出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(むら、そん)とは、日本における普通地方公共団体の一つ。

「村」の歴史[編集]

近代化以前の「村」は自然村(しぜんそん)ともいわれ、生活の場となる共同体の単位であった。江戸時代には百姓身分の自治結集の単位であり、中世の惣村を継承していた。江戸時代にはこのような自然村が、約6万以上存在した。また、中世初期の領主が荘園公領とその下部単位である名田を領地の単位としていたのに対し、戦国時代江戸時代の領主の領地は村や(ちょう)を単位としていた。

江戸時代の百姓身分とは、主たる生業が農業・手工業・商業のいずれかであるかを問わず、村に石高を持ち、領主に年貢を納める形で権利義務を承認された身分階層を指した。都市部の自治的共同体の単位である町に相当するが、村か町かの認定はしばしば領主層の恣意により、実質的に都市的な共同体でも、「村」とされている箇所も多かった。

近現代の大字(おおあざ)といわれる行政区域は、ほぼかつての自然村を継承しており、自治会地区会町内会)や消防団の地域分団の編成単位として、地域自治の最小単位としての命脈を保っている面がある。

明治に入ると、中央集権化のため、自然村の合併が推進された。こうして、かつてのがいくつか集まって新たな「村」ができたが、これを「自然村」と対比して行政村(ぎょうせいそん)ともいう。

行政村[編集]

地方自治法では、市町村を基礎的な地方公共団体として定める。市町村は広域的な地方公共団体である都道府県と対等の関係にあり、市町村間の関係もまた同様であるが、町と村の機能が全く同一である一方、市と町村では地方議員の定数や福祉事務所に関する規定など法令上その機能に若干の違いが存在する。

「村」の読み方を「そん」「むら」のどちらに定めるのかは各自治体で規定しており、鹿児島県では「そん」「むら」が混在、鳥取県岡山県徳島県宮崎県沖縄県では「そん」で統一、その他の都道府県では「むら」で統一されている。

かつて東京都にあった新島本村は「にいじまほんそん」と読まれることがあったが、これは村内の地名である本村(ほんそん)との混同によるものであり、正式な読み方は「にいじまほんむら」であった[1]。そのような誤読を防止する目的もあり、1992年4月1日に新島村(にいじまむら)へ改称された。

以下、所在県内で例外的に「そん」と読ませていた村を示す。

近年[いつ?]では、市町村合併の進行により、村の数は減少傾向にある。

行政単位の「村」がない県[編集]

(2014年1月1日現在、13県)


このうち、兵庫県と香川県にはいわゆる平成の大合併以前から村がない。兵庫県は1962年4月に、香川県は1970年2月に県下から村が消滅した。

村の数が一つだけの府県[編集]

(2014年1月1日現在、12府県)


大阪府千早赤阪村は河内長野市との合併協議が行われ、大阪府からも村が消滅する可能性があったが、合併は撤回される見通しである。

島根県知夫村は隠岐諸島に位置しており、本州に属する県域には村は存在しない。大分県姫島村は姫島にあり九州本土に村はない。

村の数が2つの県[編集]

(2014年1月1日現在、5県)


村の数が3つの県[編集]

(2014年1月1日現在、3県)

村の数が4つの県[編集]

(2014年1月1日現在、3県)

鹿児島県の村はいずれも島嶼に属しており、九州に属する県域には村は存在しない。

村の数が5以上10以下の都県[編集]

(2014年1月1日現在、6都県)

東京都の村で本州に属しているのは檜原村の1村のみである。残りの7村は島嶼に属している。

村の数が11以上の道県[編集]

(5道県)

ただし、北方領土6村を含む場合は、北海道は21村で2位となる。

地名に残る旧行政村[編集]

市や特別区の地名に町があるのと同じく、村がある箇所がある。以下に挙げるのは、その一例。

駅名として存続する旧行政村[編集]

鉄道駅と村[編集]

2012年現在、村に所在する新幹線の駅は東北新幹線新白河駅(福島県西白河郡西郷村)、大手私鉄の駅は近畿日本鉄道(近鉄)吉野線飛鳥駅(奈良県高市郡明日香村)がそれぞれ唯一のものである。準大手私鉄の駅はほぼすべてがにあり、にある駅は山陽電気鉄道本線播磨町駅(兵庫県加古郡播磨町)のみである。北総鉄道印旛日本医大駅はかつて千葉県印旛郡印旛村が所在地だったが、2010年3月23日に同村が印西市となってからは準大手私鉄・公営交通地下鉄路面電車新交通システム)に村に所在する駅はなくなった。

JR各社については以下の通りである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『新島村史』

関連項目[編集]