ゆうきまさみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
ゆうき まさみ
本名 佐藤 修治
生誕 1957年12月19日(56歳)
日本の旗 日本 北海道札幌市
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1980年(昭和55年) -
ジャンル 少年漫画青年漫画
代表作 究極超人あ〜る
機動警察パトレイバー
じゃじゃ馬グルーミン★UP![1]
受賞 第19回星雲賞マンガ部門(『究極超人あ〜る』)
第36回小学館漫画賞(『機動警察パトレイバー』)
公式サイト ゆうきまさみのにげちゃだめかな?
テンプレートを表示

ゆうき まさみ(本名:佐藤 修治[2]、本名読み:さとう しゅうじ、1957年12月19日[1] - )は、日本の男性漫画家北海道虻田郡倶知安町出身[3]札幌市生まれ[4])。北海道倶知安高等学校卒業[5]

1980年(昭和55年)『月刊OUT』(みのり書房)に掲載された「ざ・ライバル」でデビュー。当初はプロの漫画家になるつもりはなく[6]サラリーマン稼業の傍らでみのり書房やラポートの雑誌で活動する。退職後[7]に「きまぐれサイキック」で『週刊少年サンデー』(小学館)での活動を開始し、以降主に同誌で活躍。代表作に『究極超人あ〜る』・『機動警察パトレイバー』・『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』など[1]

来歴[編集]

デビュー前[編集]

1957年(昭和32年)に北海道札幌市で生まれる。幼少期を東京都中野区千葉県で過ごした後、中学生の時に両親の故郷の北海道虻田郡倶知安町に移り、高校卒業まで過ごす[8]。ちなみに、『究極超人あ〜る』の「生き霊少女」のエピソードは、高校時代の体験に基づいているという[3]。小学生の時に7歳年上の従兄がノートに漫画を描くのに影響を受け、石森章太郎の『マンガ家入門』で描き方を憶えて漫画を描きはじめる[9][10]

1975年(昭和50年)に高校を卒業し、上京して就職[10]1977年(昭和52年)の劇場版『宇宙戦艦ヤマト』公開前後より、アニメや漫画の愛好者達の集い場となっていた江古田のまんが画廊に通うようになる[10]。ここで『パロディ宇宙戦艦ヤマト』(水谷潤)という有名な同人誌を見て触発されて自身もパロディ要素を含んだ漫画を執筆し、これが仲間達から好評を得て執筆を続けるようになる[10]。また川村万梨阿とまとあきらとともに、架空のアニメの設定などをでっち上げる「企画ごっこ」という遊びを始め、これが後の『機動警察パトレイバー』へと繋がって行く[11]

アニメ誌でのデビュー[編集]

まんが画廊でみのり書房パロディ漫画を描ける人物を捜しているとの情報を得たゆうきは、同社を訪れてアイデアを見せ、OKが出たため漫画を執筆して持ち込む[12]。『機動戦士ガンダム』のパロディ作品「ざ・ライバル」が『月刊OUT1980年(昭和55年)4月号に掲載されて漫画家としてデビューする[12]。ただし4ページの原稿のうち掲載されたのは1ページ目と4ページ目[注 1]だけであった[13]。その後も同誌でコンスタントにアニパロ(アニメのパロディ)読切の発表を続け、1980年12月号から開始した「ど貴族物語」[注 2]が初の連載作品となる。当初はプロの漫画家になるつもりはなく[14]、サラリーマンを本業として続けながらの活動であった[12]

活動の場をラポートの『アニメック』やOUTの増刊として始まった『アニパロコミックス[注 3]』と増やし、新谷かおるの元でのアシスタントを行うと漫画活動の幅を広げるが、漫画によって本業が疎かになっていく[12]。そして勤務年数が退職金が出る年数に届き退職しても当面の生活には困らなくなったこともあり、勤務態度を注意されたことを機として6年勤めた会社を1982年(昭和57年)に退職[7][12]。同年には『アニメック』でアニパロではないオリジナル作品「マジカル ルシィ」を、翌年には『アニパロコミックス』と『月刊OUT』を跨ぐ形で古事記ヤマトタケルノミコト説話を漫画化した[15]「ヤマトタケルの冒険」の連載をそれぞれ始める。

1982年頃に出渕裕と知り合ったゆうきは意気投合して「企画ごっこ」のノートを見せ、これを気に入った出渕は構成として火浦功を加え『機動警察パトレイバー』として実際にアニメ化することを目指す[16]。制作プロダクションへと企画を持ち込むが受け入れられず頓挫し、多忙となった火浦は企画から撤退する[16]

