美ヶ原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美ヶ原
IGP1134 1.jpg
美ヶ原・牛伏山展望台(2008年9月撮影)
標高 王ヶ頭2034.34 m
所在地 長野県松本市上田市
小県郡長和町
位置 北緯36度13分32.8685秒
東経138度6分26.7915秒
種類 火山
美ヶ原の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
王ヶ鼻(松本市内から・2002年10月撮影)
美ヶ原山頂
美ヶ原頂上 王ヶ頭の碑

美ヶ原(うつくしがはら)は、八ヶ岳中信高原国定公園北西部にあり、長野県松本市上田市小県郡長和町にまたがる高原日本百名山の一つ。

概要[編集]

フォッサマグナ西縁近くに噴出した第四紀火山である。

かつては楯状火山とその溶岩台地と考えられてきたが、現在は安山岩質の組成を持つ火山の浸食地形と解釈されるようになった。最高峰は、王ヶ頭(2,034m)。他に、王ヶ鼻(2,008m)、茶臼山(2,006m)、牛伏山(1,990m)、鹿伏山(1,977m)、武石峰(1,973m)といったピークがある。山頂付近は平坦な台地状の地形で、美ヶ原牧場と呼ばれる放牧地となっている。

長野県のほぼ中央に位置し、県内の広範囲を見渡す事ができる。 この事から、長野県の放送局(NHKSBCNBSTSBabnFM長野)の送信所のほか、NTT国土交通省長野県防災行政無線、などの中継所中部電力のマイクロ波反射板などが建てられており、放送通信の要衝となっている。

開発の歴史[編集]

古来、松本周辺の人々によって東山または王ヶ鼻と呼称されてきた。美ヶ原という呼称が定着したのは、1921年大正10年)に木暮理太郎が、日本山岳会の会報『山岳』に登山の記録を載せてからである。

山頂付近は、平安時代より放牧地として利用されてきた。江戸時代には、御嶽山が展望できることから、御嶽教山岳信仰の山ともなった。王が鼻に並ぶ神像群はいずれも御嶽山の方角を向いており、御嶽教の信仰の対象である。

  • 1909年明治42年) - 美ヶ原牧場が開かれ、本格的な牧場として利用が始まった。
  • 1930年昭和5年) - 頂上に山本小屋が開業し、多くの登山者が訪れるようになった。
  • 1954年(昭和29年) - 美ヶ原のシンボルとなっている「美しの塔」が、遭難防止のための道標および避難所として建設された。
  • 1957年(昭和32年) - 山頂までの林道が開通し、頂上付近までバスが運行されNHKとSBCのアンテナが王ヶ頭に建設された。
  • 1981年(昭和56年) - ビーナスラインが開通し美ヶ原高原美術館が開館して、車で手軽に行ける観光地となった。

観光[編集]

  • 高原散策(美ヶ原自然保護センター-王ヶ頭-塩くれ場-高原美術館)
散策路は、高原上の牧場の中を通る未舗装の車道であるが、一般車の通行は規制されている。徒歩2時間程度のコースである。初夏のレンゲツツジ、晩夏のマツムシソウを代表として、様々な種類の花が6~9月頃には沿道に咲きみだれる。
  • 美しの塔
美ヶ原高原にある塔。1954年(昭和29年)に霧鐘塔(霧で視界が悪い時に登山者のために鳴らす鐘の塔)として建てられた。現在の塔は1984年(昭和59年)に再建されたもので、高原のシンボルとなっている。美ヶ原産の鉄平石でできた高さ6メートルの塔で中は避難場所となっている。塔には尾崎喜八の詩集『高原詩抄』に掲載された詩「美ヶ原溶岩台地」が刻まれている。毎年4月25日に塔の前で開山祭が行われる。

周辺にある小屋[編集]

  • 王ガ山荘
  • 王ヶ頭ホテル
  • 美ヶ原桜清水コテージ
  • 山荘ピリカ
  • 美ヶ原高原三城YH
  • 美ヶ原ハイランドロッジ
  • 美ヶ原高原ホテル
  • 山本小屋

アクセス[編集]


美ヶ原にある放送局送信所[編集]

美ヶ原にある各種電波塔
電波塔近影(2008年9月撮影)

松本市と上田市の境界に長野県内を放送範囲とする放送局の送信所が設置されている。標高が2,000m超と非常に高いところにあるため他県まで電波が届きやすい特徴があり、愛知県三重県、そして関東地方の一部地域、富士山五合目でも受信できるという報告もある。

当初は信越放送が日本のテレビ局としては北海道放送(HBC)の札幌本局が手稲山に設置したのに続いてに続いて山頂設置(マウンテン・トップ方式)により開局。これに他局も追従することで全社局の送信所がここに揃った。

地上デジタルテレビジョン放送送信設備[編集]

ID 放送局名 コールサイン チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
1 NHK長野総合 JONK-DTV 17ch 1kW 7.8kW 長野県 40万0434世帯
2 NHK長野Eテレ JONB-DTV 13ch 全国放送
4 TSBテレビ信州 JONI-DTV 14ch 10kW 長野県
5 abn長野朝日放送 JOGH-DTV 18ch 9.7kW 40万0453世帯
6 SBC信越放送 JOSR-DTV 16ch 7.9kW 40万0434世帯
8 NBS長野放送 JOLH-DTV 15ch 8.7kW
  • NHK長野は2006年平成18年)4月1日民放は同年10月1日放送開始。
  • 送信所施設は各局とも既存のアナログ送信所を継続使用しているが、SBCデジタルテレビのみ既存のアナログ送信所を使用せず、NHKの送信所施設に相乗りしている。

地上アナログテレビジョン放送送信設備[編集]

  • 2011年7月24日の地上波アナログ放送終了をもって全局廃止となった。
ch 放送局名 コールサイン 空中線電力
(映像/音声)
ERP
(映像/音声)
放送対象地域 放送区域内世帯数 放送終了日
2 NHK長野総合 JONK-TV 1kW/250W 6.6kW/1.6kW 長野県 約50万世帯 2011年7月24日
9 NHK長野Eテレ JONB-TV 9.8kW/2.4kW 全国放送
11 SBC信越放送 JOSR-TV 12kW/3kW 長野県
20 abn長野朝日放送 JOGH-TV 10kW/2.5kW 100kW/26kW
30+ TSBテレビ信州 JONI-TV 100kW/25kW
38 NBS長野放送 JOLH-TV 92kW/23kW
  • NHKは、長野局美ヶ原送信所開局の前年に、長野市内をカバーするための善光寺平中継局を開局させた(東京JOAK-TVの中継局として)。現在も長野市内では善光寺平中継局の放送が視聴されている。また美ヶ原がある松本市だが、山陰になる部分も多く市内向けに別に中継局が開設されている。
  • テレビ信州は+10kHzのオフセットあり
  • 当送信所は、日本国内のテレビ送信施設としては、最も高い地点(2031m)にある。

FMラジオ放送送信設備[編集]

周波数
(MHz)
放送局名 コールサイン 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
79.7 FM長野 JOZU-FM 音声1kW 音声2.4kW 長野県 -
84.0 NHK長野FM JONK-FM 音声500W 音声2.7kW -
  • FM長野はSBCアナログテレビの設備を間借りしている。
  • NHK長野FMはスピルオーバー防止のため出力が抑えられている。

その他の無線中継施設[編集]

美ヶ原に設置されたNTT無線中継所2009年10月撮影

放送局の送信施設のほか美ヶ原には、官庁、業務用無線の無線中継施設が設置されている。

隣接する山[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]