差点の国道側、郊外や市町村では事故が多発している様な交差点のみ、など限定的に導入が進められてきており、2008年前半辺り迄は電球式の新設・更新も多く、LED式信号機の設置はあまり積極的とはいえなかったが、2008年後半辺りから郊外や市町村にもLED式信号機への新設・更新に切り替わってきている(国道側のみLEDで設置しているパターンは神奈川県にも見られるが、最近は静岡県内も両方向ともLEDで設置している交差点も増えてきている。最近のパターンでは車両用信号機をLEDに変更すると共に歩行者用信号もLEDに変更されている)[6]。但し、県内では薄型のLED式信号機は比較的少なく、従来型のLED式信号機を中心に設置しており、薄型より薄い「超薄型」信号機(所謂フラット型)の設置も2010年代に入ってから漸く設置されている[7]。LED式信号機への更新も小糸工業製が一番多い。尚、LED信号機は樹脂製の信号機は設置されていない。薄型のLED信号機は主に日本信号や信号電材製に見られるが、最近では小糸工業製の薄型LED信号機が増えてきている。LED式の矢印信号はこれまでも結構積極的に設置している。LED式の矢印信号は他府県では2列配列が殆どだが、静岡県では主に3列配列のLED式矢印信号が設置されている。

なお、同県では信号機を新設・更新する際には警察署名・施行年月(例・「平成○年○月 新設」)・施行業者の名前が刻まれた金色のラベルを信号柱に取り付けている。

最近の主な事件・不祥事[編集]

  • ヘリ墜落事故 ‐2005年 5月3日、静岡市清水区の住宅街に県警のヘリ「ふじ1号」が墜落し、警察官と操縦士らが死亡した。
  • 警察不正経理問題(裏金問題)
  • 2012年3月、磐田署の当時の署長が、署員3名が起こした窃盗事件を立件せず、隠蔽していた疑いが強まり、県警は同月2日にこの署長を警務部付に異動させた[8]
  • 2012年6月19日、静岡中央署の男性警部補が、自動車自転車との接触事故の処理の際、事故の目撃者の男性の携帯電話番号を、男性に無断で事故の当事者らに伝えていたことが判明した。県警は、この警部補の行為が、地方公務員法における守秘義務違反に相当する可能性があるとして調査中[9]
  • 2012年8月23日、静岡南署の30歳代の男性巡査が、静岡市駿河区内で発生した器物損壊事件の現場に向かう途中で、公園で少女が襲われているとの内容の虚偽の110番通報を行った。同署は、当該の巡査の携帯電話に返信したところ、巡査が虚偽の110番をしていたことが明らかになった。県警は同年11月22日に、この巡査を軽犯罪法違反容疑で静岡地検書類送検した上、減給10分の1とした[10]
  • 2012年11月2日、清水署の防犯指導担当の津谷剛司警部補が、JR静岡駅構内に於いて女子高校生のスカートの中を盗撮した容疑で逮捕された[11]
  • 2013年8月、三島市東町の市道交差点で現場に向かっていたパトカー2台が出合い頭に衝突し、はずみでパトカー1台が民家に突入、住宅の基礎部分を破壊[12]
  • 2013年8月、磐田署地域課の男性巡査部長が、拳銃を個人ロッカーに置き忘れる。別の署員が署内保管庫に拳銃がないことに気付き発覚[13]
  • 2013年11月、沼津署の30歳代男性警部補、同署の30歳代男性巡査部長、県警本部の30歳代男性巡査部長の計3人が、部下の巡査長と巡査に対し「ばか、辞めろ、かす」などと暴言を吐き、打撲や左耳の鼓膜を破るなどの暴行をくわえ、「罰金」と称して金銭を搾取するなどしたとして書類送検。警部補を停職一ヶ月、巡査部長2人を減給六ヶ月(10分の1)の懲戒処分とし、事件を隠蔽し報告を怠ったとして、当時同署の課長だった県警本部の50歳代の警部を本部長訓戒処分とした[14]
  • 2014年1月、磐田署で薬物捜査を担当する40代の男性警部補が、帰宅途中に小袋に入れて持っていた脱法ハーブとみられる植物片を吸引し、意識が無くなり道端で倒れ、居合わせた通行人の119番通報により、磐田市内の病院に救急搬送される[15]
  • 2014年2月、静岡県警交通機動隊東部支隊の40代の警部補、30代の巡査部長をはじめ警察署員計9名が、20代の新人巡査に対し「無料通信アプリLINEの招待を断った」などと因縁をつけ執務室で腕立て伏せ120回を強要し、懇親会で「反応が面白かった」と、コンロで熱したトングを右腕に押しつけたり、鍋料理の具を顔に押しつけ火傷を負わせ、署内でもライターの着火装置を放電させながら巡査の体に押し当てたりと勤務時間中にも制裁行為を繰り返していたとして懲戒処分。監察課は「被害者の巡査に処罰感情はない」とし、傷害罪での立件は見送るも、パワハラを主導した警部補と巡査部長は同日付で依願退職[16]

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 静岡県警察史編さん委員会 『静岡県警察史 下巻』 静岡県警察本部、1979年 全国書誌番号:79022084
  • 静岡県警察史編さん委員会 『静岡県警察史 自昭和50年 至平成12年』 静岡県警察本部、2002年 全国書誌番号:20295601

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 静岡県地方警察職員定数条例の一部を改正する条例 (平成23年静岡県条例第6号)
  2. ^ 静岡県 平成23年度当初予算案概要
  3. ^ 静岡県警察. “静岡県警察のご案内 > 数字で見る静岡県警察 - 静岡県警察”. 2011年4月7日閲覧。
  4. ^ 静岡県警察. “警察署再編整備計画〜治安回復を目指して〜”. 2011年4月7日閲覧。
  5. ^ 2011年10月の調査によると静岡県内はLED信号機の普及ワースト2位との事である。
  6. ^ 尚、2010年現在、新設の方はほぼLED式信号機に切り替わっているが、更新は部分的な交換は未だに電球式で更新している所もある。
  7. ^ 2010年現在、フラット型のLED信号機は静岡市内と御殿場市で確認されている。又、LED信号機への更新は2010年現在ではむしろ薄型の方を積極的に導入している事も多くなっている。
  8. ^ 静岡県警:3警官窃盗など署長が隠蔽情報 異動発令 毎日新聞 2012年3月3日
  9. ^ 警部補無断で事故当事者に目撃者の携帯番号教える スポーツニッポン 2012年7月19日
  10. ^ 書類送検:巡査がうその110番「書類作成面倒で」 静岡 毎日新聞 2012年11月22日
  11. ^ 防犯指導担当の警部補に盗撮容疑 静岡駅、現行犯逮捕 福井新聞 2012年11月3日
  12. ^ パトカー同士が衝突 交通事故現場に急行中 静岡・三島MSN産経ニュース 2013年08月10日
  13. ^ 拳銃置き忘れ:磐田署巡査部長、署内ロッカーに半日 /静岡毎日新聞2013年9月27日
  14. ^ 部下平手打ち、鼓膜破る=警部補ら3人書類送検-静岡県警時事ドットコム 2013年11月28日
  15. ^ 薬物捜査の警官、脱法ハーブ吸い運転か 「興味本位で」朝日新聞デジタル 2014年02月28日
  16. ^ パワハラ、顔に熱い豆腐 静岡県警が5人を懲戒MSN産経ニュース 2014年01月23日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]