薬師岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
薬師岳
薬師岳
室堂山展望台から望む薬師岳
標高 2,926.01[1] m
所在地 富山県富山市
位置 北緯36度28分08秒
東経137度32分41秒
座標: 北緯36度28分08秒 東経137度32分41秒[2]
山系 飛騨山脈立山連峰
薬師岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

薬師岳(やくしだけ)は富山県富山市南東部に位置する標高2,926 m剱岳立山と並ぶ飛騨山脈(北アルプス)立山連峰の主要峰である。山域は中部山岳国立公園に指定されている[3]。山頂には二等三角点が設定されている。点名は「薬師ヶ岳」。所在地は、富山県富山市大字有峰字直川谷割39・黒部谷割国有林[1]

駒ヶ岳同様、日本各地には薬師岳という名の山が多数ある。全国的に知名度が高く、その最高峰がこの薬師岳である。

概要[編集]

北アルプスの山で有数の、非常に大きなどっしりとした気品のある山容である[4]。東斜面には、大規模な氷河地形の薬師岳圏谷(カール)群があり、国の特別天然記念物に指定されている。

立山などと同様に、薬師岳も山岳信仰の対象であり、阿弥陀浄土としての立山(雄山)に対し、薬師岳はその名の通り薬師如来の浄土として信仰を集めた。山頂にはこの薬師如来を祀った小さながあり、銅剣など、数々の修験の宝具が見られる。有峰ダム完成により水没したかつての有峰集落の住民らは、毎年6月15日に山頂へ登拝を行っていた[5]

歴史[編集]

古くから信仰の山とされていた。明治以前は、女人禁制とされていた。

  • 1885年明治18年) - 全国地質測量主任ライマンの助手坂本太郎が、測量調査などの目的で槍ヶ岳から縦走の際に登頂した[6]
  • 1904年(明治37年) - 地質学者の山崎直方が薬師岳東面の圏谷地形を発見した[7]
  • 1907年(明治40年) - この頃から近代登山の記録が残されている[8]
  • 1909年(明治42年) - 田部重治が有峰から登頂した。また1913年大正2年)、島々から徳本峠・上高地槍ヶ岳を経由して立山温泉までの北アルプス大縦走の際にも登頂した[9]
  • 1926年(大正15年) - 深田久弥が大学1年生の時に、友人と二人でテントを背負い登頂した[4]
  • 1934年昭和9年)12月4日 - 山域が中部山岳国立公園の特別保護地区に指定された[3]
  • 1952年(昭和27年)3月29日 - 薬師岳の圏谷が、国の特別天然記念物で指定された。
  • 1959年(昭和34年) - 有峰ダムが完成。以後折立からの登山道が整備され、この登山道が山頂へのメインルートとなった。
  • 1963年(昭和38年)1月15日 - サンパチ豪雪の山中で、愛知大学山岳部13人全員の大量遭難死事故が発生した[10]
  • 2001年平成13年)1月6日 - 服部文祥が黒部横断・北薬師岳東稜冬季初登頂を行った[11]

薬師岳の圏谷群[編集]

金作谷カールと薬師岳(北薬師岳より)

薬師岳主稜線東面に、北から順に4つの圏谷が並ぶ。

  • 北カール(崩壊があり不明瞭)
  • 金作谷カール(新田次郎の小説『劔岳 点の記』にも登場する山登りの名人・宮本金作の名が付いている[12]
  • 中央カール
  • 南稜カール

登山[編集]

登山ルート[編集]

最寄りの登山口は、有峰ダム近く、西銀座ダイヤモンドコースの起点でもある折立であり、周辺の山小屋や薬師峠のキャンプ指定地を利用して、1泊2日で往復されることが多い[13][14]。立山連峰縦走時にここを通過することもある。NHK総合テレビジョンの特別番組『夏の北アルプス あぁ絶景!雲上のアドベンチャー』(2009年9月23日放送)にて、登山家田部井淳子とアナウンサーの内多勝康が立山からスタートして2009年7月28日に薬師岳に登頂、薬師岳山荘に宿泊したのちに穂高岳へ至る北アルプス縦走登山の様子が放映された[15][16]

太郎兵衛平、薬師峠、薬師平周辺の登山道では、植物保護のために木道などが整備されている。毎年6月中旬に山開きが行われ、麓の播隆上人像公園で安全祈願祭が行われ、薬師如来像を背負って登頂し、山頂の祠に安置される。10月中旬の薬師岳閉山祭の際に薬師如来像は麓へ下る[17]。山頂直下には愛知大学遭難事故(先述)の慰霊碑がある。山頂は岩が積み重なっており、遮るものがなく北アルプスの大部分の山を見渡すことができる。すぐ北には北薬師岳と金作谷カールが望める。

