ベンジャミン・スミス・ライマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベンジャミン・スミス・ライマン
人物情報
生誕 1835年12月11日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ノーサンプトン
死没 1920年8月30日(満84歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州チェルトナム
出身校 ハーバード大学フライベルク鉱山学校
学問
研究分野 鉱山学
研究機関 ペンシルベニア州地質調査所
テンプレートを表示

ベンジャミン・スミス・ライマン(Benjamin Smith Lyman、1835年12月11日 - 1920年8月30日)はアメリカ合衆国鉱山学者で、お雇い外国人として日本に招かれた一人。日本名は来曼

経歴[編集]

1835年にマサチューセッツ州ノーサンプトン (Northampton) で出生。ハーバード大学を修了後、ドイツフライベルクフライベルク鉱山学校(現在のフライベルク工科大学 (Technische Universität Bergakademie Freiberg))で鉱山学を学んだ。

ペンシルベニア州インドなどの石油調査を終えたのち、1872年明治5年)北海道開拓使の招待で来日、1876年(明治9年)まで北海道の地質調査に従事し、後に工務省の依頼で1876年から1879年の間、日本各地の石炭・石油・地質調査にあたった。1891年(明治24年)に帰国するまで山内徳三郎をはじめとした自身の日本人助手に教育するなど日本の地質学に貢献した。

帰国後はペンシルベニア州地質調査所次長に就任した。1895年に同所を退職し、再訪日することを望んでいたが赤痢に悩まされ訪日できずにペンシルベニア州チェルトナム (Cheltenham Township) で1920年に死去。

関連項目[編集]

参考文献[編集]