キバナシャクナゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャクナゲ亜属
Kibana-shakunage.JPG
キバナシャクナゲ (2006年8月・白馬乗鞍岳)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Liliopsida
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
: ツツジ属 Rhododendron
: キバナシャクナゲ R. aureum
学名
Rhododendron aureum Georgi
和名
キバナシャクナゲ
英名
yellow-flowered rhododendron

キバナシャクナゲ(黄花石楠花、学名: Rhododendron aureum)は、ツツジ属シャクナゲ亜属低木である。

分布[編集]

シベリア東部・満洲・朝鮮半島北部・樺太千島列島カムチャツカなど東アジアの寒冷地に広く分布する。

日本では北海道から中部地方までの高山帯から亜高山帯上部にかけて自生する高山植物である。名前のとおり、淡い黄色の花を咲かせる。分布域アズマシャクナゲハクサンシャクナゲよりさらに高地であり、生息環境が厳しいため樹高は3~40cmにしかならない。

品種[編集]

八重咲きの品種をヤエキバナシャクナゲR. aureum Georgi f. senamense (Y.Yabe) H.Hara)、花の白い品種をゴシキシャクナゲR. aureum Georgi f. albiforum S.Watan.)と称することがある。