留寿都村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
るすつむら
留寿都村
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 後志総合振興局
虻田郡
団体コード 01397-8
面積 119.92 km²
総人口 1,910
住民基本台帳人口、2014年9月30日)
人口密度 15.9人/km²
隣接自治体 伊達市
虻田郡喜茂別町真狩村洞爺湖町
村の木 アカダモ(ハルニレ
シラカバ
村の花 セタナリア(シバザクラ
留寿都村役場
村長 土屋隆幸
所在地 048-1731
北海道虻田郡留寿都村字留寿都175番地
北緯42度44分14.4秒東経140度52分32.1秒
Rusutsu village hall.JPG
外部リンク 留寿都村

日本地域区画地図補助 01390.svg

留寿都村位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
ルスツリゾート

留寿都村(るすつむら)は、北海道後志総合振興局管内にある、虻田郡に属する村。

地理[編集]

  • 山: 尻別岳(1,107.4m)、貫気別山(993.5m)、竹山(940.0m)、軍人山(561.8m)、化物山(374.8m)、橇負山(715.1m)
  • 河川: 貫気別川、ポンヌキベツ川、オニホナイ川、四線の川、石村川、登延頃川、山ヤの川、北登の川、群馬川
  • 湖沼: 重兵衛沼

隣接している自治体[編集]

村名の由来[編集]

アイヌ語の「ル・スツ」(道が山のふもとにあるという意味)である。

沿革[編集]

人口[編集]

Demography01397.svg
留寿都村と全国の年齢別人口分布(2005年) 留寿都村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 留寿都村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
留寿都村(に相当する地域)の人口の推移
1970年 2,615人
1975年 2,246人
1980年 2,075人
1985年 2,171人
1990年 2,369人
1995年 2,388人
2000年 2,227人
2005年 2,165人
2010年 2,035人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

産業[編集]

馬鈴薯、アスパラガス、大根の生産

農協[編集]

  • ようてい農業協同組合(JAようてい)留寿都支所

金融機関[編集]

郵便局[編集]

  • 留寿都郵便局

※集配業務は真狩郵便局が担当

宅配便[編集]

公共機関[編集]

警察[編集]

教育[編集]

小学校
  • 留寿都小学校
中学校
  • 留寿都中学校
高等学校(村立)

交通[編集]

バス[編集]

道路[編集]

文化・観光[編集]

名所・観光スポット[編集]

2009年の3月3日から8日にかけて世界スキーオリエンテーリング選手権が開催された。

催事・祭事[編集]

  • るすつ赤い靴のふる里祭り(9月)

名産品[編集]

その他[編集]

橇負山にて第一回ハンググライダー日本選手権が開かれた。
道内各地からパラグライダーやハンググライダーの愛好者が集まる。

主な出身者[編集]

外部リンク[編集]