テレビ信州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テレビ信州
英名 TV Shinshu
Broadcasting Co., Ltd.
放送対象地域 長野県
ニュース系列 NNN
番組供給系列 NNS
略称 TSB
愛称 テレビ信州
呼出符号 JONI-DTV
呼出名称 テレビしんしゅう
(デジタルテレビジョン)
開局日 1980年10月1日
本社 〒380-8555
長野県長野市若里一丁目1-1
演奏所 本社と同じ
リモコンキーID 4
デジタル親局 長野 14ch
アナログ親局 長野 30ch
ガイドチャンネル 30ch
公式サイト http://www.tsb.jp/
テンプレートを表示
テレビ信州本社(旧放送センター)
テレビ信州松本支社(旧本社)

株式会社テレビ信州(テレビしんしゅう、TV Shinshu Broadcasting Co., Ltd.)は、長野県放送対象地域としてテレビジョン放送をする特定地上基幹放送事業者である。 略称はTSB

株式会社テレビ信州
TV Shinshu Broadcasting Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 TSB
本社所在地 380-8555
長野県長野市若里一丁目1番1号
設立 1979年12月3日
業種 放送法に基づくテレビジョン放送事業
代表者 代表取締役社長 辻尚平
資本金 12億円
売上高 51億3,400万円(2013年3月期)
従業員数 80名(2013年7月末現在)
主要株主 日本テレビホールディングス株式会社
株式会社読売新聞東京本社
アルピコホールディングス株式会社 他
主要子会社 株式会社テレビ信州エンタープライズ
外部リンク http://www.tsb.jp/
テンプレートを表示

概要[編集]

長野県で3番目に開局した日本テレビ系列の民放テレビ局。局名に旧国名の「信州」が含まれており、このような例は全国でも少ない[1]。社名に「テレビ」を含んでいる放送局も、長野県内ではここだけである。コールサインJONI-DTV

開局から2007年9月までは本社が松本市にあり長野市には演奏所となる放送センターが置かれ、県内の放送局では唯一、「本社」と「演奏所」が分離していた(大半の放送業務は長野市の放送センターから行っていた)が、2007年10月より本社機能も長野市の放送センター内に移転した。なお、松本市の旧本社は現在「松本支社」となっている。

アルピコグループと関係が深い。また、信濃毎日新聞の資本も入っている。ほかに、NNN系列であるため日本テレビと読売新聞、さらにクロスネット時代の名残で朝日新聞テレビ朝日の資本も入っている。設立当初の発起人には当時の読売新聞名誉会長だった務臺光雄(長野県出身)も名を連ねていた。

局のマスコットキャラクターとして現在は、2001年元旦より登場した"マイチャン。"(参考リンク)を採用している。"マイチャン。"は、"銀河系のあっち、ほのぼの星"から来た宇宙人という設定である。

事業所[編集]

本社・演奏所
支社
  • 長野支社:本社に同じ
  • 松本支社:松本市丸の内4番18号
  • 東京支社:東京都中央区銀座五丁目5番7号 ニューギンザビル6号館4階
  • 大阪支社:大阪市北区梅田二丁目1番24号 新桜橋ビルディング5階
  • 名古屋支社:名古屋市中区錦三丁目24番17号 日本生命栄町ビル8階
支局
  • 上田支局:上田市中央二丁目8番11号 伊藤ビル4階
  • 諏訪支局:諏訪市大手二丁目17番16号 信濃ビル2階
  • 飯田支局:飯田市鼎一色410番地 マクロマックス21.2階

沿革[編集]

