リュウキンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リュウキンカ
Caltha palustris var. nipponica 1.JPG
福島県会津地方 2010年6月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: リュウキンカ属 Caltha
: Caltha palustris
変種 : リュウキンカ
C. palustris var. nipponica
学名
Caltha palustris L. var. nipponica H.Hara
シノニム

Caltha palustris L. var. membranacea auct. non Turcz.

和名
リュウキンカ(立金花)

リュウキンカ(立金花、学名:Caltha palustris var. nipponica)は、キンポウゲ科リュウキンカ属多年草

特徴[編集]

根出葉は長い葉柄をもって束生し、葉身は心円形から腎円形で、長さ、幅とも3-10cmになり、縁には低い鈍鋸歯を持つ。は直立し、花茎の高さは15-50cmになる。茎は中空で、茎葉は茎の上部につき、根出葉に似るが小型になる。

花期は5-7月。茎の先端および葉腋から長い花柄を伸ばし、径2.5-3cmの黄色いをつける。花弁はなく、花弁に見えるのは萼片で、ふつう5枚、ときに6-7枚ある。雄蕊は多数あり、雌蕊は4-12個ある。果実袋果となり、長さ1cmになる。は白色でヒゲ状になる。

茎が直立し、黄金色の花をつけることから立金花と呼称されるようになった。花言葉は「必ず来る幸福」。属の学名となっているCalthaラテン語で「強い匂いのある黄色い花」という意味を持つ。

分布と生育環境[編集]

日本では、本州、九州に分布し、アジアでは朝鮮に分布する。水辺や湿地などに生育し、ミズバショウの群生地で見られることもある。

利用[編集]

若芽は山菜として食用可能であるが基本的に有毒であり、食すと下痢などの症状を起こす場合がある。

変種[編集]

  • コバノリュウキンカ Caltha palustris L. var. pygmaea Makino - 小型のもの。
  • エンコウソウ Caltha palustris L. var. enkoso H.Hara - 花後、長い花茎が倒れて地につき、節から発根する。本州、北海道、樺太、千島に分布する。
  • エゾノリュウキンカ Caltha palustris L. var. barthei Hance – リュウキンカより大型。本州北部、北海道、樺太、千島、朝鮮北部、ウスリーに分布する。

その他[編集]

熊本県球磨郡あさぎり町では町花とされ、町の天然記念物に指定されている。日本においては本町が自生の南限と言われている。

参考文献[編集]

関連画像[編集]

花弁に見えるのは萼片
長さ13-16mm
 
リュウキンカ、白山にて 
リュウキンカとミズバショウ
白山釈迦岳にて
 
リュウキンカの実