クサキョウチクトウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クサキョウチクトウ
クサキョウチクトウ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ツツジ目 Ericales
: ハナシノブ科 Polemoniaceae
: フロックス属 Phlox
: クサキョウチクトウ P. paniculata
学名
Phlox paniculata
和名
クサキョウチクトウ
英名
garden phlox

クサキョウチクトウ(草夾竹桃、学名 Phlox paniculata)は、ハナシノブ科多年草。観賞用植物として世界各国で栽培されている。

和名について[編集]

和名の「クサキョウチクトウ」は、明治時代から呼ばれているが、キョウチクトウ科とは全く関係がない。名前が長すぎるため大正期から戦後にかけて、園芸界では「オイランソウ」と呼ばれていた。1958年の売春防止法制定を機に「花魁(おいらん)」のイメージも余り良いものではなくなったため、現在では学名の英語読みであるフロックス・パニキュラータまたは宿根フロックスと呼ばれることが多くなっている。

特徴[編集]

アメリカ合衆国北東部に分布し、草丈40~120cm、茎は直立し、通常分枝しない。茎は無毛だが、上部で柔らかい毛があることもある。花は通常6,7月咲きで、直径2cmくらいの合弁花が数十輪比較的密な円錐花序を作って開花し、花序はよく作ると十数センチから20センチ以上になる。花色には青紫、藤色、紅、白などがあり、筒の部分が白く抜けるものもある。

栽培[編集]

通常は、秋の9月ころに、株分けした苗を植え付ける。日当たりがよく、とくに水はけの良いことが必要である。株間は30cmくらいにする。9月下旬ころにタネをまいて栽培することもできる。

利用[編集]

アメリカ・イギリス・ドイツなどではかなりポピュラーな花壇用草花で、栄養繁殖系の品種が数百種作出されている。耐寒性はかなりあるが、高温多湿に弱く、花時が梅雨期と重なるため、東京以南の暑い地方ではよく育たないことが多い。北関東・東北や中部山岳地域では、比較的丈夫で育てやすい草花である。