各方面からは以下のような登頂ルートがある[13][18]

  • 有峰口:折立 - 太郎平小屋 - 薬師峠 - 薬師平 - 薬師岳山荘 - 薬師岳
  • 飛越新道:飛越トンネル - 仙人峠 - 鏡池 - 寺地山 - 北ノ俣避難小屋 - 主稜線合流点 -(太郎山)- 太郎平小屋(以下有峰口からのルートに合流)※神岡新道から寺地山への入山ルートもある。太郎山の山頂は登山道の西側脇にある。
  • 立山方面より室堂 - 立山 - 一ノ越山荘 - 獅子岳 - ザラ峠 - 五色ヶ原 - 越中沢岳 - スゴ乗越小屋 - 間山 - 北薬師岳 - 薬師岳
  • 黒部五郎岳方面より:(各方面の登山口)- 黒部五郎岳 - 北ノ俣岳 - 太郎平小屋(以下有峰口からのルートに合流)※雲ノ平と薬師沢小屋を経由して太郎平小屋に合流するルートもある。

百名山[編集]

日本百名山[4]及び花の百名山[19]に選定されている。『花の百名山』では代表的な高山植物としてキバナシャクナゲなどを紹介している。

周辺の山小屋[編集]

薬師岳山荘
スゴ乗越小屋

最寄りの山小屋は山頂の南西直下にある薬師岳小屋で、最寄りのキャンプ指定地はその南西にある薬師峠である。キャンプ指定地には給水施設とトイレが設置されている。山域は中部山岳国立公園内にあるため、キャンプ指定地以外の幕営は禁止されている。薬師峠の南西に太郎平小屋があり、NHK総合テレビジョンのテレビ番組『小さな旅』2004年9月5日の放送では太郎平小屋の出来事や折立からの薬師岳登頂の様子が放映された[20]。太郎平小屋では、シーズン中に日本医科大学夏山診療所「太郎平小屋診療所」が開設され、富山県警察山岳警備員が常駐する[8]。山頂直下南にある石造の避難小屋は荒廃して使用できない。

そのほか周辺には以下の山小屋がある[21]

名称 所在地 標高
(m)
収容
人数
キャンプ地
テント張数
山頂からの
距離 (km)
スゴ乗越小屋 スゴ乗越の南西 2,300 50人 20 - 30張 4.0
薬師岳山荘 薬師岳直下南西 2,701 60人 なし 1.2
(キャンプ指定地) 薬師峠 2,294 なし 100張 2.5
太郎平小屋 太郎兵衛平 2,330 150人 なし 3.3
薬師沢小屋 黒部川本流の薬師沢出合 1,940 60人 なし 4.5
折立ヒュッテ 有峰ダム東の折立登山口 1,350 (休憩所) 50張 6.4

高山植物[編集]

薬師岳周辺の登山道では以下のような多くの高山植物が見られる[19][22][23]。折立からの登頂ルート上にある太郎兵衛平は新・花の百名山に選定され、田中澄江の著書でミズバショウムシトリスミレなどが紹介された[24]

キヌガサソウ コバイケイソウ シナノキンバイ タテヤマリンドウ ハクサンフウロ
Paris japonica Kinugasasou in Hakusan 2008-7-1.jpg Veratrum stamineum in Mount Kohide 2010-07-01.jpg Trollius japonicus in Mount Tsubakura 2002-07-27.jpg Gentiana thunbergii var. minor in Mount Yakushi1996-08-02.jpg Geranium yesoense var. nipponicum in Mount Haku 2007-07-27.jpg

地理[編集]

周辺の山[編集]

黒部川源流部と黒部五郎岳(左下)
富山平野側から見た立山連峰、右に薬師岳

山頂の北側約1 km地点には北薬師岳のピークがあり、南西約2 km地点には大きなケルン[25]がある薬師平、南西約2.5 km地点には薬師峠(標高2,294 m)がある。