1983年(昭和58年)の『時をかける少女』の公開により、ゆうきの周りでは原田知世ブームが起こる[17]出渕裕火浦功美樹本晴彦かがみあきらとり・みき河森正治米田裕といった面々が原田について熱く語る日々を過ごし[17]、エッセイ漫画などの形で仕事としても昇華していた。ゆうきも『OUT』で連載したパロディ作品「時をかける学園(ねらわれたしょうじょ)[注 4]」などいくつかの漫画で原田を取り上げた[18]他、原田に近づく機会が得られるかもしれないとの理由から角川書店のアニメ雑誌『月刊ニュータイプ』での連載を受諾している[19][注 5]1985年(昭和60年)の同誌創刊号から連載を開始したエッセイ漫画「ゆうきまさみのはてしない物語」は四半世紀以上を経た2012年現在においても続いており、同誌最長の長寿連載となっている。

少年サンデー時代[編集]

「星雲児[注 6]」で『週刊少年サンデー』に出入りするようになった出渕裕の紹介でサンデー編集部とのコネクションを持ち、1984年(昭和59年)の同誌25周年増刊号に「きまぐれサイキック」が掲載されサンデーでの活動が始まる[20]。同年に本誌で「♡LY BLOOD」の短期集中連載を行い、さらに月刊で発行されていた『週刊少年サンデー増刊号』で「鉄腕バーディー」(オリジナル版)の連載を開始する[20]。しかし当時の担当が週刊でやることを推したため増刊での「バーディー」の連載を中断し、1985年(昭和60年)より本誌で「究極超人あ〜る」の連載を開始[20]。以降同誌はゆうきの主戦場となり、2002年(平成14年)までの17年間に渡って作品を掲載することとなる。

1986年(昭和61年)には新たに脚本家の伊藤和典と当時伊藤の妻であったキャラクターデザイナー高田明美を加えて『機動警察パトレイバー』の計画を練り直し、バンダイOVA化を取り付ける[21]1988年(昭和63年)には『少年サンデー』での漫画版の連載とOVAの発売が始まり[21]、翌1989年(平成元年)には映画化・テレビアニメ化も達成し、デビュー前の構想が元となった企画が実現された。「パトレイバー」連載開始の同年には前年連載が終了した「あ〜る」で第19回星雲賞マンガ部門を、翌年には連載中の「パトレイバー」で第36回小学館漫画賞少年部門を受賞する。

1994年(平成6年)には6年続いた「パトレイバー」を完結させ、担当から提示された題材を元に「じゃじゃ馬グルーミン★UP!」の連載を『少年サンデー』で開始[22]。同作も連載期間が6年に渡る長期連載となり、単行本では全26巻となる最長のタイトルとなっている[注 7]。また「じゃじゃ馬」と並行して、1995年(平成7年)からは『月刊少年キャプテン』(徳間書店)で「土曜ワイド殺人事件」(とり・みきとの共作)、2000年(平成12年)からは『AICコミックLOVE』(AIC)で「マリアナ伝説」(田丸浩史との共作)の連載を開始している。両作は掲載誌を移りながらも連載が継続され、2004年(平成16年)と2005年(平成17年)にそれぞれ完結している。

2001年(平成13年) より連載を開始した「パンゲアの娘 KUNIE」が翌2002年(平成14年)に打ち切りとなり[23]、「あ〜る」以来17年連載を続けてきたサンデーを離れる。

青年誌への移動[編集]

「KUNIE」の打ち切りによって仕事の無くなっていたゆうきに『週刊ヤングサンデー』へと異動していた「じゃじゃ馬」時の担当が『バーディー』を名指しで連載を持ちかけ、同誌で2003年(平成15年)より『鉄腕バーディー』のリメイク版の連載を開始する[23]2008年(平成20年)には『鉄腕バーディー DECODE』としてアニメ化もされるが、アニメ放映中に『ヤングサンデー』が休刊し『週刊ビッグコミックスピリッツ』へと移籍。その後「鉄腕バーディーEVOLUTION」と改題の上で連載を継続した。改題によって個別タイトルとしては「じゃじゃ馬」などより短くなっているが『EVOLUTION』は完全に話の繋がった続編であり、無印と『EVOLUTION』を合わせたリメイク版『鉄腕バーディー』全体では連載期間で10年以上、単行本では30巻を越えるゆうき最長の作品となっている。

年表[編集]

特記のない連載作品は『週刊少年サンデー』での連載。

作品リスト[編集]

漫画作品については連載作品のみを抜粋して記載する。詳細な漫画作品および単行本のリストはゆうきまさみの漫画作品一覧を参照。

漫画作品[編集]