  • 1979年12月3日 創立。初代社長に小林司郎が就任。
  • 1980年9月24日 サービス放送(TSBではこれを「試験放送」として、同社の広告・新聞等に記していた)を開始。
  • 1980年10月1日 長野県3番目の民放テレビ局として開局。
    • この日から、信濃毎日新聞での番組表が本掲載となる。
    • 当初はNNNとANN5:5のクロスネットだった(※開局から1991年3月31日までのニュースローテーションは朝NNN→昼ANN→夕方ANN→夜NNNだった)。
    • 開局時のキャラクターは"ヒカル"と"ミドリ"。イメージソング"テレビ信州の歌"の題名は"みつめあえばそこに"。
    • 開局当日、「NNN朝のニュース」(開局時最初の日本テレビ系列の番組)、「ズームイン!!朝!」、「モーニングショー」(同様、最初のテレビ朝日系列の番組・『溝口泰男~』時代)に於いて、長野市にある同社放送センターから全国へ生中継を行う。
  • 1980年10月4日 開局記念番組として、「特別座談会『テレビ信州に望む』」(14時から放送)、「集まれワッショイ!!お祭りひろば」(15時から松本市より放送、司会は押阪忍)を放送する。※いずれも生放送番組だった。
  • 1980年10月5日 開局記念番組として、「松本・長野二元ディスカッション『ザ・テレビジョン、そしてその未来』」を放送する(司会は伊丹十三)。※こちらも同じく生放送番組だった。
  • 1987年10月1日 テレビ朝日初のゴールデンタイム時間帯の平日ニュース番組「ニュースシャトル」(19:20から40分間の番組)が同年10月19日から放送開始するのに伴い、編成の一部を変更。ゴールデンタイムの約7割がテレビ朝日系列の番組となる。
※この編成に対し視聴者からの不満が同社に殺到。長野県内での視聴率が最下位に転落した。また、全国的な視聴率も、この辺りからテレビ朝日は低下し、日本テレビは上昇傾向となった。
  • 1989年4月3日 前記の「ニュースシャトル」の放送時間が、夕方の18時からの50分間の番組に変更。これに伴い、ゴールデンタイムの日本テレビ系とテレビ朝日系の番組比率が、同番組開始以前の5:5に戻る。
  • 1991年3月31日 翌日の長野朝日放送(ANN・テレビ朝日フルネット局)開局に伴い、この日の「日曜洋画劇場」の同時ネットを最後に、テレビ朝日系列の番組が姿を消す。
  • 1991年4月1日 この日の長野朝日放送開局に伴い、ANNを脱退。これによりTSBは、同日開局した長崎国際テレビと共に、日本テレビ・NNNのフルネット局となり、同時にNNSに正式加盟する。
  • 2001年1月1日 局の新キャラクターとして「マイチャン。」が登場する。
  • 2004年8月3日未明 地上デジタル放送に備え、美ヶ原親局のアンテナを、今までのアナログ放送用のもの(重量5トン)から、アナログ・デジタル放送共用のもの(重量7トン)に交換。
  • 2005年6月10日 - 地上デジタル放送の予備免許を取得(長野のNHK、他の民放テレビ3局も同時に取得)。[2]
  • 2005年10月1日
    • 開局25周年を迎える。
    • 美ヶ原送信所から、地上デジタル放送の試験電波を発射する(地デジ送信機は東芝製)。
  • 2006年1月 AスタジオHD化。
  • 2006年7月1日 善光寺平中継局を含む6中継局から、地上デジタル放送試験電波発射開始。
  • 2006年7月10日 デジタルマスターへ更新(パナソニック製)。これに伴い、地上デジタル放送のサイマル試験放送を開始する。
  • 2006年9月25日 - 地上デジタル放送の本免許を取得(長野の他の民放テレビ3局も同日に取得)。[3]
  • 2006年10月1日 AM4:55(JST)を起として地上デジタル放送本放送開始(コールサインはJONI-DTV、チャンネルはリモコンキーID4)。初放送番組は『あさ天一番!』。
  • 2007年10月1日 本社を松本市から長野市に移転したことにより、演奏所と本社の分離が解消される。
  • 2014年 - 2014年度上半期の長野県内での民放テレビの視聴率に於いて、全日、ゴールデン、プライム、プライム2の全時間帯の平均視聴率のトップを記録し、4冠(パーフェクト)を返り咲き。

ネットワークの移り変わり[編集]

  • 1980年10月1日 日本テレビ・テレビ朝日のクロスネット局として開局。ニュースネットワークはNNN・ANNに加盟。
    • この時点でのニュースローテーションは朝NNN→昼ANN→夕方ANN→夜NNNであった。
  • 1984年10月1日 長野放送に一部ネットされていたテレビ朝日系列の番組が移行。
  • 1991年4月1日 長野朝日放送の開局によりテレビ朝日系番組が姿を消す。ANNを脱退。昼と夕方のニュースネットもNNNに変更。信越放送が一部ネットしていた日本テレビ系の番組が移行され、日本テレビマストバイ化完了。

主なテレビ信州制作番組[編集]

※HD はハイビジョン制作

  • 情報ワイド ゆうがたGet!(月曜~金曜 16:30-17:53)※HD
  • TSB NEWS 報道ゲンバ(月曜~金曜 18:15-19:00)※HD
  • Fresh(月・火・水11:25-11:30、木・金11:20-11:25)※HD
  • 奥さまはホームドクター(月曜~金曜 15:50-15:55)※HD
  • 素敵にコンシェルジュ(木曜 24:38-24:53)※HD
  • 市民ロータリーまつもと(土曜 10:25-10:30)
  • TSBスペシャル(月1回土曜 時間未定)※HD
  • ふれ愛ながの(土曜 16:55-17:00)※HD
  • 美味しさへの旅(日曜 17:25-17:30)※HD
  • TSBナイトライン(日曜 25:20-25:50)※HD

