倶知安町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くっちゃんちょう
倶知安町
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 後志総合振興局
虻田郡
団体コード 01400-1
面積 261.24 km²
総人口 15,140
住民基本台帳人口、2013年12月31日)
人口密度 58人/km²
隣接自治体 虻田郡京極町ニセコ町
余市郡仁木町赤井川村
岩内郡共和町磯谷郡蘭越町
町の木 イタヤカエデ
町の花 キバナシャクナゲ
倶知安町役場
町長 福島世二
所在地 044-0001
北海道虻田郡倶知安町北1条東3丁目3
北緯42度54分6.5秒東経140度45分31.5秒
倶知安町役場
外部リンク 倶知安町ホームページ

日本地域区画地図補助 01390.svg

倶知安町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
旭ヶ丘公園から望む倶知安町市街地

倶知安町(くっちゃんちょう)は、北海道後志総合振興局管内、虻田郡にある町。後志総合振興局の所在地で、後志総合振興局南西部の中心都市の役割を果たしている。

独特の地名の由来はアイヌ語から「クッ・シャン・イ」(管のようなところを流れ出る場所)や「クチャ・アン・ナイ」(狩り小屋のある沢)と言われ、諸説がありはっきりとしない。

地理[編集]

隣接している自治体[編集]

気候[編集]

倶知安町
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
189
 
-2
-11
 
 
136
 
-2
-11
 
 
91
 
2
-7
 
 
72
 
9
-0
 
 
72
 
16
5
 
 
54
 
20
11
 
 
82
 
24
16
 
 
145
 
25
16
 
 
134
 
21
11
 
 
148
 
15
4
 
 
178
 
7
-2
 
 
193
 
0
-7
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[2]

羊蹄山麓に位置するため、北海道の地域の中でも非常に降雪量が多い。年間降雪量は10mを超え、毎年の最深積雪は2m前後となる。過去最深積雪は1970年3月25日の312cmである。 また、元来寒暖の差が大きく、晴れた日の朝は放射冷却による冷込みが厳しい地域であり、1945年(昭和20年)1月27日には全国の官署では旭川、帯広につぐ記録となる-35.7度を観測している。しかし、観測所が市街地にあることから、近年は都市化・温暖化の影響で最低気温は急激に上昇しており、1967年1月16日の-31.2℃以降、-30度以下は一度も観測されていない。また、2000年以降で最も低くなったのは2001年1月14日の-24.3℃で、近年は-20度以下にまで下がらない年もあるなど、最低気温の上昇が北海道内で激しい地域となっている。1月の平均最低気温は1961~1990年平年値よりも1.2℃上昇し-10.1℃に、2月の最低気温は1.5℃上昇し-10.0℃となり、北海道の中ではむしろ温暖な方である。夏は比較的暑く、日中30度以上の真夏日となることも珍しくない。1999年8月8日には過去最高の34.4℃を観測している。

