余市郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北海道余市郡の位置(1.仁木町 2.余市町 3.赤井川村)

余市郡(よいちぐん)は、北海道後志国後志総合振興局

人口25,063人、面積588.64km²、人口密度42.6人/km²。(2013年12月31日、住民基本台帳人口)

以下の2町1村を含む。

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足して以来、郡域は上記2町1村のまま変更されていない。

歴史[編集]

郡発足までの沿革[編集]

室町時代に勃発したコシャマインの戦いの際、後志国域でも余市以西で和人蝦夷アイヌ)との戦闘が繰り広げられた。

江戸時代、余市郡域は和人地となる。松前藩によってヨイチ場所が開かれており、旧下ヨイチ運上家などの運上屋が建てられ、漁場(旧余市福原漁場など)も開かれていた。

陸上交通は複数の道が開削されており、渡島国から天塩国増毛郡への道のりの途上であったため、文化年間に岩内郡と余市郡を結ぶ余市山道(国道276号国道5号稲穂峠の前身)が開削され道中の宿場として笹小屋なども設けられた。このほか、余市場所請負人竹屋長左衛門は余市から古平境界までの2里(7.9km)余の道を開削。この他にも道が開かれている。海上交通は余市に寄航する北前船の航路も開かれていた。

江戸時代初期寛文9年6月に日高国域を中心におこったシャクシャインの蜂起が平定された後、余市でも蝦夷の松前藩に対する恭順の確認が行われた。安永2年山碓稲荷を創祀。

江戸時代後期文化4年には、余市郡域は天領とされたが、文政4年には松前藩領に復した。文政10年には稲荷神社が創建、これは後世、山碓稲荷の合祀を経て余市神社となっている。安政2年余市郡域は再び天領となり庄内藩が警固をおこなっていた。戊辰戦争箱館戦争)終結直後の1869年大宝律令国郡里制を踏襲して余市郡が置かれた。

郡発足以降の沿革[編集]

北海道一・二級町村制施行時の余市郡の町村(4.余市町 5.大江村 6.赤井川村 青:区域が発足時と同じ町村)

参考文献[編集]

関連項目[編集]