※現在放送中並びに過去に放送された全番組及び、編成に関する事項はテレビ信州番組一覧を参照。

アナウンサー[編集]

男性[編集]

女性[編集]

元アナウンサー[編集]

テレビチャンネル[編集]

親局 美ヶ原 14ch 1kwリモコンキーID4

  • 高遠 29ch
    日本テレビ系列のリモコンキーID地図
  • 上松 14ch
  • 辰野 29ch
  • 大岡西 22ch
  • 麻績 49ch
  • 戸隠陣場平 22ch
  • 倉本 48ch
  • 八千穂 14ch
  • 富士見 14ch
  • 牟礼 39ch
  • 信州新町 39ch
  • 坂城 22ch
  • 望月 48ch
  • 南牧 31ch
  • 中条 39ch
  • 駒ヶ根中沢 29ch
  • 飯田阿智 29ch
  • 飯田川路 32ch
  • 白樺湖 22ch
  • 飯山愛宕 22ch
  • 飯山奈良沢 22ch
  • 山ノ内湯ノ原 29ch
  • 西裾花台 22ch
  • 長野西 19ch

アナログ放送[編集]

2011年7月24日停波時点

親局

中継局

北信

  • 飯山 43ch
  • 飯山愛宕 60ch
  • 飯山奈良沢 48ch
  • 山ノ内 6ch (VHF局)
  • 山ノ内湯ノ原 61ch
  • 牟礼 60ch
  • 須坂東 59ch
  • 須坂南原 47ch
  • 若穂 60ch
  • 善光寺平 40ch
  • 長野西 41ch
  • 長野西条 41ch
  • 長野松代 51ch
  • 鬼無里 49ch
  • 戸隠陣場平 40ch
  • 中条 59ch
  • 小川瀬戸川 60ch
  • 信州新町 43ch
  • 大岡西 23ch
  • 更埴 52ch
  • 戸倉上山田 59ch

東信・中信・木曽

  • 真田 42ch
  • 軽井沢 53ch
  • 望月 60ch
  • 望月城山 41ch
  • 佐久 34ch
  • 八千穂 60ch
  • 小谷 40ch
  • 白馬 49ch
  • 大町 60ch
  • 麻績 45ch
  • 本城乱橋 59ch
  • 明科 34ch
  • 松本 48ch
  • 塩尻東 29ch
  • 開田末川 58ch
  • 開田西野 26ch
  • 木曽 43ch
  • 木曽杭ノ原 58ch
  • 上松 49ch
  • 倉本 29ch
  • 大桑 39ch
  • 南木曽 42ch

南信

  • 白樺湖 62ch
  • 車山 48ch
  • 岡谷川岸 56ch
  • 岡谷諏訪 59ch
  • 富士見 24ch
  • 富士見瀬沢 48ch
  • 辰野 32ch
  • 高遠 43ch
  • 伊那 59ch
  • 伊那野底 49ch
  • 駒ヶ根中沢 60ch
  • 中川小和田 58ch
  • 中川田島 58ch
  • 飯田 42ch
  • 飯田川路 58ch
  • 飯田阿智 59ch
  • 阿南 23ch
  • 阿南北条 62ch


情報カメラ設置ポイント[編集]

●…ハイビジョンカメラ

オープニング&クロージング映像[編集]

同局では緊急時を除いて終夜放送は行っていない。 アナログ放送のみオープニング前・クロージング後に「地上アナログ放送終了告知画面」(30秒、ナレーション付き)を放送していた(アナウンスは稲葉陽子アナ)。

オープニング

  • 初代:長野の人々と風景(開局~1991年)
    • 開局5周年時(1985年)は、最後に出てくるマークが当時のマーク(正式な社紋)ではなく、開局5周年時のマークだった(放送終了映像でも同様)。ナレーションは開局当時は女性アナ、後期は今村正大元アナ。
  • 2代目:県内各地の四季の風景(1991年~2005年9月30日)
    • 映像は1ヶ月ごと変更。初期は今村正大元アナ、最終期のナレーションは伊東陽司アナ。
  • 3代目:美ヶ原送信所と日の出(2005年10月1日~2007年3月31日)
    • 現在のナレーションは伊東陽司アナ。冒頭で「おはようございます。さわやかにお目覚めでしょうか?」とコメントが入り、コールサイン表示後、中継局一覧のロールスーパー(デジタル放送も中継局一覧のスーパーを除けばほぼ同一)。
  • 4代目:美ヶ原(2007年4月1日~2010年3月)【ハイビジョン製作】
  • 5代目:四季の映像(2010年4月~)【ハイビジョン製作】
    • 開局30周年に合わせての変更である。

