ユリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユリクロンキスト体系
Lilium bulbiferum.jpg
Lilium bulbiferum
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: ユリ目 Liliales
: ユリ科 Liliaceae
: ユリ属 Lilium
学名
Lilium L.1753
和名
ユリ
英名
Lily

ユリ(百合)は、ユリ目ユリ科のうち主としてユリ属(学名:Lilium)の多年草の総称である。属名の Liliumラテン語でユリの意。

種としてのユリ[編集]

園芸店に並ぶユリ
ユリ園に咲く多くの品種のユリ

北半球のアジアを中心にヨーロッパ北アメリカなどの亜熱帯から温帯亜寒帯にかけて広く分布しており、原種は100種以上、品種は約130品種(アジア71種、北アメリカ37種、ヨーロッパ12種、ユーラシア大陸10種)を数える。日本には15種があり7種は日本特産種である[1]。 山岳地帯を含む森林草原に自生することが多いが、数種は湿地に自生する。L. arboricolaは唯一の着生植物である。 一般的に、石灰質でない弱酸性の土壌を好む。日本の園芸では秋植えの球根草として扱われる。

代表的な種に、ヤマユリオニユリカノコユリササユリテッポウユリオトメユリなどがある。

形態・特徴[編集]

鱗茎(球根)を有する。茎を高く伸ばし、夏に漏斗状の花を咲かせる。

系統・分類[編集]

ユリ属は以下の亜属に分類される。

なお#主な原種一覧も参照されたい。

ヤマユリ Yamayuri 
オトメユリ Otomeyuri 
カノコユリ Kanokoyuri 
タカサゴユリ Takasagoyuri 
L. candidum
マドンナリリー Madonna lily 
クルマユリ 
L. martagon
(ユーラシア各地) 
スカシユリ Sukashiyuri 
オニユリ Oniyuri 
イトハユリ 

ユリ属に属さない“ユリ”[編集]

以下のものは「ユリ」という名を冠してはいるがユリ属には属さず、系統の遠いものも含まれる。

園芸品種としてのユリ[編集]

欧米ではユリの品種改良の歴史は新しく、19世紀に日本や中国からヤマユリやカノコユリなどの原種が紹介されてからである。日本では、江戸時代初期からスカシユリが栽培されてきた。現在ではさまざまな色や形の品種が作り出され、世界中で愛されている。

シトロネラ Citronella 
オリエンタル・ハイブリッドの一品種 Oriental hybrid 
トワイライト・ライフ Twilight life 
タンゴ Tango 
ブラック・ビューティー Black Beauty 

分類[編集]

1964年に英国王立園芸協会によって定められた園芸分類に基づくと、次のように分類される。また、これらは交雑親に基づいて分類されているため、花の形などには非常にばらつきがある。

アジアティック・ハイブリッド[編集]

アジア原産のユリを中心に交配された品種群でエゾスカシユリイワトユリヒメユリイトハユリマツバユリオニユリなどを親とする。丈夫で、栽培も容易。香りはない。また日向を好む。一般的にこのグループはスカシユリと総称されることが多いが、本来のスカシユリの特徴(花弁の基部が細く、間が透けて見える)を持たない物も多い。代表的な品種にエンチャントメント、コネチカットキングなどがある。

ロンギフローラム・ハイブリッド[編集]

タカサゴユリや日本原産のテッポウユリなどをもとに作られた品種群で、この2種の交雑種は新テッポウユリと呼ばれ、実生1年で開花することから切り花に利用されている。

マルタゴン・ハイブリッド[編集]

マルタゴンリリー、タケシマユリ、クルマユリなどを親とした品種群。 日本では一般的でない。

トランペット・ハイブリッド[編集]

中国原産のキカノコユリ、リーガルリリー、ハカタユリなどを中心とした品種群。

オリエンタル・ハイブリッド[編集]

ヤマユリカノコユリタモトユリなど森林のユリを交配して作られた品種群で日陰を好む。アジアティック・ハイブリッドほど丈夫ではないが、香りのある優雅で華麗な花が魅力である。「カサブランカ」が有名であるが、カサブランカを生み出す交配で主要な役割を果たしたトカラ列島口之島原産のタモトユリは、皮肉なことに自然状態ではほぼ絶滅してしまっている。

その他の交配種群[編集]

