ワタスゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワタスゲ
ワタスゲ(尾瀬ヶ原)
ワタスゲ (尾瀬ヶ原・2011年7月撮影)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: カヤツリグサ目 Cyperales
: カヤツリグサ科 Cyperaceae
: ワタスゲ属 Eriophorum
: ワタスゲ E. vaginatum
学名
Eriophorum vaginatum L.
和名
ワタスゲ

ワタスゲ(綿菅、学名:Eriophorum vaginatum)は、カヤツリグサ科ワタスゲ属多年草。別名でスズメノケヤリ(雀の毛槍)という。

分布[編集]

北半球の高山や寒地に分布する。日本では北海道から中部地方以北の高山帯から亜高山帯高層湿原に分布し[1]、大群生をつくることが多い。岐阜県レッドリストの準絶滅危惧の指定を受けている[2]基準標本ヨーロッパのもの[1]

特徴[編集]

高さ30-50 cm[1]。花期は5-6月。白い綿毛を付ける果期は6-8月。花が終わると直径2-3 cmの名前の由来ともなっている白い綿毛を付ける。この綿毛は種子の集まりである。

田代山湿原のワタスゲ 2008年7月 
西吾妻山のワタスゲの花 2011年6月 
霧多布湿原のワタスゲの群落、7月中旬に湿原の一角が真白になる


近縁種[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 豊国秀夫 『日本の高山植物』 山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、1988年9月、610-613頁。ISBN 4-635-09019-1
  2. ^ 岐阜県レッドデータブック(初版・植物・ワタスゲ)”. 岐阜県 (2001年). 2012年7月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]