シバザクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シバザクラ
Phlox subulata flower.jpg
シバザクラ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ツツジ目 Ericales
: ハナシノブ科 Polemoniaceae
: フロックス属 Phlox
: シバザクラ P. subulata L.
学名
Phlox subulata
和名
シバザクラ(芝桜)
英名
moss phlox

シバザクラ(芝桜、学名:Phlox subulata)はハナシノブ科多年草。別名、ハナツメクサ(花詰草、花爪草)。

特徴[編集]

北米原産。4・5月頃にサクラに似た形の淡桃、赤、薄紫、あるいは白色の花を咲かせる。葉形やその匍匐性などから芝桜と名付けられた。葉は1センチ程度と小さく披針形で硬い。よく枝分かれし地面を覆い尽くすように密生する。また寒暑や乾燥に強く常緑のため芝生代わりに植えられていることもある。

英名は「モスフロックス」(「苔状のフロックス」の意味)といい、同属をまとめてフロックスと呼ぶ。花期をずらして混植されることもある。

フロックス・ストロニフェラ(ツルハナシノブ)、フロックス・ドラモンディー(スターフロックス)、フロックス・パニクラータ(オイランソウ、クサキョウチクトウ)等あるがそれぞれ別種である。

北海道滝上町や北海道羅臼町、北海道大空町(旧東藻琴村)、千葉県柏市埼玉県秩父市兵庫県西脇市の市・町花である。

誕生花としては4月20日。

花言葉[編集]

「臆病な心」「合意」「一致」「忍耐」「燃える恋」「華やかな姿」「一筋」

画像[編集]