近年では組織培養などの技術によりLAハイブリッド(ロンギフローラム・ハイブリッドとアジアティック・ハイブリッド)、LOハイブリッド(ロンギフローラム・ハイブリッドとオリエンタル・ハイブリッド)、TOハイブリッド(トランペット・ハイブリッドとオリエンタル・ハイブリッド)などの品種群が作られている。

栽培方法[編集]

植栽時期は10-11月。5-8月ごろ開花する。

病気にかかって球根が腐りやすいため排水のよい清潔な土に植えつける。球根の上にも根が出るので地表から最低球根1個分以上は下の土に植える。加湿に弱いので梅雨の時期の病気に気をつける。また極度の乾燥を嫌うので気温が高い時期は気をつける。

増殖には種子をまいて実生を得る。球根の鱗茎を挿す鱗茎挿し。木子ができるものは木子を植えるなどがある。しかしどの方法も栽培して増殖するには時間がかかるので、最近は組織培養して増殖したものも増えてきた。組織培養による増殖では、特に花糸など花器を材料に用いた組織培養は球根を掘る必要がないので、野生の希少種を増殖する場合によく用いられる。

有用植物としてのユリ[編集]

食用[編集]

日本では、ヤマユリ、コオニユリ、オニユリの3種がその鱗茎ユリ根)を食用とするため栽培されている。苦みを除くためにあらかじめ軽く煮てから、金団雑煮茶碗蒸しがんもどき味噌汁などに用いる。

中国ではハカタユリ、イトハユリ、オニユリの鱗片を乾燥させたものを百合干と呼び、水でもどして炒め物にしたり、すりおろしてスープにとろみをつけたり、澱粉の原料とする。

薬用[編集]

オニユリ、ハカタユリ、その他Lilium属の球根は百合(「びゃくごう」と読む)という生薬である。滋養強壮、利尿、鎮咳などの効果があり、辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)などに使われる。

文化の中のユリ[編集]

酒井抱一『風雨草花図』(右隻)、1820年代。
ボッティチェッリ『歌う天使たちと聖母子』(1477頃)
ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦の国旗

東洋[編集]

東洋ではユリは食用や薬用に使用される。花の観賞は、日本では前近代にまでさかのぼる奈良率川(いさかわ)神社三枝祭(さいくさのまつり)などの例外もあるが、明治30年代頃からである。幕末にフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトが日本のユリの球根を持ち帰り、復活祭に用いられるイースター・リリーとして大流行すると、球根は近代日本のに次ぐ二番目の主要輸出品として外貨を獲得した。なお持ち帰られたのは琉球列島原産のテッポウユリであり、これが現在のイースターの象徴として定着していった。そしていわば逆輸入されるかたちで明治末に鑑賞花として流行した[2]。輸出用の栽培は、原産地の沖縄以外にも、主に富士山麓から神奈川にかけて広く行われた。

美女の形容として「立てば芍薬、坐れば牡丹、歩く姿は百合の花」がある。

西洋[編集]

ユリは聖書にしばしば登場する花のひとつである。新約聖書マタイによる福音書」には「ソロモンの栄華もユリに如かず」とあるが、これは、人間の作り上げたものは神の創造物(自然)には及ばないことの比喩である。ただし、新約聖書時代のイスラエルでは、ユリは一般的な花ではなく、この場合のユリは野の花一般のことだと考えられている。

キリスト教においては白いユリ(マドンナリリー)の花が純潔の象徴として用いられ、聖母マリアの象徴として描かれる。天使ガブリエルはしばしばユリの花をたずさえて描かれる。これはガブリエルがマリアに受胎告知を行った天使であることを示す図像学上のしるしである。

ミノア文明の遺跡のひとつであるクノッソス宮殿の壁画にはユリが描かれている。 フルール・ド・リス(Fleur-de-lis)と呼ばれる歴代のフランス国王の紋章は意匠化されたユリの花(アイリスの花という説もある)であり、地にで描かれる。フルール・ド・リスはまたフランス王位継承権を要求していた頃のイングランド国王の紋章にも登場する。また、ボスニア・ヘルツェゴビナでは1998年までの国旗と、現在のボスニア・ヘルツェゴビナ連邦国旗国章にはボシュニャク人のシンボルとしてフルール・ド・リスがあしらわれる。

主な原種一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Yahoo!百科事典 ユリ(ゆり)
  2. ^ たとえば夏目漱石の「それから」(1909年)には「代助は、百合の花を眺めながら、部屋を掩(おお)ふ強い香の中に、残りなく自己を放擲(ほうてき)した。」(14章7節)とある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]