アニメ[編集]

  • 機動警察パトレイバー - ヘッドギアの一員として原案を担当。なお、同名の漫画とは基本設定等は共有しているものの、漫画のアニメ化やアニメの漫画化という関係にはない(詳細は該当項目を参照)。

キャラクターデザイン[編集]

イラスト[編集]

関連人物[編集]

まんが画廊の常連[編集]

とまとあき
小説家・音楽ディレクター。まんが画廊の常連の一人でデビュー前からの知人で、『パトレイバー』の大元となった企画ごっこにも参加している[11]。またゆうきも参加した架空のアニメ企画『熱血ロボ ガンバル5』では構成を担当している[24]。『究極超人あ〜る』に登場するたわば先輩はとまとをモデルとしており[25]、ドラマCDではとまと自身が声を当てている。
川村万梨阿
女性声優。まんが画廊の常連の一人でデビュー前からの知人で、『パトレイバー』の大元となった企画ごっこにも参加している[11]。『究極超人あ〜る』に登場する西園寺まりいは川村をモデルとしており[26]、ドラマCDやOVAでは川村自身が声を当てている。

漫画家[編集]

出渕裕
漫画家の他メカニックデザインなどと幅広く活動するクリエイター1983年(昭和58年)頃に『アニメック』の編集部で知り合い意気投合[16]。素人の「企画ごっこ」でしかなかったものを『機動警察パトレイバー』として実際にアニメとするために尽力する[16][21]。またリメイク版『鉄腕バーディー』には漫画ではアイデア協力として、このアニメ版となる『鉄腕バーディー DECODE』にはクリエイティブプロデューサーとして関わっている。
とり・みき
漫画家。ゆうきがアニパロ漫画を描いていた時代に知り合い、原田知世ブームを機に交友を深める[27]。一時期ゆうきはとりの元でアシスタントも務めていた[28]。また1995年からは『土曜ワイド殺人事件』を合作している。
新谷かおる
サラリーマンを辞める直前の時期にゆうきは新谷の元でアシスタントを務め、この経験がサラリーマンを辞めるきっかけの一つともなっている[12][29]

ヘッドギア[編集]

アニメ『機動警察パトレイバー』の原作者集団。

出渕裕
上述。ヘッドギアではメカニックデザインを担当。
伊藤和典
ヘッドギアでは脚本を担当。『究極超人あ〜る』に登場する伊東のモデル[25]
高田明美
ヘッドギアではキャラクターデザインを担当。『究極超人あ〜る』に登場する伊東の彼女のモデル[要出典]。また同作のドラマCDでは西園寺えりかの声を担当している。
押井守
ヘッドギアでは監督を担当。

その他[編集]

井上伸一郎
アニメック』時代から交流のある編集者[17]で、『月刊ニュータイプ』における「はてしない物語」の連載を依頼した人物[19]
火浦功
小説家。出渕の呼びかけに応じ『機動警察パトレイバー』のプロトタイプ企画に構成として参加[16]。火浦の参加時期にアニメ化は達成できなかったが、この時に『パトレイバー』を通りやすくするために作られたダミー案を元に『未来放浪ガルディーン』を執筆している[16]

アシスタント出身者[編集]

ゆうきの元でアシスタント経験のある人物。

参考文献[編集]

主要参考文献のみを記載。この他の参考文献については個別脚注方式で#出典に記載している。

  • 「ゆうきまさみクロニクル」『CONTINUE』Vol.43、太田出版、2009年1月1日第一刷発行、ISBN 978-4-7783-1157-5、8-37頁
  • 「パトレイバー今昔物語」『機動警察パトレイバー』小学館〈少年サンデーグラフィック・スペシャル〉1989年2月1日初版第刷発行、ISBN 4-09-101177-2、45-50頁

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ シャア・アズナブルの乗るモビルスーツが1ページ目と2ページ目で異なるが、話の流れはつながらなくもない。
  2. ^ 超電磁マシーン ボルテスV』と『ベルサイユのばら』を混合させたパロディ作品。
  3. ^ 創刊号の誌名は『アニメ・パロディ・コミックス』。
  4. ^ 原田主演の『ねらわれた学園』と『時をかける少女』を混ぜ合わせたパロディ作品。
  5. ^ 当時の原田は角川春樹事務所に所属しており、薬師丸ひろ子渡辺典子と共に角川3人娘と称されていた。
  6. ^ 『週刊少年サンデー』で1983年から連載された池上遼一の漫画。出淵はメカデザインで関わっている。
  7. ^ 1つの物語としては、途中で『鉄腕バーディー EVOLUTION』に改題して継続されているリメイク版の『鉄腕バーディー』が最長となる。また連載期間では6年+6週続いた「パトレイバー」が8週程長く続いている。
  8. ^ 2012年8月現在