倶知安特別地域気象観測所(1981〜2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 8.7
(47.7)
10.4
(50.7)
13.3
(55.9)
23.8
(74.8)
28.9
(84)
30.9
(87.6)
34.1
(93.4)
34.4
(93.9)
31.8
(89.2)
23.7
(74.7)
20.0
(68)
12.5
(54.5)
34.4
(93.9)
平均最高気温 °C (°F) −2.2
(28)
−1.3
(29.7)
2.6
(36.7)
9.6
(49.3)
16.3
(61.3)
20.6
(69.1)
23.9
(75)
25.4
(77.7)
21.3
(70.3)
14.7
(58.5)
6.7
(44.1)
0.2
(32.4)
11.5
(52.7)
日平均気温 °C (°F) −5.7
(21.7)
−5.2
(22.6)
−1.4
(29.5)
4.8
(40.6)
10.7
(51.3)
15.3
(59.5)
19.2
(66.6)
20.7
(69.3)
15.9
(60.6)
9.4
(48.9)
2.8
(37)
−3.1
(26.4)
7.0
(44.6)
平均最低気温 °C (°F) −10.1
(13.8)
−10.0
(14)
−6.1
(21)
0.0
(32)
5.4
(41.7)
10.8
(51.4)
15.6
(60.1)
16.8
(62.2)
10.8
(51.4)
4.0
(39.2)
−1.2
(29.8)
−6.9
(19.6)
2.4
(36.3)
最低気温記録 °C (°F) −35.7
(−32.3)
−28.7
(−19.7)
−28.8
(−19.8)
−18.6
(−1.5)
−4.8
(23.4)
0.1
(32.2)
4.6
(40.3)
4.8
(40.6)
−1.3
(29.7)
−8.9
(16)
−22.0
(−7.6)
−27.0
(−16.6)
−35.7
(−32.3)
降水量 mm (inch) 188.9
(7.437)
133.1
(5.24)
93.1
(3.665)
67.5
(2.657)
75.0
(2.953)
51.8
(2.039)
96.0
(3.78)
141.6
(5.575)
133.6
(5.26)
133.2
(5.244)
176.6
(6.953)
186.8
(7.354)
1,477.1
(58.154)
降雪量 cm (inch) 291
(114.6)
226
(89)
148
(58.3)
34
(13.4)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
4
(1.6)
105
(41.3)
252
(99.2)
1,062
(418.1)
 % 湿度 82 81 75 72 73 78 82 82 81 78 78 81 79
平均月間日照時間 49.4 65.5 122.6 171.2 188.1 178.9 146.9 151.8 151.6 131.6 66.0 41.9 1,465.3
出典 1: 気象庁[1]
出典 2: 気象庁[2]

歴史[編集]

産業[編集]

  • 農業(畑作)が盛ん。
  • 観光産業(ウィンタースポーツ)
    • ロス・フィンドレーがニセコに移住したのがきっかけ[4] により、次第に口コミでオーストラリアへと広がった。これが評判となり、南半球が夏季になる時期にニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフのパウダースノーを滑るためにオーストラリアからの観光客が近年多く押し寄せるようになった。2006年(平成18年)には東京名古屋大阪の三大都市圏の住宅地をさしおいて住宅地地価上昇率日本一に躍り出た。これはオーストラリア人観光客を見込んだホテルや短期滞在用住宅の需要が原因と見られている。その一方で、地価上昇の原因である建設・買収されたホテルの多くがオーストラリア資本によるものであり、それにより地元に金を落としにくい状態にしているため、観光客増加が今後の地元経済にプラスになるかどうかは未知数である。

立地企業[編集]

金融機関[編集]

農協[編集]

  • ようてい農業協同組合(JAようてい)

郵便[編集]

宅配便[編集]

警察[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

海外

地域[編集]

人口[編集]

Demography01400.svg
倶知安町と全国の年齢別人口分布(2005年) 倶知安町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 倶知安町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
倶知安町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 19,146人
1975年 18,668人
1980年 18,893人
1985年 18,892人
1990年 18,030人
1995年 17,078人
2000年 16,184人
2005年 16,176人
2010年 15,570人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

高等学校

     ※平成25年4月1日、倶知安町立倶知安中学校と倶知安町立東陵中学校を統合し、設立。

  • 小学校 : 町立4校・分校1校
    • 倶知安町立倶知安小学校
    • 倶知安町立北陽小学校
    • 倶知安町立東小学校
    • 倶知安町立西小学校
      • 樺山分校

住宅団地[編集]

  • 道営住宅南4条団地
  • 道営住宅羊蹄団地
  • 道営住宅白雪団地
  • 道営住宅えぞ富士団地

交通[編集]

鉄道[編集]

かつては室蘭本線伊達紋別駅との間に胆振線があったが、1986年(昭和61年)に廃止された。

バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

文化財[編集]

天然記念物

  • 後方羊蹄山の高山植物帯

その他

  • 大仏寺本堂の天井画 - 倶知安町指定有形文化財
  • 倶知安赤坂奴 - 町指定無形民俗文化財、倶知安町赤坂奴保存会
  • 羊蹄太鼓 - 町指定無形民俗文化財、くっちゃん羊蹄太鼓保存会

観光スポット[編集]

旭ヶ丘公園のジャンプ台跡

出身人物[編集]

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁 (2013年4月). 2013年4月2日閲覧。
  2. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2013年4月2日閲覧。
  3. ^ Kutchan, Japan Climate Normals 1961-1990”. World Climate Home. 2013年4月1日閲覧。
  4. ^ [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光