チングルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チングルマ
Geum pentapetalum 07.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : バラ亜科 Rosoideae
: ダイコンソウ属 Geum
: チングルマ G. pentapetalum
学名
Geum pentapetalum (L.)Makino.
和名
チングルマ
(珍車,稚児車)
英名
Aleutian avens

チングルマ(珍車、稚児車、学名:Geum pentapetalum)とはバラ科ダイコンソウ属の落葉小低木の高山植物である。一般にダイコンソウ属に分類されるが、チングルマ属Sieversia)に分類する説もあり、確定していない。

概要[編集]

東日本(北海道中部地方以北)、アリューシャン列島カムチャツカ半島に分布する。高山の雪渓周辺の草地や砂礫地に生える。高さは10cm程度。枝は地面を這い、群落を作る。葉は羽状複葉。花期は6から8月。花茎の先に3cmほどの白い花を1つ咲かせる。花弁は5枚で、多数の黄色い雌しべと雄しべがある。花後、花柱は伸びて放射状に広がる。和名のチングルマは、この実の形が子供の風車(かざぐるま)に見えたことから稚児車(ちごくるま)から転じて付けられた。

大雪山旭岳周辺の登山道沿いに数百mも続く大群落が有名である。田中澄江が『花の百名山』の著書で、黒部五郎岳を代表する高山植物のひとつとして紹介した[1]。また『新・花の百名山』で、鹿島槍ヶ岳を代表する高山植物として、シナノキンバイ、オヤマノエンドウ、タカネミミナグサと共に紹介した[2]

富山県には「ちんぐるま」という名の和菓子がある。

関連画像[編集]


2003年8月・蝶ヶ岳

2008年7月・空木岳

2008年7月・空木岳
群生
2003年8月・蝶ヶ岳
Geum pentapetalum in Mount Cho 2003-08-02.jpg Geum pentapetalum 04.jpg Geum pentapetalum 13.jpg Geum pentapetalum in Mount Jii 2003-08-01.jpg

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『花の百名山』 田中澄江(著)、文春文庫、1997年、ISBN 4-16-352790-7、pp221-224
  2. ^ 『新・花の百名山』 田中澄江(著)、文春文庫、1995年、ISBN 4-16-731304-9、pp241-244

関連項目[編集]

外部リンク[編集]