山容 名称 標高
(m)
三角点
等級
薬師岳からの
距離 (km)
備考
20 Tateyama from Mikurigaike 1998-7-17.jpg 立山 3,015 (雄山・一等)
2,991.59
13.7 大汝山
日本百名山
Goshikigahara from shishidake 1993-9-25.jpg 鳶山 2,616 8.1 五色ヶ原
Ecyuzawadake from Eboshidake 1997-8-14.jpg 越中沢岳 2,591.42 二等 6.2
Yakushidake from Jiidake 2004-8-14.JPG 薬師岳 2,926.01 二等 0 日本百名山
太郎山 2,372.88 三等 3.7 太郎平小屋
Mount Akaushi from suishodake 1999-8-9.jpg 赤牛岳 2,864.23 三等 5.3 日本二百名山
Kitanomatadake from north side 1997-8-12.jpg 北ノ俣岳 2,662 (三等)
2661.21
6.0
Jiidake from kurodake 1999 8 9.jpg 祖父岳 2,825 7.6 雲ノ平
Mount Suisho from Mount jii 2004-8-13.JPG 水晶岳 2,986 (三等)
2977.70
7.0 別名:黒岳
日本百名山
Kurobegoroudake from suisyoudake 1994-8-13.jpg 黒部五郎岳 2,839.58 三等 8.5 別名:中ノ俣岳
日本百名山

源流の河川[編集]

以下の源流となる河川日本海へ流れる。薬師峠が、岩井谷と薬師沢右俣との分水嶺となっている[21]

薬師岳の風景[編集]

北ノ俣岳から望む薬師岳 
三俣蓮華岳から望む薬師岳と雲ノ平 
水晶岳から望む薬師岳 
スバリ岳から望む薬師岳と五色ヶ原黒部ダム 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 基準点成果等閲覧サービス・薬師岳(高山) 国土地理院、2011年1月10日閲覧。
  2. ^ 日本の主な山岳標高(富山県の山) 国土地理院、2011年1月10日閲覧。
  3. ^ a b 中部山岳国立公園区域の概要 環境省、2011年1月10日閲覧。
  4. ^ a b c 深田久弥『日本百名山』朝日新聞社、1982年、ISBN 4-02-260871-4, p. 198.
  5. ^ 『日本の山1000』山と渓谷社、1992年、ISBN 4-635-09025-6, pp. 400-401.
  6. ^ 『北アルプス博物誌 I 登山・民俗』日本の登山小史 山崎安治、pp. 260-273.
  7. ^ 『目で見る日本登山史』山と渓谷社、2005年、ISBN 4-635-17814-5, p. 46.
  8. ^ a b 日本山岳会『新日本山岳誌』ナカニシヤ出版、2005年、ISBN 4-7795-0000-1, pp. 918-920.
  9. ^ 田部重治『わが山旅五十年』平凡社、1996年、ISBN 4-582-76134-8
  10. ^ 『コンサイス日本山名辞典』三省堂、1992年、ISBN 4-385-15403-1, p. 524.
  11. ^ 服部文祥『サバイバル登山家』みすず書房、2006年、ISBN 4-622-07220-3, pp. 177-205.
  12. ^ 新田次郎『新版 劒岳〈点の記 〉』文藝春秋、2009年、ISBN 978-4163280608
  13. ^ a b 『上高地・槍・穂高』〈ヤマケイアルペンガイド〉山と渓谷社、2000年、ISBN 4-635-01319-7
  14. ^ 『日本百名山登山案内』山と渓谷社、1999年、ISBN 4-635-53017-5, pp. 106-107.
  15. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 NHK, 2011年1月9日閲覧。
  16. ^ 北アルプス縦走 NHK名古屋放送局のテレビ番組『金とく』、2011年1月9日閲覧。
  17. ^ 薬師岳夏山開き記念登頂会 富山市観光ガイド、2011年1月11日閲覧。
  18. ^ 『改訂版 富山県の山』山と渓谷社、2010年、ISBN 978-4-635-02367-2, pp. 24-27.
  19. ^ a b 田中澄江『花の百名山』文春文庫、1995年、ISBN 4-16-352790-7, pp. 221-224
  20. ^ 峰の十字路で~富山県 薬師岳~ 2011年1月10日閲覧。
  21. ^ a b 『剱・立山』〈山と高原地図 36〉昭文社、2010年、ISBN 978-4-398-75716-6
  22. ^ 『花の山旅(6) 槍ヶ岳・雲ノ平』山と渓谷社、2000年、ISBN 4-635-01406-1, pp. 92-93.
  23. ^ 『花の山旅・日本アルプス』実業之日本社、1990年、ISBN 4-408-00724-2, pp. 77-78.
  24. ^ 田中澄江『新・花の百名山』文春文庫、1995年、ISBN 4-16-731304-9, pp. 283-286.
  25. ^ 深田クラブ『日本二百名山』昭文社、1993年、ISBN 4-398-22001-1, p. 144

関連項目[編集]