後志総合振興局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 北海道 > 後志総合振興局(旧・後志支庁
後志総合振興局 管内のデータ
Shiribeshi subpref 2010 Hokkaido.PNG
自治体コード 01390-1
発足 2010年4月1日
後志支庁から改組)
面積 4,305.83 km²
2009年10月1日)
世帯数 115,703世帯
(2010年3月31日 住民基本台帳
総人口 223,033
(2014年6月30日 住民基本台帳)
隣接している
振興局管内
渡島総合振興局檜山振興局石狩振興局胆振総合振興局
後志総合振興局(旧・後志支庁)
所在地 〒044-8588
虻田郡倶知安町北1条東2丁目
外部リンク 後志総合振興局

後志総合振興局(しりべしそうごうしんこうきょく)は、北海道総合振興局のひとつ。振興局所在地は虻田郡倶知安町2010年平成22年)4月1日後志支庁に代わって発足した。

歴史[編集]

  • 1897年明治30年) - 小樽支庁・岩内支庁・寿都支庁を設置。
  • 1899年(明治32年) - 虻田郡倶知安村(現・倶知安町京極町)が室蘭支庁(後の胆振支庁)から移管される。
  • 1910年(明治43年) - 小樽・岩内・寿都の3支庁を統合し後志支庁を設置、倶知安村へ支庁を移転すると共に虻田郡真狩村・狩太村(現ニセコ町)が室蘭支庁から移管される。
  • 2010年(平成22年)4月 - 後志支庁を後志総合振興局に改組

所管[編集]

従来の後志支庁と同一である。14支庁を9総合振興局・5振興局へ再編する北海道総合振興局設置条例においても、支庁より名称・所管区域の変更はなく、隣接する振興局の広域業務に関する兼務規定も定められていない。

都市雇用圏(10% 通勤圏)の変遷[編集]

以下は、後志総合振興局(旧・後志支庁)管内における都市雇用圏(10% 通勤圏、中心都市の DID 人口が1万人以上)の変遷である。一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。なお、この表で倶知安町から下は胆振国である。

  • 10% 通勤圏に入っていない自治体は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
自治体
('80)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 自治体
(現在)
小樽市 札幌 都市圏 札幌 都市圏 札幌 都市圏 札幌 都市圏 札幌 都市圏 小樽市
余市町 余市 都市圏
2 6632人
余市 都市圏
2 5266人
余市 都市圏
2 4485人
余市 都市圏
2 7796人
余市町
仁木町 - - - 仁木町
古平町 - - - - - 古平町
積丹町 - - - - - 積丹町
赤井川村 - - - - - 赤井川村
神恵内村 - - 岩内 都市圏
2 8934人
- 岩内 都市圏
2 6360人
神恵内村
泊村 岩内 都市圏
3 3092人
岩内 都市圏
2 9439人
岩内 都市圏
2 6015人
泊村
岩内町 岩内町
共和町 共和町
蘭越町 - - - - - 蘭越町
黒松内町 - - - - - 黒松内町
寿都町 - - - - - 寿都町
島牧村 - - - - - 島牧村
倶知安町 倶知安 都市圏
1 8893人
倶知安 都市圏
1 8023人
倶知安 都市圏
1 7078人
倶知安 都市圏
1 6184人
倶知安 都市圏
2 0845人
倶知安町
ニセコ町 - - - - ニセコ町
京極町 - - - - - 京極町
喜茂別町 - - - - - 喜茂別町
留寿都村 - - - - - 留寿都村
真狩村 - - - - - 真狩村

人口[編集]

Demography01390.svg
後志総合振興局と全国の年齢別人口分布(2005年) 後志総合振興局の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 後志総合振興局
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
後志総合振興局(に該当する地域)の人口の推移
1970年 347,628人
1975年 330,833人
1980年 318,915人
1985年 305,045人
1990年 287,580人
1995年 274,893人
2000年 262,811人
2005年 250,066人
2010年 232,969人
総務省統計局 国勢調査より

外部リンク[編集]