クロージング

  • 初代:夜の善光寺の風景と長野駅前の夜景(開局~1991年頃)ナレーションは開局当時は女性アナ、後期は今村正大元アナ。
  • 2代目:夜の松本城の風景と松本市の夜景(1991年頃~2000年12月31日)ナレーションは同じ今村正大元アナ(後期は伊東陽司アナ)だが、クロージング終了後のブラックアウト時に、ステレオ音声設定時のみ右チャンネルから「JONI-TAM、JONI-TAM。こちらはTSBテレビジョン、音声多重放送です」の音声が入った。
  • 3代目:長野オリンピックスタジアム (2001年1月1日~2004年12月31日)
    • 夜景をパックに長野オリンピックスタジアムの映像。ナレーションは伊東陽司アナ。
  • 4代目:松本情報カメラからの松本城の夜景(2005年1月1日~2007年3月31日)
    • 25周年記念のBGMはJAZZ調で、編曲・演奏は原朋直。ナレーションはOPと同じ。冒頭で「火の元、戸締まりはお済みでしょうか?」とコメントが入り、コールサイン表示後はOPと同様。(デジタル放送も中継局一覧のスーパーを除けばほぼ同一)。
  • 5代目:美ヶ原(2007年4月1日~2010年3月)【ハイビジョン製作】
    • この代よりOPと共用になった。冒頭の台詞も「今日も1日、テレビ信州の番組をご覧頂きありがとうございました。」に変更。コールサイン表示後はOPと同様。現在のナレーションはOPと同じ。
  • 5代目:四季の映像(2010年4月~)【ハイビジョン製作】
    • こちらもOPと共用されている。

共にBGMは「みつめあえばそこに」(オープニングはおはようTSB、クロージングはおやすみTSB)。

テレビ信州の歌[編集]

テレビ信州ではイメージソング(社歌)として『みつめあえばそこに』を制定、開局時に発表した。

詳しくは当該記事を参照のこと。

番組編成について[編集]

  • 深夜~早朝の終夜放送(多くのNNN系列局で放送されている「日テレNEWS24」などのフィラー)は中継局が多いことや、県自体山が多い体質で雪対策に枠を当てているため(放送事故を防止するため)、海外スポーツ中継などの特別編成時や越年時や国政選挙・災害時等を除き、現在では行っていない。過去に2004年4月 - 2006年10月および2007年4月 - 2011年3月は『ニュース朝いち430』→『Oha!4 NEWS LIVE』のCS再送信ネットを定時放送としてフルもしくは飛び降りネットで行っていた。2011年4月に『Oha!4 NEWS LIVE』の2部制移行および番販・ラインネットパート(第2部:5:20 - 5:50)が出来たことにより、現在では第2部のみネットをしている。
  • 平日昼から午後にかけての時間帯(11:55 - 19:00)は、自社制作の夕方ワイド番組などを含め、全て生放送の情報番組を編成しており(「ヒルナンデス!」・「情報ライブ ミヤネ屋」・「ゆうがたGet!」・「news every.」・「TSB NEWS 報道ゲンバ」)、突発的な事件・事故にもすぐ対応出来るようになっている。また、このような編成を組んでいるNNN系列局も少なくない。
  • 2009年3月30日 - 2010年4月2日(一部祝祭日及び特別編成時は休止)の月曜日から金曜日までは平日17:20 - 17:50(2010年3月29日 - 4月2日は15:55 - 16:25)にかけて新たにアニメらんど枠を設けた。同枠では、2009年3月30日 - 2010年3月30日の月曜日から木曜日(10月2日は金曜日まで)まで『名探偵コナン』を第1話 - 第237話(30分枠物)までを再放送し、2009年10月9日 - 2010年4月2日の毎週金曜日(2010年3月31日 - 4月2日は連続放送)に『犬夜叉 完結編』を放送した。

緊急地震速報[編集]

  • 緊急地震速報は、長野県内で震度5弱以上の揺れか観測される可能性がある時のみ、日テレの緊急地震速報の音を2回流した後、「緊急地震速報です。強い揺れに警戒して下さい。身の安全を図って下さい。」が2回繰り返される。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 他の都道府県では、沖縄県の琉球放送琉球朝日放送がある。過去には愛媛県あいテレビ(TBS系)が開局当初の社名を「伊予テレビ」としていた。
  2. ^ この日は、長野県を含む全国のNHKの地方局13局と、全国の地方民放40局が同時に予備免許を取得した。インプレス社AV Watch 2005年6月9日付記事
  3. ^ 総務省信越総合通信局報道資料 平成18年9月20日付

外部リンク[編集]

過去