出典[編集]

  1. ^ a b c ゆうきまさみ「BIRDY THE INTERVIEW」『鉄腕バーディー ARCHIVE』、85頁
  2. ^ まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、409頁
  3. ^ a b 『ゆうきまさみ年代記』小学館、2010月11月30日発行、170-176頁。小松左京との対談にて本人発言
  4. ^ a b 『アッセンブル・インサート』、表紙そで
  5. ^ a b 「奇跡の同窓対談」『月刊ニュータイプ』2010年12月号(第26巻第24号)角川書店、2010年11月10日発行・発売、88-89頁
  6. ^ 『ヤマトタケルの冒険』、表紙そで
  7. ^ a b c ゆうきまさみ (2005年3月11日). “ゆうきまさみのスケッチブック ホントはいつから「オタク」なの?”. ゆうきまさみのにげちゃだめかな?. 2009年7月5日閲覧。
  8. ^ 『安彦良和対談集 アニメ・マンガ・戦争』角川書店、2005年、42頁
  9. ^ ゆうきまさみ; 手塚眞他 (開催日:2009-04-18). “1、日本のアニメの未来 開催レポート (PDF)”. 手塚治虫アカデミー2009|フェスティバル|東京文化発信プロジェクト. 東京都江戸東京博物館. 2009年7月5日閲覧。
  10. ^ a b c d 「ゆうきまさみ1万字ロングインタビュー」『CONTINUE』13頁
  11. ^ a b c 「パトレイバー今昔物語」『機動警察パトレイバー』〈少年サンデーグラフィック・スペシャル〉45頁
  12. ^ a b c d e f 「ゆうきまさみ1万字ロングインタビュー」『CONTINUE』14頁
  13. ^ 「ゆうきまさみ1万字ロングインタビュー」『CONTINUE』17頁脚注
  14. ^ 『ヤマトタケルの冒険』、表紙そで
  15. ^ 「ゆうきまさみ WORKS ヤマトタケルの冒険」『CONTINUE』27頁
  16. ^ a b c d e f 「パトレイバー今昔物語」『機動警察パトレイバー』〈少年サンデーグラフィック・スペシャル〉48-49頁
  17. ^ a b c 「そこに知世がいれば」『early days』2巻、165 - 188頁
  18. ^ 「ゆうきまさみ WORKS 時をかける学園」『CONTINUE』24頁
  19. ^ a b 「わたしがここにいる理由」『ゆうきまさみのはてしない物語』144頁
  20. ^ a b c 「ゆうきまさみ1万字ロングインタビュー」『CONTINUE』15-16頁
  21. ^ a b c 「パトレイバー今昔物語」『機動警察パトレイバー』〈少年サンデーグラフィック・スペシャル〉49-50頁
  22. ^ 「ゆうきまさみ1万字ロングインタビュー」『CONTINUE』18頁
  23. ^ a b 「ゆうきまさみ1万字ロングインタビュー」『CONTINUE』19頁
  24. ^ a b 「COLUMN もっとアーリーデイズ」『CONTINUE』24頁
  25. ^ a b 「究極超人あ〜るの世界」『月刊OUT』1987年10月号(第11巻第15号)みのり書房、昭和62年10月1日発行、33-39頁
  26. ^ 「究極超人あ〜るの世界」『月刊OUT』1987年10月号、35頁
  27. ^ とり・みき「INTERVEW とり・みき」『CONTINUE』29頁
  28. ^ 『アッセンブル・インサート』60頁
  29. ^ 『現代漫画博物館 : 1945-2005』竹内オサム(監修)、小学館、2006年、別冊資料編p.73、ISBN 978-4-09-179003-3
  30. ^ 「月刊!スピリッツ」誕生記念対談”. 2009年9月3日閲覧。
  31. ^ 「リレー四コマ ゆうきまさみの華麗な日々」『機動警察パトレイバー』小学館〈少年サンデーグラフィック・スペシャル〉1989年2月1日初版第刷発行、ISBN 4-09-101177-2ISBN 4-09-101177-2
  32. ^ 編集部(庭) (2005年9月12日). “特集「イナカナかれっじ」完結記念 法田恵先生インタビュー 第2部”. webメンズヤング. 2008年11月19日閲覧。
  33. ^ 背景の背景を訪ねて―美しい背景画を描くために大切なこと《前編》絵師ゆうろインタビュー”. ぷらちな. 2008年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]